2015年01月01日

2014年振り返り

新年早々、雪がちらほら降っている。グレーの雲が空を覆い、いつものお正月とは異なる空模様。

大晦日は、冬休みの間、軽井沢にいるいとこが、ツルヤの蕎麦を送ってくれたので、天ぷらとカニを買って食べて、のんびり静かに過ごした。

20150101.jpg

2014年は、子供が受験生で迎えた。無事に志望校へ合格、入学をした。同じ頃、夫が代表取締役に昇進し、家族で喜んだのもつかの間、それらを見届けたかのように父が他界。身内を亡くす悲しみ、つらさを初めて味わった。少しでも悔いが残らないように、仕事を辞めて、残された時間が少ない父と過ごす時間を増やした。それでも、最後の最後、ちょっとだけ悔いが残ることがあった。悔いが全くないことなどないのだろうし、父らしさを尊重したと思って、あきらめるしかない。

しばらくの間、人に会いたくないし、外出も億劫だった。もう少し気持ちの弱い(優しい)人ならうつ病だったかもしれない。スーパーの宅配とアマゾンで食料、日用品を調達し、いい年をして、ちょっとした引きこもりだった。時間の経過とともに、少しづつ日常に戻っているが、気持ちの回復は完全ではない気がする。

喪中だったので、お正月の準備は何もしなかった。もともと、お正月の準備は最低限しかしないので、どちらでも大して変わりはないけど。

11月に喪中ハガキを出したり、メールでお知らせした。にも関わらず、年賀状が届いているってどういうことだ?(笑)みんな、物忘れしやすい年齢なんだろうなと思いながら、家族で爆笑した。
喪中ハガキを出した人にも寒中見舞いを出した方がいいんだろうか?

人づきあいも含め身の回りの煩わしいものは排除し、良い人仮面もかぶらないことにしてから、しばらく経つ。だから、年賀状も激減したが、もともと、ぼっち(1人)が気にならないし、自分のための人生って感じで悪くない。そんな感じで、偏屈オバサン進行中の2015年がスタートした。今年も、日々、出来ることを一所懸命やるのみである。
posted by ワタクシ at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

さがみ湖プレジャーフォレストのイルミネーション

道も空いているし、ヒマだったので、夕方からさがみ湖プレジャーフォレストのイルミネーション「相模湖イルミリオン」を見物に出かけた。
圏央道が完成してから、中央道、関越道へのアクセスが良くなり、日帰りで行くにはビミョーな距離だった高尾山ですら1時間で行かれるようになった。ありがたいことだ。

さがみ湖プレジャーフォレストは初めて行ったが、高尾山も近くにあり、山奥感満載。おまけに、とても寒くて、雪がうっすら積もっていた。

クリスマスシーズンには、周辺道路も駐車場も超混雑で、入園にかなりの時間がかかるという話を聞いていたが、さすがに元日は空いていた。

関東最大500万球のイルミネーションを誇るだけあり、自然の高低差を利用し、テーマがあるダイナミックなイルミネーションがいくつもあった。これは人気スポットになるわけだ。
リフトで観覧車がある頂上まで行ったが、氷がはるほどの寒さに負けて、観覧車に乗らず、すぐにUターン。

20150101-1.jpg

20150101-4.jpg

園内のレストランでラーメンやカレーを頂き、体をあたためてから帰宅。
こうして外に出ると、1日から働いている人が多いことに気付く。そのおかげで、元日から電車やバスに乗り、買い物できて、遊ぶこと、休みを満喫することもできるわけだ。ありがたいことだ。おつかれさまです。
posted by ワタクシ at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&お出かけ

2015年01月11日

三浦海岸のたくあんとパン屋さん

三浦海岸へ散歩に出かけた。季節外れとはいえ、穏やかな冬晴れだったので、134号は、それなりに車が走っていた。

三浦半島にはよく来るが、三浦海岸は何回か通り過ぎただけ。降り立って見ると、砂浜が綺麗でとても広いことに気付く。夏は、この広い砂浜が海水浴客で埋め尽くされるのだから、かなりの人が来るのだろう。

20150111-01.jpg

砂浜には何故か大根がたくさん干してあった。形からすると三浦大根だろうか…
大根の間で干す作業をする方がいたのでお話を伺ったら、たくあんにする大根を干していて、134号沿いで直売もしているとのこと。後から知ったが、三浦海岸の大根カーテンは冬の風物詩らしい。

20150111-03.jpg

教えられた付近へ行くと、134号沿いに看板が見えた。お店らしきものはないが、敷地の奥にさきほどお話を伺った方の車が止まっていた。個人宅の庭先のような駐車場のような敷地を入ると、個人宅の奥に、たくあんを洗浄、製造している建物があった。

自分たちが育てた大根をたくあんにして作っているのか…、スゴイな。大人になると第一次産業に従事している人の大変さ、ご苦労などが分かるので、第一次産業の方々を尊敬している。
とりあえず、1本だけ買ってみた。自宅で頂いたら、薄味で滅多に漬け物を食べないワタクシには少し味が濃かったが、大根の味や辛さが少し残っていて、シンプルな味付けで美味しかった。

