2010年11月03日

奈良、京都へ

学校の振替休日を利用して、奈良と京都へ出かけた新幹線

平城遷都1300年祭、修学旅行シーズンという良い時期だったので、特別公開などで貴重なものを見学出来たことは良かったが、何社もの旅行会社、目ぼしいホテルに問い合わせたのに、奈良市内では空室ゼロ(そんなことあるんだねぇもうやだ〜(悲しい顔))だったので、宿泊は京都で、レンタカーで奈良に通った。

1日目
まずは、平城宮跡で開催されている秋季の平城京フェアへ。朱雀門と電車が通る広々とした景色を見ると「鹿男あをによし」を思い出すわーい(嬉しい顔) 会場は広かったが、ひとつひとつのブースのキャパシティが小さいせいか参加できるものは何もなく、だだっ広い会場を少し歩いて、早々に退散した。

その後、奈良中心部から車で20分ほど走り、薬師寺へ。国宝東塔は、薬師寺で唯一創建当時のままの姿で、1300年もの月日を経ている。間もなく始まる解体修理の前に見ておきたかったので、特別開扉の最終日に間に合って良かった。

次は、コドモが希望した法隆寺。法隆寺は中心部から離れているし、少し渋滞したため、車で1時間近くかかった。この頃には雨が強くなり、写真撮影しても雨が写りこむほどだったが、39℃の炎天下を京都観光したことを思えば、雨も風情があってよい。
境内を歩いていると「鐘が鳴るなり法隆寺」の句に出てくる西円堂の横にある鐘の音が。人影まばらで静かな雨の境内で聞く鐘の音は心に響いた。

2日目
朝一で、夏にも行った京都市内にある風俗博物館〜よみがえる源氏物語の世界〜へ。コドモは、夏には子供向けの源氏物語を読み、改めて風俗博物館へ行きたいと強く希望していた。

その後、車で奈良公園へ。奈良国立博物館で開催されている正倉院展を見学。入館に15分、展示物のメイン螺鈿の琵琶は30分の行列に並んだ。教科書や図鑑でしか見たことがない螺鈿の琵琶は、とても綺麗で細工が素晴らしかった。保存状態も良いしスゴイなぁ…。

奈良公園に向かいにある東大寺まで、150円の鹿せんべいを買って、鹿とたわむれながら移動。写真は、鹿に囲まれたオトーサンを大慌てで救出しようとしているコドモ。ワタクシは大笑いしながら撮影。
コドモは、鹿に追いかけられて、思いっきり転んでいたが、鹿の目や容姿がカワイイと気に入っていた。

20101103-1.jpg

東大寺は予想以上の大きさで圧倒された。鎌倉の大仏様も大きさに圧倒するが、奈良の大仏も大きい。屋内で見るから余計に威圧感がある。ここに鎮座して色々な災難や歴史を見てきた大仏様は、今、何を思われているのかしら。

20101103-2.jpg

春日大社は時間がないのでスキップして…ふらふら
国宝特別公開2010が開催中の興福寺へ。ようやく阿修羅に会えて、五重塔の内部を見学わーい(嬉しい顔)

奈良は初めてだったが、街自体は京都よりも静かで落ち着いていた。
しかし、遷都1300年の混雑があり、京都とのかけもちで、コドモの希望を優先したので、過密スケジュールだった。次に行く機会があれば、静かな時期に奈良を見学したい。

3日目
源氏物語の街と平等院へ行きたいというコドモの強い希望により、前回行かれなかった宇治へ。市内から車で30分弱で到着。

まずは、平等院
10円玉でお馴染みの鳳凰堂を近くでよ〜く見ると傷みが目立つが、元々は別荘として建てられたので形が綺麗である。内部にある阿弥陀如来坐像、木造の天蓋なども見学。

20101103-3.jpg

平等院を出て参道を歩き、宇治橋のたもとにある平安時代末創業のお茶屋さんで、美味しいお抹茶を頂き、宇治茶を買った。日本茶好きにはたまらない宇治るんるん

世界遺産に登録されている本殿は日本最古の神社建築、宇治上神社へ。木々に囲まれた本殿は古くて地味だが、清めの砂などが山盛りになっていて神々しい。静かな良い場所だった。

その先には、源氏物語ミュージアム。コドモは大喜びだったが、ワタクシは大体見たところで図書室で休憩眠い(睡眠)

宇治川沿いにある紫式部や源氏物語の像の前で記念撮影をして、宇治を離れる。
宇治は2度目だが、宇治川の流れ、取り囲む山々、静かな雰囲気が良い。

京都市内に戻り、コドモの希望により、再び二条城。「徳川の大政奉還」という歴史があり、二の丸御殿内を見学できるので興味深いらしい。
夏に見学した時は、蒸し風呂のようで集中力に欠いたが、今回は良い季節で助かった。何度見ても御殿内の装飾、襖絵は素晴らしい。

