2012年09月13日

北海道一人旅

仕事を辞めた直後、長年の疲れが出たのか、気が抜けたのか、暑さのせいなのか、心身ともにグッタリした。

コドモは、夏休みが終わった直後に定期テストがあった。休みボケのままテストというのは、2学期制の弊害だと思っている。

いつものコトだが、滅多に教科書を開かない、授業数も少なく、おまけに興味が全くない、塾でも教えてくれない実技系教科(家庭科、技術、保健、体育、音楽、美術)がサッパリ分からないというので、家庭教師をしていた。

大人になると、これらの教科は、一般常識として知っていたり、日常に関わる内容なので、意外に教えられるものだ。提出物の点数も授業態度も悪い(担任との面談で判明した)そうなので、定期テストくらい少しいい点数取らせないと…ホントに困ったものだ。

定期テストが無事に?終わったので、予定通り、一人旅に出かけた。
独身時代は、時々フラリと一人旅をしていたが、結婚してからは、金銭も体力もスケジュールも家族旅行に費やしたので、一人旅は独身以来である。

行き先は、去年も行った北海道である。

北海道にした理由は…
1.飛行機のマイルを使いきれないほど所持しているので飛行機代は無料
2.住んでいるところより暑い土地へ行きたくない

本当は、日本の端っこ、知床へ行きたかったのだが、公共機関でのアクセスが悪く、エリアが広く、観光スポットが点在しているので、久しぶりの一人旅にはハードルが高いと、ちょっと弱気になり…

昨年、家族と一緒で、見れなかったところ、食べられなかったものがあったので同じ場所へリベンジしに行くことにしたパンチ

しかし、北海道も今年の夏は暑く、9月に入っても暑さが続いているそうで、意外に暑かった。それでも、最高気温28℃前後、最低気温が21〜23℃なので、関東よりは涼しかったが。
前線が停滞していたので、大雨や雷雨の中で観光する時間帯もあったが、それなりに順調に観光できたグッド(上向き矢印)

昔に比べると、女性の一人旅が珍しくないので、昔ながらの温泉宿しかないエリア以外なら、意外に泊まるところには困らない。雰囲気が良く、(安普請だが)小奇麗で、(高級じゃない)しゃれたレストランもあり、温泉がついているホテルでも1万円前後で泊まれる。ツインルームにしても、その程度の値段だったので、箱根あたりに比べれば安いものだ。実際、男性はもちろん、女性の一人旅も多かった。

宿代を抑えた分、ホテルでは食事をとらず、大好きなお寿司、安い海鮮やラーメンを食べ歩いた。

20120913-1.jpg

青函連絡船に使われていた摩周丸も見物できた。船の周囲と船内に、誰も居なくて、昼間でもちょっと怖かった。あまり集客できず、いくつかあった売店等も撤退してしまったそうだ。でも、維持費がかかるので、採算とるのが大変らしい。青函連絡船には乗ったことなく、知識もなかったが、世界大戦に巻き込まれ、多くの船が沈没したものの、残り僅かな船で戦後間もない時期に連絡船を復活させたこと、その後の大きな事故を乗り越え、華々しい時代もあったが、やがて飛行機に取って代われてしまう…という栄枯盛衰の長いストーリーは、とても興味深かった。

20120913-2.jpg

20120913-3.jpg

町のあちこちに石碑や古い洋館があるので、歩いていても飽きることはない。

20120913-4.jpg

帰りの飛行機の中から、丸い虹が見えた。時々、飛行機から見えるんだよねるんるん

家に帰ってからは、洗濯物、汚れていたガスレンジの掃除、夕飯の洗い物、明日の弁当の支度などをした。旅行が終わってもノンビリできないのが主婦のツライところ…。

久しぶりの1人旅だったが、好きな時に、見たいものを見て、食べたいものを食べて、自分のペースで動けるのが良いexclamation×2 金銭的にも時間的にも1人の方が何かと都合が良いし、コドモも成長し、忙しくなったので、これからは一人旅でもいいかなぁと思う。

次は、行ったことがない金沢か長崎あたりへ一人旅しようと思うグッド(上向き矢印)
posted by ワタクシ at 01:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行&お出かけ

2012年09月18日

漢字検定に合格

コドモが、2回目の受験で漢字検定3級に合格したグッド(上向き矢印)

6月に初めて受験した時は2点足らずに不合格となり、母子ともに悔しい思いをした。
夏休みは、学校や塾の宿題、9月上旬の定期テストの勉強に忙しかったが、8月下旬の漢字検定へ向けて勉強をさせていた。検定直前に過去問に取り組ませたら合格点140点のところ、130点前後がやっとだった。

3級は、中学卒業程度のレベルになる。難しい漢字、熟語が多くなり、新聞をよく読む子供なら見たことがある言葉もあるだろうが、うちは購読すらしていない。3級を受験するのは、中学3年生〜高校生が多く、これくらいになると合格率が50%くらいになるそうだが、それ以下の学年だと合格率がグッと低くなると言われた。だから、今回も合格は諦めていて、次回、いつ受験しようか考えていたところだった。

報告をしてくれた塾の先生からも、この時期に合格できたことは素晴らしいし、塾の同学年での合格者は少なかった…と褒められた。

確か、これで合格したら褒美を買ってやるひらめきと言ってモチベーションをあげていたような…。コドモは、しっかり覚えていた。

「筆箱とかカバンとかお小遣いで買えるものじゃなくて、どうせなら高い物にしようひらめき (我が家の携帯電話大臣の)お父さ〜ん、コレが欲しいぴかぴか(新しい)」と、大事に保管してあったらしいスマホと携帯の両方が使える端末のカタログを見せていた。

今の携帯は、まだ1年半しか使っていないが、学校も含め、どこへ行くにも持って行くので、かなりボロボロになっている。ワタクシより、よく使っているからね。ま、コドモにとっては快挙なので、携帯でもいいっか…
posted by ワタクシ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。