2016年02月02日

月島&浅草の美味しいもの


久しぶりに東京へ出かけた。
まずは、都営地下鉄の月島駅から徒歩数分の場所にある「肉のたかさご」へ立ち寄った。
昭和22年創業、肉ひとすじ(笑)というお店。一見すると普通のお肉屋さんだが、「やき豚」が有名。10年以上前に、人から頂いて食べたら、あまりの美味しさにビックリして、すぐに買いに行ったほど。以来、ついでがあると立ち寄り、いろいろ買って食べたが、何でも美味しい。隣に住みたいくらい。
ランチタイムはお弁当や揚げ物が大人気。今回は、大人気のメンチカツとやき豚を買った。通販も行っていて、やき豚以外に、ローストビーフ、角煮、ブランド牛肉や豚肉などを扱っている。

20160201-1.jpg

近くでは、今年の秋に開場する豊洲市場が建築中だった。開場したら、周辺も賑やかになるんだろうなぁ。

次は浅草へ移動し、遅いランチを食べるために「浅草うな鐵」に入った。東京では珍しい「ひつまぶし」が食べられるお店。浅草やかっぱ橋に来ると、こちらで食事をすることが多い。うなぎ自体は、それほど好きではないが、うな鐵のひつまぶしは美味しく食べられるので大好き。
初めて行った頃に比べると、すっかり有名になってしまったが、味、接客ともに変わらないのが嬉しい。焼き方が上手なせいか焼き鳥も美味しい。

20160201-2.jpg

「浅草うな鐵」から徒歩数分、昨年12月にオープンした「まるごとにっぽん」へ初めて行った。
まるごとにっぽんには、47都道府県の伝統や食文化を紹介するお店が4階建てのビルに入っている。地方の名産品や逸品は面白かったが、物産展やデパ地下と変わらないかな。こちらでは、国産のキクラゲを買った。

20160201-3.jpg

賑やかな伝法院通り〜仲見世〜浅草寺を通り、銭塚地蔵堂(かんかん地蔵尊)へ。

20160201-4.jpg

こちらには、金運、出世、商売繁盛の銭塚地蔵尊と健康祈願のかんかん地蔵があり、最近ではパワースポットとも言われているらしい。神や仏、占い、パワースポットとかは、あまり信じないが、添え石でお地蔵様を叩きながらお願いをするので「かんかん地蔵」という愛称で親しまれているというエピソードに興味を持ち、行くことにした。

赤いのぼりがなければ見落としてしまいそうな、こじんまりとしたお堂だった。

20160201-5.jpg

塩、お線香、ローソクのお供えセットを買って、お供えの仕方、最後に「柏手はご遠慮ください。」と教えて頂いた。

銭塚地蔵尊は、大金を手にするというより、その人に必要な分だけお金が融通される…という、なかなか現実的なものらしい。「世界征服できるだけのお金を!」と思ったが、衣食住に困らないようにと謙虚なお願いにした。

かんかん地蔵尊は、以前は大日如来の姿だったらしいが、地震や火災、お参りした人達に削られて(今は削るのは禁止されています)、原型をとどめておらず、白い石の塊だった。添え石でカンカン叩きながら、家族の健康祈願をした。

お財布に入れるとお金が増えるという福銭(200円)も買った。

帰りは、近道の西参道商店街を歩き、六区の方へ戻った。こちらの参道には、ジャンボめろんぱんのお店「花月堂」があり、NHKさんがめろんぱんを食べている外国人にインタビューしていた。美味しいと評判らしく店頭には行列が出来ていたが、メロンパンは好きではないので買わなかった。

20160201-6.jpg

浅草は、ちょっとつまめる安くて美味しいものが多いので、次回は買い食いしよう。
posted by ワタクシ at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&お出かけ

2016年02月08日

慕情/オリエント急行殺人事件


慕情(1955年 アメリカ)

20160207-1.jpg

1949年、イギリス統治下の香港が舞台。原作は、ベルギー人と中国人のハーフの女医の自伝らしい。
ストーリーは、未亡人のハーフの女医と別居している妻子がいるアメリカから来た特派員の男性との道ならぬ恋…今風に言えば不倫で、最後は、特派員の男性が朝鮮戦争で亡くなってしまう。
感情移入し難い設定だったが、ハーフの女医を演じたジェニファー・ジョーンズが、西洋人なのにチャイナドレスが似合っていて、その美しさに魅入ってしまった。亡き特派員の幻に駆け寄る彼女の姿に「Love is a many splendored thing」の音楽が流れ、悲しいけれど美しいラストシーンだった。でも、その悲しみを乗り越えられる強さも感じた。
特派員を演じたウィリアム・ホールデンは、数々の名作に出演しているので知っていたが、ジェニファー・ジョーンズが出演した映画は、あまり印象に残っていないので、改めて別の作品を見たい。
アジアと西洋が融合したイギリス統治下の香港の景色や文化が素敵だった。

