2010年03月01日

親子クッキング

ワタクシは来年度の役員の顔合わせがあったので仕事を休んだ。平日の昼間はノンビリしてて良いなぁ揺れるハートとシアワセな気分るんるん

下校後、珍しく予定がなかったコドモと一緒にカレーとサラダを作った。「ママは口を出すだけでいいから。」とコドモが張り切っているので、手は出さず、時々、コツを喋るだけ。約1時間後には、喋っていただけで、カレーとサラダが出来ていた手(チョキ)

どんどんコドモに料理を教えれば、ワタクシが楽チンできる時期が早く来るってものよ。中学生になったら忙しくなるだろうし、親の言うことも聞かなくなるだろうし、今年がラストチャンスかしらexclamation&question
posted by ワタクシ at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2010年03月03日

ひな祭り

今年は2年ぶりに、お雛様を出した。ずっと仕舞われて、久しぶりに箱が開いたと思ったら、全然知らない家に飾られて、お雛様もビックリしたことだろう目 今の家は和室がないので、お雛様は家族が良く通る2階のフリースペース(広い廊下とも言う)に置いた。

夕飯に、ちらし寿司、ポテトサラダ、あさりの味噌汁などを作った。
はまぐりのお吸い物は高いわりに家庭内で人気がないので、あさりに格下げ且つお味噌汁。シイタケ嫌いなコドモは、ちらし寿司に入っているシイタケの煮物と海老がイマイチとのこと。シイタケ好きなワタクシには、とても美味しく出来たと思うんだけど。

お雛様は天気が良い空気の乾いた日に仕舞うのが良いらしい。しかし、しばらく雨が続きそうなので、そのうち片付けることにしよう。

そして、ワタクシ達夫婦の入籍記念日…らしい。今年も失念していて、オットに教えてもらった。随分昔のことになっちゃったなぁと結婚当時を思い出した。
posted by ワタクシ at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2010年03月11日

鎌倉の大イチョウ

鎌倉の鶴岡八幡宮の階段の左脇にある大きなイチョウの木。鶴岡八幡宮には小さい頃から何度も行っているが行くたびに、イチョウの木の大きさ、幹の太さに驚いた。

大人になってからは、「隠れ銀杏」と呼ばれる伝説や歴史、様々な災い(大震災、天災、戦争)を乗り越え、樹齢1000年とも言われる木が、ここに生きていることの凄さを理解するようになってからは、木が神々しく見えたし、「これからも、がんばって長生きするんだよグッド(上向き矢印)」と心の中でエールを送っていた。

しかし…今朝のニュースで、そのイチョウが倒れて、根の状態から植えなおすことは難しいそうだ。周囲にいる人と比べると、このイチョウの木がいかに大きかったのか良く分かる。残念というかショックというか、あの姿が見られないと思うと寂しく思うがく〜(落胆した顔)

何百年も建っていた神社仏閣、歴史的建造物、50年100年前の日本家屋や建物などが、天災や人災、開発などで失われることは本当に残念でならない。今に至るまでの歴史や時間は取り戻せないし、同じ物を見ることは絶対に出来ないし、復元も出来ない。

歴史ある建物などに対して、国や行政は保存や管理を徹底し、管理を厳しくして欲しいと思う。

今回、鎌倉のイチョウは、定期的にチェックを受けていて問題ないとされていたようだった。昨晩は、それほど強風ではなかった。そんな中で倒れてしまったのは、それは運命だったのかもしれない。
色々な人があの木を見て、触り、記念撮影をして、心に残っていることだろう。長い間、お疲れ様でした。
posted by ワタクシ at 01:40 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日常

2010年03月13日

役員の打ち上げ

夕方から学校の役員の打ち上げがあった。役員会は平日の昼間に行われたので、仕事の都合をつけて3分の2ほど参加できた。

打ち上げに参加したのは全役員の約半分ほど。1年生から6年生までのお母さんがいたので、各学年の先生や今年1年間の出来事、その裏話に花が咲くかわいい

近隣の小学校の中では、比較的評判が良い。それでも、不登校、いじめ、子供同士のトラブル、授業の進行が難しい状況などがあり、その当事者となった母もいた。嫌なこと全てを子供から排除してあげたいという子供を守る親心を持ちつつも、長い長い目で見れば、進学、就職、社会人、家庭を持つ…と子供の長い人生を、ずっと親が守ってあげることは出来ない。やはり子供には困難に対処する能力、強い気持ち、人とのコミュニケーションを培ってほしいという思いから、先生や学校と連絡を取り合いつつ、子供と同じくらいツライ気持ちで親は静観することが多い。先生の良し悪しもあるが、学校全体としては、前向きに問題に対処してくれるので、それで救われた子供も多い。

コドモの学年は、どのクラスも後期はトラブルが多かった。先生やコドモから聞いていた以外のこともあり、先生は大変だっただろう。5年生にもなると屁理屈を並べたり、子供が徒党を組んで先生を攻撃したり、学校の規則を無視する、受験する子供達はストレスが溜まり周囲に攻撃をする、学校や教師をバカにする、授業に参加しない等、内容も濃くなってくる。
そういう年頃ではあるが、明らかに親の責任、躾や道徳的な教育が行き届いていないのを痛感する。自分の子供が悪いことをしても怒らない、謝らない親が本当に多いふらふら

今年も色々あったなぁ…と振り返りつつ、気付けば日が変わっていたので、同じ方向へ帰る人と乗り合いタクシーで帰宅。この界隈では、あちこちで学校関係、幼稚園の父母やPTAの飲み会や打ち上げが行われていて、深夜の駅前やタクシー乗り場は、父と母(おじさん、おばさん)で溢れていたわーい(嬉しい顔)
posted by ワタクシ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2010年03月17日

インフルエンザ

週の始めから、会社の席の近くで2名休んでいる。1人はインフルエンザ、1人は高熱。会社の人のお子さんが通う幼稚園ではインフルエンザが少し流行っているらしい。

新型インフルエンザが落ち着いた後、学校では季節性インフルエンザ、風邪が流行らなかった珍しい冬となった。何も心配することなく過ごしていたので、今年、この時期になって、インフルエンザにかかる人がいることが不思議だモバQ 世間では、それなりに流行っている(流行った)のだろうか。

毎度のことだが、そばにインフルエンザの保菌者がいてもうつされることなく淡々と仕事をしているワタクシである。
posted by ワタクシ at 08:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。