2012年05月03日

東京おかしランド

泊まりに来ていたオット母を、オットとコドモは東京駅まで見送りがてら、東京駅見物をしてきた。

4月下旬に出来た「東京おかしランド」というグリコ、カルビー、森永製菓、不二家(期間限定)のアンテナショップへ立ち寄ったそうだ。

連休初日の東京駅は激混みで、その中でも、子供受けし、目新しいスポットの東京おかしランドは超〜混雑だったそうだ。ポテトチップの揚げたて商品の待ちは2時間だったそうだがく〜(落胆した顔)その辺りは、いずれ…ということで、関東では売られていない、その他地域のお菓子などをいくつか買ってきた。どれも美味しかったるんるん

あとは各テレビ局やキャラクターのショップが立ち並ぶキャラクターストリートをフラフラしたり、東京駅見学をしてきたそうで、夕方遅くに帰ってきた。東京駅には滅多に行かないので、コドモの良い社会見学になったかな。

その間、ワタクシは…家の片付け&休息を…。珍しく今年の連休は忙しいので、連休らしくゴロゴロしておいたわーい(嬉しい顔)
posted by ワタクシ at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&お出かけ

2012年05月06日

滋賀県へ歴史の旅

コドモは、前学年から引き続き、学校で日本の歴史を勉強している。小学生で歴史を勉強し、大河ドラマの「江姫」を見て、魚好きから歴史好きに変わってしまった。

江姫や織田信長ゆかりの地を巡る旅をしたい…と以前から言っていたので、連休直前に、ゆかりの地とやらに行くことにし、行き先はコドモに決めさせることにした。しかし、ゆかりの地や物はあちこちに点在しているので、どこへ行こうか悩んでいたようだ。当初は、京都や比叡山を考えていたようだが、最終的に「浅井家がいた琵琶湖周辺とか小谷、安土に行きたい。」とのことだった。

滋賀県、新幹線で通過したことはあるが、行ったことがなく、土地勘もない。よくよく調べたら、琵琶湖の大きさがハンパなく、とてもじゃないが短い日程で全てを見て回ることは無理なことが分かり、琵琶湖の下の方だけで納得してもらった。

東海道新幹線の米原駅で降りて、びわこ線に乗り、安土で降りた。
駅前には織田信長の像があり、コドモのテンションはグッド(上向き矢印)駅前のロータリーに1台だけ止まっていたタクシーに乗り、安土城天主と安土城考古博物館へ向かった。

ここで江姫のロケが行われ、その時のドラマのシーンもよく覚えている。

20120506-1.jpg

ひと通り見たあと、駅に戻る手段がないことに気付いた。博物館の人に聞いたら、流しのタクシーがいないので、タクシーを呼んでくださいと言われた。電話をして、来たタクシーは、さっき駅から乗せてもらった運転手さんだった。もしかして、1台しかタクシーがないとかexclamation&question

安土から近江八幡へ移動。近江八幡駅前のホテルに荷物を預けて、豊臣秀次によって作られた城下町、近江商人の時代が残る町並みを散策。古い建造物は好きなので、ワタクシのテンショングッド(上向き矢印)

20120506-2.jpg

秀次が築いた八幡山城跡を見るために、ロープウェイと徒歩で八幡山へ登った。急坂の石段がきついっ…でも見れたのは、わずかに残った城壁と琵琶湖を一望する景色…個人的にモチベーションが一気に下がるバッド(下向き矢印)

夕飯は、近江だけに近江牛のしゃぶしゃぶとすきやきを頂いた。今回の旅で一番ゼイタクをしたのはココexclamation×2

翌日は、ワタクシの実家家族が何回か行き、オススメされた彦根城へ。近代で再建したものではなく、木造の天守が現存している国宝四城のひとつ。

20120506-3.jpg

こちらは見ごたえがあり素晴らしかった…武士の一分などのロケも城の敷地内で行われたそうだ。
せっかくだから、ひこにゃんに会いたかったが、登場前から待ちの行列が出来ていて、コドモに「ひこにゃんに興味ないから…」と言われてしまい、会わずじまい。

コドモは友達にお土産を買って帰りたい…ということで、昨日から土産物を探していたが、あるのは地元の食べ物や和菓子、ひこにゃんばかり。この県にマスプロダクツはないのだろうか…。それとも子供や若い人の観光客が少ないので、ニーズがないのだろうか。

新幹線の駅、米原なら何かあるかも…ということで早目に米原に戻ったが、駅前のロータリーに民家が並んでいて、地元スーパーしかなかった。駅の中は小さなキオスクと弁当屋があるのみ。