オリエント急行殺人事件(1974年 イギリス)

20160207.jpg

アガサ・クリスティの小説の映画化したので、あまりにも有名な作品。
学生時代、小説を手にしたこともあったが、推理小説があまり好きではないし、登場人物が多く、名前が覚えきれずに、途中で断念。映画は、テレビかビデオで一度見たので、ストーリーも事件の真相も覚えているが、登場人物やそれぞれの背景を忘れてしまったので、再度見ることにした。
登場人物が国際色豊かで、主役級の俳優が何人もいて、353号蒸気機関車や衣裳が豪華で、それだけでも見ごたえがあった。人物や設定も思い出し、すっきりとした。
出演したイングリッド・バーグマンは、この8年後、67才で亡くなり、よく滞在していたスウェーデンの小島に散骨されたそうだ。波乱万丈の人生だったらしいが、若い時から、知的な美しさがあり、昔の女優さんの中で好きな1人。

午前十時の映画祭は、1000円という安さもあり、年間を通してコンスタントにお客さんが入っている。今回の2作は、人気があるらしく、特に混んでいて、ほぼ満席だった。平日は、60才以上の方がほとんどだが、週末は、ワタクシより若い人が2〜3割いることもある。
今年度の午前十時の映画祭で鑑賞したい映画は、これらで最後だが、来年度も開催されるとのこと。見逃した作品、見たい作品は、まだあるので、近々発表される来年度の作品が楽しみ。
posted by ワタクシ at 16:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2016年02月12日

銀座のアンテナショップ巡り

銀座で行きたい店があったので、ついでにアンテナショップ巡りをすることにした。

アンテナショップ巡りの途中で立ち寄ったのは、オリーブオイル&ビネガー専門店「OIL&VINEGARc」。こちらは欧米にある店で、昨年12月にアジア初出店として銀座にオープン。

年齢的なこともあり、数年前から油を気をつけるようになった。日常的にオリーブオイルを取り入れるようになり、すっかりハマってしまった。

品種、産地、収穫時期などによって味が異なるので、専門店などでテイスティングして、お店の方に色々教えてもらったり、好きな味を探して、用途に合わせて使い分けている。ワインは頂かないが、同じように奥が深い。基本はエキストラヴァージンオリーブオイル、フレーバー弱め、スパイシーなものが好きだが、強すぎると生で頂く時に素材の味が消されるので、ほどほどに。料理で使う時は、フレーバーオイルを買う時もある。普段使っているのは、手に入りやすいイタリア産、カリフォルニア産が多いが、先日、オットがスペインへ行った時に、良いオイルを安く買ってきた。今後は、スペイン産も探してみようと思っている。

20160211-9.jpg
(写真はオープニング記事に使われた他国の店舗です)

店内の壁際には、量り売り用の大きなボトルがたくさん並んでいて、どれも試飲できるという。アドバイスを頂きながら、いくつか試飲して、おススメの中の1つ、ギリシャ産のカステロザクロ200cc買った。

さて、アンテナショップ巡りのスタートは、JR有楽町駅。

駅前の東京交通会館にも、北海道の「どさんこプラザ」をはじめ、各地域のショップが入っているので、ひと通り見た。

外堀通りを渡り、通り沿いにあるのが
いしかわ百万石物語(石川県)

20160211-1.jpg

銀座わしたショップ(沖縄県)
コドモに頼まれた物を探したが、残念ながら売っていなかった。でも、品ぞろえが充実していて、長居をしてしまった。

20160211-2.jpg

まるごと高知(高地県)
高知県には一度も行ったことがないが、一時期、土佐料理屋さんに通ったことがあるほど高知の料理が好きで、また四万十川や仁淀川などの清流、豊かな海に山もあり、一度行ってみたい土地である。高知のショウガやユズの商品、ご当地お菓子ミーレビスケットの中でも一番人気のコーヒー味を買った。

20160211-3.jpg

食事は、2階レストランで念願の土佐料理「ミニ皿鉢御膳」を頂いた。
サバの押し寿司、カツオのたたき、メヒカリやきびなごなどの魚、野菜の煮物が中心のお料理は美味しくて大満足。リピ間違いなしっ!

