2015年05月02日

初めてGUに行く

連休明けに、コドモは学校の社会見学がある。ワタクシが中高生だった頃、校外行事は、どこへ行くにも制服かジャージだったが、コドモは、中学生の時から校外行事は、私服で、高校も然り。今の中高全てが、そうなのかと思ったら、いまだに制服着用の学校や地域もあるようだ。確かに、東京、横浜の観光地やディズニーで制服集団いるもんね。

コドモは、ファッションに興味がなく、定番且つ地味な服を適当に買って、適当に着ている。さすがに学年総動員する社会見学に着て行く服がほしくなったようで、一昨日の夜「どっかに服買いに行きたい。」と、珍しいことを言いだした。

先日、木更津アウトレットに立ち寄った時に言ってくれれば良かったのに…。どうせ行くなら空いている方が良いので、昨日の夜、急遽、木更津のアウトレットへ行った。子供と2人で、1時間くらいピンポイントで見て回り、まとめ買いした。GWセールで、さらに半額になっているものが多く、ついでにワタクシもGパンを2500円で買った。

ショップが閉まる頃、フードコートに入り、ワタクシはピッツァサルヴァトーレクオモでピザとロメインサラダを食べた。最近、アウトレットモールに出来た有名なピザ店だが、家の近くにはないので初めて食べた。シンプルだけど美味しかった。

20150502.jpg

もう少し服がほしいとのことで、今日は、初めてGUへ行った。最近、世界三大美女のガウチョのCMが面白くて、GUに行ってみたくなったから…まさにCM作戦大成功だ。ユニクロ以上に安いし、靴やアクセサリー、バッグなども売っていて驚いた。GUで、カットソーやTシャツを数枚買って満足した様子。昔に比べて洋服って安くなった。品質やデザインもそれなりで長く着る代物ではないが。

ワタクシの買い物のポリシーは、「安いから買う」ではなく「必要且つ長く使える良いものを買う」なので、衝動買いもない。物を紛失することがほとんどないので、人に驚かれるくらい長く使い続けているものも多い。必要ないものは100円でも買わないから(笑)

人や車は多かったが、ひどい混雑はしていなかった。遠出している人が多いのかな。
posted by ワタクシ at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2015年05月03日

シンデレラ(字幕版)を見る

現在、シンデレラと同時上映している短編のアナ雪をコドモが見たいというので、映画を見に行くことにした。字幕版の上映は夜の2回のみだが、条例により、コドモは11時以降の映画を見ることが出来ないので、家で早めの夕飯を食べてから、映画館へ。

公開されて間もなく、連休中のせいか、夜&字幕版でも、半分近く席が埋まっていた。
アナ雪の映画を見たのは吹き替え版の宣伝のみで、今回の短編映画は字幕版で見た。吹き替えと字幕を比べると、吹き替えされている松さん&神田さんはオリジナルのイメージを損なわなず素晴らしい!というのが感想。短編なのでアナ雪は10分ほどで終了。

20150503.jpg

その後は、シンデレラ。
ストーリーは、誰もが知る内容が中心だったが、豊かな家庭で両親の愛情のもとに生まれ育ち、その頃に母親を亡くし、父親が再婚するまで、今まで知らなかったシンデレラの生い立ちが盛り込まれていた。
シンデレラ役のリリー・ジェームズは、丸顔で顔の造りも大きく現代的なので、お姫様のイメージに合わなかったが、映画を見ているうちに、どんどんチャーミングに見えてきた。さすが女優さんだわね。
王子役のリチャード・マッデンも、いかにも王子様という顔ではないが、瞳の青さがバツグンに綺麗で、瞳は王子様だった。

有名な人を起用しただけあり、衣裳や宮殿などが、とても綺麗でゴージャスだった。
舞踏会の舞踏シーンでは、シンデレラが着ていた青いドレスの軽やかさなめらかさが存分に表現されていた。
さすが、ディズニー、実写も裏切らない。
posted by ワタクシ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2015年05月07日

明治日本の産業革命遺産〜旧グラバー住宅など〜

明治日本の産業革命遺産について、ユネスコの諮問機関・イコモスは、世界遺産に登録することがふさわしいとする勧告を行ったというニュースを聞いて、思い出の地だったので嬉しくなった。
関係者の方には、おつかれさま、ありがとうございますと申し上げたい。

九州には、縁があり、この2年で3回九州へ行き、福岡県、大分県、長崎県、熊本県、佐賀県を旅した。どの県もそれぞれに特色があり魅力的で大好きになった。

とりわけ長崎は、2年前に最初で最後になった父と2人旅が出来たので思い出深い。
父は、長崎が好きで何度か行っていたが、私は初めてだった。
しかし、小学生の頃にグラバー邸のことを知り、素敵な洋館がある長崎に行ってみたいと思っていた。

20150507.jpg

それから、ん十年も経ち、やっと、グラバー住宅を父と一緒に見ることが出来て感慨深かった。父が好きな長崎で8つの資産が勧告を受けたと知ったら、大喜びで「長崎行くから飛行機手配してくれ。」と言っただろう。

長崎では、グラバー住宅周辺や教会群、そして、今回の勧告を受けている三菱長崎造船所も見た。
長崎港から軍艦島へ行きたかったが、船酔いする人が少なくないと聞き、ひどい船酔いをする私は泣く泣くあきらめた。船を使わずに行く方法はないものか…空から?(笑)

また、同様に勧告を受けた遺産がある大牟田市と荒尾市は、今年の1月に電車で通過し、北九州市もそばまで行った。古い建造物や設備を見るのが好きなので気になっていたが、ギリギリのスケジュールだったので立ち寄れず。