最後に、ちょっと時間があったので、老舗の香木店「山田松香木店本店」へ立ち寄って、少し買い物をした。

18時前の新幹線で京都を離れた。車両の中は出張のサラリーマンばかりで、家族連れはワタクシ達のみ。新幹線は出張列車でもある。

今年はコドモと歴史の旅をしようというテーマがあり、大阪、京都、日光、奈良と行ったが、あとは鎌倉を残すのみ。いずれもコドモが居なければ、行くことはなかったが、この年で初めて行った土地もあり、子供の時以来という土地もあり、何度目かの土地もあり、それぞれに感じたこと、思ったことがある。

機会があれば、日光と奈良には、子供抜き(一人旅でもいいかな)で、もう一度行きたい。
posted by ワタクシ at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&お出かけ

2010年11月04日

秋のドラマ

いまさらではあるが、夏のドラマは、うぬぼれ刑事、GOLD、GM〜踊れドクター〜、夏の恋は虹色に輝く、ホタルノヒカリ(半分)を見ていた。最初の3つは結構楽しく見ていたが、視聴率は悪かったようだふらふら

秋のドラマは面白いのが多い。
流れ星…竹野内豊が主演だから無条件で見ている。江の島や山下公園付近が出てくるのでロケ地にも親近感あり。

フリーター、家を買う…お気楽ドラマだと思ったら、現代の家庭で起こりそうな問題が色々と盛り込まれている。ベテラン女優の浅野温子に引き込まれ、坂口良子の演技が怖いがく〜(落胆した顔) 嵐の二宮クンのドラマを見たことはなかったが、平凡な青年を普通に演じていることがスゴイなぁと。

獣医ドリトル…昔から読んでいる漫画がドラマ化されたので見ている。小栗旬クン、大人気でカッコイイと思うけど、漫画のドリトル先生より、ちょっと若くてスマートすぎるような…。

小栗旬クンといえば、「ビッグコミックオリジナル」で掲載されている漫画「岳」の主人公、三歩の役にもなった。「岳」は、長野県の山岳救助の話で、涙あり笑いありでストーリーも良い。三歩はボランティアの山岳救助隊員で、遭難者を担いで垂直の壁をロープ一本で移動し、行動力と思いやりがあり、心身ともに強いけれど、気負いがなく、いつも笑顔だ。その主人公とは、ちょっとイメージが…ちっ(怒った顔)

パーフェクト・リポート…獣医ドリトルと同じ日時なので、こちらは録画で。松雪泰子が出ているので無条件で見ている。虐待にあっている子供を誘拐するかのように連れ去り育てた口数が少なく物静かなMotherを演じた時とは別人のようだが、「きらきらひかる」の鼻っ柱の強い刑事役の印象が強いので、こういう役は合う。

黄金の豚 -会計検査庁 特別調査課…篠原涼子と大泉洋のコンビは、「ハケンの品格」で面白かったので。職業物のドラマは好きだし面白い。

ギルティ 悪魔と契約した女…面白そうなので録画してあるが、まだ一話も見ていない。録画がたまると結局見ないことが多いので、どこかで見ないともうやだ〜(悲しい顔)

医龍3…前の2作は見ていたが、今回はオットが見ている時に、たまに見る程度。見ると面白いが、だんだん軽いドラマを好むようになってきたので、ちょっと重過ぎるのかも。

他にも気になるドラマがあるけれど、キャパオーバーなので、いずれ再放送などで見よう。
posted by ワタクシ at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2010年11月16日

APEC騒動

横浜で開催されたAPECの警備のため、少し前から会社の周辺は、地元の警察官、他県の警察官、警察車両が多く見られた。白バイ、パトカー、警察官を乗せたバスが何台も連なり、稀に見る光景だった。パトロールや交差点に立つ警察官が多く、いつもより連行されている人が多かったような…。観光客に道を聞かれて困っている他県の警察官も見かけた。

昼間、同じジャージを来た数人の中年男性が無言で笑顔も会話もなくランニングする姿を見かけたが、たぶん、その方々も警備関係の方かと。

新横浜駅では四国エリアの警察官を見かけたが、会社の近くのホテルは某県と某県の警察官が宿泊していたので、色々な様子を見ることが出来た。

APEC直前、桜木町、横浜駅上空では、ヘリコプターがホバリングしていて、空も賑やかだった。

みなとみらいから少し離れた会社周辺ですら、異様な雰囲気だった。

今日、会社のそばのホテルから某県の警察官の集団が撤収していた。制服以外の人もいて体育会系の強面のおじさん集団は、なかなか迫力があった。

この厳しい警備のなか、オットの同僚のインド人エンジニアがインドから到着。今回は県下の某市にある某研究機関でのお仕事。オットが、エンジニアのために、某市の中で一番大きな駅にあるビジネスホテルを予約しようとしたが、あり得ないくらい満室で、何とかとれた部屋が、シングルベッドしか置けないマッチ箱のような部屋。