20160211-4.jpg

おいしい山形プラザ(山形県)
名産品はもちろん、店頭で売られていた野菜が安くて新鮮だった。今回は、ゆべしを買った。

20160211-6.jpg

広島県ブランドショップTAU(広島県)
こちらでは、もみじ饅頭の種類が多く、1つから買える。もちろん、にしき堂の生もみじ饅頭もあり、最近は、一番人気とのこと。

20160211-5.jpg

発売早々、あっという間に品切れになったワタクシには幻の「三島食品のゆかりペンスタイル」が、ラッキーなことに入荷したばかりだった。こちらのお店でも品切れが続いていて、次の入荷がいつになるか分からないとのこと。お弁当などに使いたいと家族の御所望品だったので、迷わず3本買った。あ〜、今年の運は使い果たした。広島も好きな物が多いので、練り物、牡蠣の加工品なども購入。

20160211-7.jpg

今回は寄らなかったが、近くに茨城県と大分県のアンテナショップもあった。
全国に行くことは出来ないが、全国の特産品を販売、文化や名所を紹介してくれるアンテナショップは、ワタクシが、机上の計画でバーチャル旅行するよりも、リアリティがある。アンテナショップ巡りは、ちょっと旅した気分で、楽しかった。次回は、東銀座方面のアンテナショップに行きたい。

家族の希望で、何故か、こんなところにも立ち寄った。子供から50〜60代と幅広い人が続々と来ていた。浜松町の期間限定ショップは、開店直前だったが、ワタクシには何を買えばいいのか分からないので、いずれ家族が来ることになりそうだ。

20160211-8.jpg

ワタクシも小さい頃は、ウルトラマンや戦隊モノが大好きで、プレゼントにソフビ人形や変身ベルトを買ってもらったことがあった。当時、女の子でウルトラマンや戦隊モノが好きな子はほとんどいなかったので、よく男子と遊んでいた。でも「女の子のくせに…。」と、言われたので、女子とも遊んだが、趣味や好みに男の子、女の子と決めつけるのは、どうかと思うよ、昔も今も。
だから、浜松町のゼットンを見た時は「おお、ゼットン!」と、懐かしい人に再会した気持ちになった。来週、家族のかわりに、スタンプラリー行ってこようかな。
posted by ワタクシ at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&お出かけ

2016年02月14日

曽我別所梅林とヒルトン小田原

小田原梅まつりが行われている曽我別所梅林へ初めて行った。品種によって、満開に近かったり、2〜3分咲きだったりしたが、見頃になっていて、しばらく楽しめそうだった。美味しい梅干しと梅エキスを買った。

20160214-1.jpg

その後、宿泊するヒルトン小田原へ。今回は、本館に泊まったので、久しぶりに相模湾を見渡すことが出来た。

20160214-3.jpg

数年前から少しづつリニューアルをしていて、リニューアル後のレストランを初めて利用したが、モダンな雰囲気になっていた。

20160214-2.jpg

水着で入るバーデゾーンがリニューアル工事中だったので、滞在中は、カラオケをしたり、学校の体育でテニスをしているコドモに教えつつ、テニスをした。久しぶりだったので、体が鈍っていたが、体を動かすのは気持ちがいいものだ…と、思っても継続させようとしないからダメなんだよね。

20160214-4.jpg

昼過ぎに小田原を出たが、天気が良かったせいか、下りの135号が渋滞していた。
posted by ワタクシ at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&お出かけ

2016年02月24日

ブルボンのスライス生チョコレート

少し前に、「海外のネットで日本で売っているスライスチーズの形をしたチョコレートが話題になっている。」と、外国人の友人から、話題の日本製品を教えてもらったそうだ。

調べたら、ブルボンのスライス生チョコレートという商品だった。早速、オットが買ってきた。

20160224.jpg

家族は、シンプルにトーストにして食べたら、美味しかったそうだ。

ワタクシは、簡単に作れる「チョコバナナ春巻き」を作ってみた。
メーカーのレシピによると、トースターで焼くと書かれていたが、夕飯のおかずの揚げ物と一緒に油で揚げた。一定時間経つと、中からチョコレートが染み出てきたので、すぐに引き揚げた。普通に美味しかったけれど、このメニューは、スライスチョコレートを使わなくても出来ることに気付いた。

ブルボンは好きだし、アイデアは素晴らしいし、チョコレートは美味しかったし、型抜きしたり、巻いたり、デコレーションするには、薄い形状は、とても便利だと思う。

でも、ワタクシは、お菓子は作らないので、今後は買わないかな…。
posted by ワタクシ at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。