20150111.jpg

三浦海岸を後にし、134号を走ると、津久井浜の付近で「ブロードバウム」というパン屋さんを発見。店構えは、街中によくあるパン屋という感じだが、地元らしき人が次々と入っていた。
店内は、さほど広くないが、焼き立てパンの美味しい香り、看板にも書かれている大きな釜があり、店員さんもお客さんも活気があった。ワタクシが好きなフランスパン系&チーズ系をいくつか購入した。
表面はカリカリに焼かれているのに、中はしっとりモチモチとした生地。惣菜パンの味付けもシンプルだがうまくまとまっていて、とても美味しかった。

20150111-04.jpg

思いがけず、美味しい発見をした三浦海岸。
posted by ワタクシ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&お出かけ

夜は新横浜ラーメン博物館

夜は、新横浜ラーメン博物館へ行った。

前回、食べられなかった、昔から好きな「支那そばや」へ迷わず並んだ。創業者の佐野さん、昨年亡くなられたのよね。「やっぱりラーメンの食べすぎは体に良くない。」と思われた人が多いと思うが、なんでも過ぎたるは…だから。たぶん、これだけラーメンを追求した人だから、健康は二の次三の次だったのでしょうね。ワタクシもラーメン、餃子、寿司はエンドレスだから気をつけないと。

20150111-2.jpg

普通の醤油味に、プチ贅沢で、烏骨鶏の味付けたまご、福岡八女の竹の子をトッピング。
ありがたく、美味しく、頂きました。

人はそれなりにいたが、連休のわりには多くなかった。
ワタクシが行った頃は、ドイツ・フランクフルト「無垢-muku-ツヴァイテ」、札幌「すみれ」が20分待ちだったが、それ以外は5分待ち程度だった。

2月中旬には、博多ラーメン「元祖 名島亭」という店が出店するとのこと。先日、福岡へ行き、博多ラーメンの美味しさを知ったばかりなので、かなり嬉しい。

ラー博は、オープンしてから20年になる。当初は、かなり混雑し、なかなか入れず。そのうち、あまり長続きしないのでは…と言う噂も聞いたが、20年も続いているのはスゴイと思う。これからもがんばってほしい。
コレステロールと相談しながら通い続けますっ!
posted by ワタクシ at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜ガイド

2015年01月16日

再会

昨日、久しぶりに会う友人と待ち合わせをした。最後に会ったのは、初夏だったような…去年じゃないから、一昨年?一昨々年?よく覚えていないくらい久しぶりだったが、変わった様子もなく、数ヶ月前にも会ったような感覚だった。深くて長い付き合いになると、そういうものかもしれない。

とりあえず、ランチを食べるために大阪王将へ。餃子の王将は行くが、大阪王将は初めてかも。ランチタイムだったので、店内は、あっという間に働く人でいっぱいになった。餃子エンドレスなワタクシは、水餃子と焼き餃子をダブルで頼み食べ比べ。餃子もおすそ分けしてもらった酸辣湯も美味しかった。

その後は、ファミレスへ移動。最近、ファミレスも滅多に入らなくなったので、目新しいメニューに心奪われたが、すでにお腹いっぱいだったので、お茶だけ。追い出されないのをいいことに、途中でドリンクを追加したが、会わなかった間の出来事を3時間くらい喋り続けた。まあ、よう喋ったわ、お互い。

本日の収穫は「最近ヒトカラ(1人カラオケ)は珍しくない。」ということ(爆)
1人で大概のところは行っているが、カラオケはないなぁ…次は、ヒトカラにチャレンジだっ!

お誕生日プレゼントに頂いたコーヒーをカバンに入れ、雨上がりの中、解散した。
次は、あまりご無沙汰しないようにしよう…。

−−−

本日、外出から戻った直後、インターフォンが鳴った。時間指定をしていた配達の人かと思い、シャチハタ持って、外へ出たら、以前働いていた会社のクライアントさんだった。プライベートでもお世話になったので、自宅もご存知だったが、突然だったのでビックリした。こちらも2年ぶりくらいだろうか。


仕事を辞めてから、その会社や関係者とは、ほとんど連絡を取っていない。先日、働いていた会社の人と「ワタクシさん、何やってるんだろうねぇ。」という話になったそうだ。それもあったし、仕事で近くに来たついでに、立ち寄ってくれたようだ。

「痩せたねぇ〜、疲れた感じだけど大丈夫?」と、すぐに気付かれた。この年で痩せたし、薄化粧だったので、やつれて見えるのだろう…

家に入って頂くことも考えたが、部屋が散らかっているし、相手が男性なので、玄関先で立ち話をした。
このクライアントさんも、ちょっとご縁があり、突然、玄関先に来られても、あまり違和感がない。もちろん、赤い糸で結ばれているわけじゃあないんだけどね(笑)でも、近々、お会いする機会がありそう…。
posted by ワタクシ at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。