2010年02月03日

節分

気付けば2月上旬…節分だった。
コドモが、節分の豆をまく年でもなくなったので、今年は豆まきをしなかった。
そのかわり、ここ数年、関東でも定着しつつある恵方巻きをヨーカドーで予約した。ナゼ、ヨーカドーの恵方巻きかというと、予約特典として「豆しば」の方位磁石がもらえたから…理由はそれだけ猫

ダイニングテーブルの上に方位磁石をのせて、今年の恵方「西南西」の方角を見ながら、恵方巻きを食べた。無言のまま食べるらしいけれど、無言は無理だったふらふら お寿司大好きなので、恵方巻き、嬉しいなぁるんるん

調理実習のおさらいを自宅で行って、レポートを書くという家庭科の宿題があったので、お味噌汁はコドモに作ってもらった。コドモは左ききなので、右ききのワタクシから見ると、おっかないのだが、指を切らないよう手元に気をつけている様子。ワタクシは完全な右利きだが、簡単な道具なら、コドモと同じ左手で教えられるようになった。親も成長するよねぇ…シミジミ。
posted by ワタクシ at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2010年02月09日

芽キャベツ

会社のそばで、完全無農薬・無化学肥料栽培で農家を営んでいるオットの友人が出店していたので、昼休みに野菜を買いに行った足

あまり大きな買い物が出来ない日だったので、旬の大根類が気になりつつ、買ったのは芽キャベツと野性味あふれる小松菜。

これが芽キャベツ目 スーパーなどでは、小さいキャベツだけがパックになっているが、こんな風に実がつくことを初めて知った。店頭で見た時は、コレが何だか分からなかった。左下が根、右上の葉は分厚いキャベツの葉みたい。
20100209-1.jpg

アップにすると
20100209-2.jpg

もっと大きな物もあったが、食べきれないと困るので小さめを購入。

芽キャベツはガーリックとベーコンで炒めて、小松菜は、もやしと一緒に胡麻和えにした。残った芽キャベツは、鶏肉と一緒にトマトソース煮、またはコンソメスープやポトフにしようかなぁと考え中。

芽キャベツ、ペコロス、プチトマト…最近、小さな野菜が好き黒ハート

会社のそばの公園では梅が満開で、いい香りだった。一日中、暖かくて、適度に湿度もあり、外にいるのが気持ちよかった。でも、まだ春じゃないよねふらふら
posted by ワタクシ at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2010年02月14日

バレンタインに手作りクッキー

コドモがバレンタインの友チョコを20人近くに配るそうで、チョコにつけるクッキーを手作りしたいとのことだった。午後、コドモに指名されたオットがオーブンの点火などを少々手伝っていた。ワタクシは、お菓子を作らないので戦力外たらーっ(汗)

最近の電子レンジやオーブンは、ボタン2つくらいで一般的なお菓子、料理の時間、温度を勝手に設定してくれるので簡単。家電の進化はスゴイよねぇかわいい

20100214jpg.jpg

出来上がったクッキーを試食したら、焼き具合もちょうど良く美味しかった。コドモは綺麗にラッピングして、滅多に会えない違う学校の友達と待ち合わせをし、友チョコを交換しに出かけてしまった黒ハート

ちなみに、今年は男子にあげないらしい。
「男子にあげても無駄、無意味。もったいないちっ(怒った顔)」だと。日本の未来の縮図を見たような…ちょっとそんな気分。
posted by ワタクシ at 15:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2010年02月15日

さかなクン

コドモは嵐のファンだが、ハコフグの帽子をかぶって「ギョギョ」と言うさかなクンも好きである黒ハート

先日、本屋さんでさかなクンの本を見つけ、少々高かったが、1・2巻まとめて購入した。ひとつの魚を取り上げて、紹介する短いコラムで読みやすいし、魚を特徴を捉えてユーモラスに描いているさかなクンによる魚イラストが、とても綺麗ぴかぴか(新しい) 大人が読んでも楽しい内容になっている。

20100215.jpg

さかなクンは、時々、講演なども行っているが、場所が遠かったり、日程が合わなかったりで行ったことはない。3月の週末に東京で行われる講演に申し込んでいるが、抽選なので当たるか分からないふらふら
魚にも詳しいし、料理も上手いし、絵も素敵で、ああ見えて、なかなか多彩である。

コドモは、さかなクンが客員准教授をしている某大学、海洋生物を学べる学部がある某私大2校あたりにコドモは行きたいそうだが…もうちょっと勉強した方が…がく〜(落胆した顔)
posted by ワタクシ at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

友チョコ

月曜日で荷物が多いのに、友チョコをいっぱい入れた紙袋も持って、はりきって登校したコドモ。

学校では、友チョコ交換会が先生の居ない間に行われたらしい。
これは、担任の先生の考えひとつで左右されるところで、昨年の担任だった男性の先生はバレンタインのお菓子を学校に持参しても黙認していて、先生も、たくさんチョコをもらったらしい。ホワイトデーには、お返しのお菓子を学校に持って来て「学校では食べないこと。」という条件付きで女子に配っていたらしい。
今年の担任の先生は、若い女性だが、クラスに問題がある子供がいて何かと大変で、少々融通が効かないところもあり、基本的にはバレンタインの学校持込はNGだったらしい。

コドモは予定以上に友チョコをもらえたそうで、明日、追加分を学校に持参するらしい。もらった友チョコをひと通り見たが、トリュフ、クッキ、デコチョコなど、大半が手作り、メッセージカード付き、綺麗なラッピングだった。小さい頃から女の子らしさがなかったワタクシには、そういう女の子っぽさは新鮮目 すごいなぁグッド(上向き矢印)

少し前、コドモは、クラスの男子から「オレのこと好きexclamation&question」と聞かれ、「好きか嫌いか…どちらかと言えば嫌いっちっ(怒った顔)」とコドモは答えたそうだ。男子は、「そっかぁバッド(下向き矢印)」と少々残念そうな様子に見えたらしい。

この男子、コドモのことが好きらしいと、もっぱらの評判なのだが…
以前、その男子も含めた数人に、コドモはいじめられた時期があり、コドモは学校に行きたがらなくなり、先生にまで相談をして、一件落着…という経緯があったので
「いじめておいて好きになってもらおうなんて、ふざけんなっむかっ(怒り)…ぐらい言っても良かったのにぃ」とワタクシ。
「小学生の女の子に、そういう過激な思想は与えないように…。」とオット。

その男子、コドモからのチョコレートを期待したのかもしれないが、世の中も女子もそんなに甘くないし、コドモのお母ちゃん、怒ると「ごくせん」になっちゃうよっパンチ

それでも、コドモは「どちらかと言えば…」と、やんわり遠まわしに言うようにしたんだ…とのこと。ワタクシの娘とは思えないほど人間出来てるなぁかわいい
posted by ワタクシ at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。