コドモは、「何にもないから仕方がない…」と、ひこにゃんグッズを友達に買い、自分には地元スーパーで半額セールになっていた江姫のぬいぐるみを買っていた。

良い意味では俗化していない、地元品を大切にしているようだが、若い子向けのお土産を増やした方がいいようなたらーっ(汗)

オットとワタクシは「京都か大阪が良かった…」と内心思っていたが、コドモは、ゆかりの地を見られて満足だったらしい…。でも「次は比叡山がいいな。」としっかりリクエストも忘れていなかった。
posted by ワタクシ at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&お出かけ

2012年05月25日

待ちに待った東京スカイツリー

抽選だった東京スカイツリーの入場券を手にしてから約2ヶ月。5月22日に東京スカイツリーがオープンし、その4日後の25日に実家の両親と共に東京スカイツリーへ行った…といっても現地集合&解散。

両親は、午前中は好きな浅草を観光、昼食を食べてから、スカイツリーへ。
私たちは、定期テストが終わり、昼前に下校するコドモを待たなくてはいけなかった。電車で行くと指定の入場時間に間に合いそうもなかったので、現地まで車で行った。時間節約のため、お昼は車の中でコンビニ弁当ふらふら

平日のせいかスカイツリー周辺道路と駐車場は空いていたので、両親との待ち合わせ時間より1時間も早く到着。ツリーに登る前から東京ソラマチのショップで買い物していたコドモとワタクシ。

待ち合わせ時間に両親と会い、ワタクシ達が入場する時間の列が出来始めていたので、とりあえず並んでいた。10分ほど並んだらチケットカウンターでの受付が始まった。この時期は、人数と入場時間の制限があるせいか、チケットカウンターもエレベーターも待たされることはなく、天望フロアからの景色もゆっくり見ることが出来た。でも、チケットカウンターの前には、某ランドのライド並みの行列スペースとポールが立っていたので、かなり混雑することを想定しているようだ。

20120525-1.jpg

エントランスがある4階からCMでお馴染みの早くて静かな某社のエレベーターに乗り、降りたら、そこは地上350メートルの天望デッキ。テレビでお馴染みのガラスの床からは、直角ジェットコースターにも見えるツリーの骨組みを上から見られるのが面白い。

20120525-2.jpg


天望デッキより、さらに上にある天望回廊へ行くには別料金になる。「ここまで来たら…」ということで、デッキでチケット(1000円)を買って、天望回廊へ行くエレベーターに乗った。このエレベーターは天井が透明で、ロケットの発射台みたいで、エレベーターの速さが視覚で分かった。

20120525-3.jpg

エレベーターを降りたら地上450メートルの天望回廊。天望デッキでも東京タワーやランドマークタワーや都庁から見た景色より高いのがひと目で分かったが、天望回廊は離着陸直前の飛行機からの景色…に近いかも。飛行機が苦手な母は、チラリと景色を見た後は、「高すぎて立ちくらみがしそう…」と、窓から離れた壁際にいた。

回廊の最後の方で、もっとも高いソラカラポイントに到達るんるん

20120525-4.jpg

スカイツリーは、日本の古き良き伝統と最新の技術が融合した素晴らしいものだった。また、東京タワー建築時と比べて、色々なものが進化していることも実感できた。

東京スカイツリーを見物した後は、東京ソラマチでお茶をして、両親は帰宅ラッシュになる前に帰りたいとのことだったので、そこで解散した。両親は、忙しい孫と久しぶりに一緒に出かけられて嬉しそうだったし、かなり早い時期に話題の東京スカイツリーに来られたことをとても喜んでいた。欲を言えば、今日は浅草で美味しいお昼を一緒に食べたかった…とのこと。ワタクシだって、浅草でウナギか天ぷらくらい食べたかったが、またの機会に横浜あたりでるんるん

ワタクシ達は、その後、魚好きなコドモの希望で「すみだ水族館」へ行った。待ち時間がなく、混雑している感じではなかった。金環日食を見たばかりでプラネタリウムの方へ行きたかったワタクシが一番テンション上がったのは…

20120525-5.jpg

毎週楽しみに見てるからねひらめき

水族館を出たら夕方になっていて、人が増えていた。平日でも夕方になると混むのだろうか。それでも懲りずに、東京ソラマチに戻り、買い物をしていた。

近いうちに、また行きたい…と思ったが、当日券が販売されるようになり、夏休みになり、ますます混雑しそうなので、次回は来年になりそうだ。

連休がバタバタと終わり、連休が終わったら、公私ともに忙しくなり、気付けば、5月のブログは、3日のみ。仕事を辞められていないのも一因だが。予定では、6月は、数日まとめてお暇が出来るので、一人旅なんぞしたいと計画しているが…
posted by ワタクシ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&お出かけ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。