ホテルは揃いのトレーニングウェアを着た集団が出入りしていて、ホテルの人にこっそり聞いたら、横浜から離れた某市駅前のビジネスホテル群は、他都道府県の警察官の宿泊で満室状態が続いているという。

APECが終わり、某市に宿泊していた警察関係者も撤収したらしく、いきなり空室が多くなったので、エンジニアには、別のホテルのもっと広い部屋へ泊まれるよう手配した。

初めて日本に来たのに、この騒動、狭いホテルの部屋には、「インド人もビックリ」の様子。日本の街が整然としていることにも驚いていたらしい。オットは、間もなく整然としていないインド出張で、ややナーバスになっているもうやだ〜(悲しい顔)

予想よりも広範囲に警察の方々が泊まっていたことが分かり、ワタクシ達もビックリした。

事故や事件もなく要人達が無事に帰国した安心感、不慣れな土地での警備の緊張感、疲労感を抱えて、それぞれの都道府県へ帰られたことでしょうね。大変な様子でしたよ、ホントに。
…と同時に、かかった費用も相当だと思う。

某国の仏頂面とうってかわって、オバマ大統領が大仏見学をして抹茶アイスを食べていた様子が微笑ましかった。でも、あの車列はハリウッド映画かと思うほど迫力があったわーい(嬉しい顔)

横浜は、一気に日常に戻り、横浜公園ではチューリップの球根を植える作業が再開され、役所は外壁工事が始まり、みなとみらいでは、クリスマスイルミネーションが始まった。めでたし、めでたし。

今月は公私ともにバタバタとしていて、気付けば11月中旬。早いもので来月は12月なんだよねぇ…。
posted by ワタクシ at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜ガイド

2010年11月19日

再び京都出張

オットが京都へ出張していた。行きたいと希望しつつ、家族旅行はコドモ優先で行かれなかった「東寺」の五重塔でも立ち寄れば良いのに「一人なら行かない…バッド(下向き矢印)」とのこと。ワタクシなら、1人でも出張ついでに観光するのになぁ…。性格の違いってことで手(チョキ)

秋真っ只中なので修学旅行ラッシュで、紅葉していたかもしれないとのこと。京都観光には良い季節だよねぇるんるん

京都のお客さんは、昔からある日本企業で、帰る時にはタクシーを呼んでくれて、運転手さんにはタクシーチケットが渡されていた。今の仕事のお客さんは、外資系や比較的若くて新しい感覚を持った会社が多いので、こういう昔ながらの対応は久しぶりだったオットは感動をしていた。

今回のお土産は、関西風赤いきつねと緑のたぬき。関東のカップうどんは苦手なので、関西風は嬉しい。

posted by ワタクシ at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2010年11月23日

みなとみらいのクリスマスツリー


久しぶりに、みなとみらいへ出かけた。すっかりクリスマス一色になって華やか、賑やかだった。クィーンズスクエアの大きなツリーを見ると、今年もクリスマスの季節だねぇ、今年も終わるなぁ…と思う。

20101123.jpg

昨年末は、「来年は、こうしたい。」と思っていたが、結局、今年も変えられなかったなぁ。若くないし、思ったことは即行動した方がいいんだけどねぇあせあせ(飛び散る汗)

そんなワタクシに「ピッタリだひらめき」と思ったのが、嵐の二宮くんがCMをしているチョコラBBローヤルT。スーパーで安くなっていたので、買って飲んでるのよ、最近。

二宮くんといえば、「フリーター、家を買う」で、イマドキのよくいる青年を上手く演じているなぁと思う。二宮くんが出演するものを見るのは初めてだが、嵐という超アイドルで華やかな世界にいる人だということを忘れてしまうほど。

ジャニーズつながりで、流れ星に出てくるゴローちゃん。ドラマ見た後、ゴローちゃんのCM見るとムカムカするほど、嫌なヤツになっている。これもスゴイなぁと思う。ロケ地の新江の島水族館は流れ星で盛り上がっているようなので、放送中に行こうと思う。もちろん、お目当ては、竹野内豊のポスターとかるんるん ロケは閉館後に行われることが多いそうで、家が近くなら毎晩チェックするんだけどなぁ。砂浜で野宿して見張っているとかexclamation&question そんなコトも考えている今日この頃。

話が、ずいぶんそれてしまいました…。
posted by ワタクシ at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜ガイド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。