今回の遺産は、近くを通ったにも関わらず、時間がなくて見学出来なかったところが多いので、時間を割いてでも見るべきだったと後悔している。だから、改めて九州へ行きたいと思った。いつになるか分からないが、野暮用があり、山口〜広島への旅行を考えているので、山口県にある資産もいずれ…。
posted by ワタクシ at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&お出かけ

2015年05月08日

栃木県のあしかがフラワーパーク

連休最終日の6日は渋滞がなかった。世間は遊び疲れたのか、連休最後は体力温存か。
じゃあ、出かけよう…ということで、ニュースで紹介していた世界一の藤とも言われる藤がある栃木県の「あしかがフラワーパーク」へ行くことにした。夕方にUターンラッシュになる可能性もあるので、夜遅く帰るつもりで、家を出発したのは午後3時。

東北自動車道は、ほとんど利用したことがないし、知らない地名が多かった。岩舟JCT経由で、初めて走る北関東自動車道へ。1つめのIC、佐野田沼ICで下りた。

まずは、夕飯に佐野ラーメンを食べるために人気店「ラーメン大金」さんへ。
スープと餃子が売り切れとのことで、6時前なのに、私たちが入ると同時に店じまい。餃子も評判が良いので食べたかったなぁ。

丁寧に作られた澄んだ鶏ガラスープ、チャーシューとしなちくは柔らかく、スープに合う優しい味付けで、美味しく頂きました。最近のマイブームは博多ラーメンという肉と脂が大好きなコドモは、あっさりしすぎて物足らなかったそうだ。

20150508-4.jpg

あしかがフラワーパークが近づくと、駐車場待ちの長い列が出来ていた。時間がかかりそうだったので、少し歩く手前の臨時駐車場に停めた。

入園料は、花の咲き具合等によって変動し、当日の朝に決定する。変動制は良心的。この日、夜の部の料金は1300円だった。

藤の花は、香りが強くて驚いた。
樹齢150年の大藤、珍しい八重藤、花房が1.8メートルにもある大長藤(いずれも栃木県指定天然記念物)をはじめ、白藤、きばな藤など、初めて見る藤ばかりだった。どれも、とても立派で、見ごたえがあり、世界一というのも納得。連休最後に、がんばって来て良かった。

20150508-5.jpg

帰りは、鬼平犯科帳の江戸をイメージした建物にリニューアルをした羽生PA(上り)に寄った。
建物のコンセプトは目新しく素敵だった…が、バス等の大型も含め駐車場が大規模のわりに店舗エリアや人が歩くスペースが狭く、配分がアンバランス。ピーク時には混乱の極みになりそうだ。

20150508-6.jpg

東北自動車道上り、最後のSAとなる蓮田SAにも立ち寄ったが、こちらも狭かった。

東京が近くて土地にゆとりがないのかもしれないが、長い東北道を走り、環状線、首都高に入る人達の最後の砦(休憩所)なのに、羽生と蓮田は、ゆっくりしたくなる雰囲気とゆとりがない。
NEXCOさん、このあたりのSAは評判良くないですよ、何とかなりませんかね…。
posted by ワタクシ at 17:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&お出かけ

2015年05月19日

シアトルのお土産〜Fran's Chocolates(フランズのチョコレート)

最近のオットの海外出張先は、シンガポール、オーストラリア、アメリカのシアトルなどである。

定期的にシアトルへ行くようになった頃、「和風総本家」(テレビ東京)という番組でシアトルにある有名なチョコレート店を紹介していた。

お店の名前は「Fran's Chocolates」。手作りの高級チョコレートで、ブティックと呼ばれる店舗は、シアトルがあるワシントン州に4つのみ。このチョコレートを一躍有名にしたのは、オバマ大統領が、Fran'sの大ファンで、ホワイトハウスからお取り寄せをしていること。

和風総本家で紹介されたのは、チョコレートを入れている「Japanese Chabako Box(日本の茶箱)」と、それを作っている日本の職人さん達。Chabako Boxは、桐箱を伝統のふすま紙で表装し、金箔や銀箔をあしらっている。こちらもすべて手作りだ。その工程が、テレビで紹介されて、職人さんのこだわり、丁寧な作業、綺麗な仕上がりに、驚き、とても印象に残っていた。

だから、出張先がシアトルと聞いた時、すぐにこの番組とチョコレートのことを思い出し、オットにお店の情報を渡し、チョコレートを買ってきてもらった。ただ、Chabako Boxは、安い物でも60個入り$140(約16,800円)と少々お高い。でも、チョコレートが、1粒約200円もするので仕方がない。だから、うちが買ったのは普通の箱で少量の詰め合わせ…。

20150518.jpg

チョコレートは、アメリカのものとは思えないほど、なめらかで甘さ控えめで、ベルギーの某高級チョコレートよりも美味しかった。

オットがチョコレートを買う時に、「Chabako Boxは日本製で、日本の番組でお店も紹介された。」という話を
店員さんにしたら、ご存知だった。Chabako Boxは、アメリカ人に人気で、食べ終わったら、箱をインテリアにする人、店に持ってきて新たに買ったチョコレートを詰めて帰る人もいて、大事に使われているそうだ。
ガラス越しにチョコレートを手作りしている様子が見られて、店内と店員さんは宝飾店のような雰囲気だったそうだ。
セット販売もあるが、自分が好きなものを詰め合わせしてもらえるので、フランズで一番人気の塩チョコレートとナッツチョコレートを中心に選んでいる。

その後も、Fran'sのチョコレートを買ってきてもらっているが、いまだに、Chabako Boxを買っていない。いつか逆輸入したい。

ちなみに、Fran'sは、日本への通販も行っている。日本向けの送料は、WEBで記載されていないが、シアトルがあるアメリカワシントン州と接しているカナダへの送料が、$34〜$80する…ご参考までに。
posted by ワタクシ at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。