2016年04月01日

パスポートの作成と山下公園

コドモのパスポートを作りに、2人で横浜のパスポートセンターへ行った。

ここ数年、部活、塾、予備校、ボランティア、バイトなどで忙しかったので、海外へ行っていないが、来春以降、単独でも海外へ行く機会がありそうだし、突然行くことになっても対応できるよう、混雑する時期を避けて、あらかじめパスポートを作ることにした。

コドモにとっては3冊目のパスポートになるが、親として未成年者の5年パスポートを作るのは、これが最後になる。このパスポートをたくさん使って学生時代に見聞を広めてほしいという親の願いも込めている。

整理券と申請の窓口の両方で、45分くらい待った。受け取りは1週間後。

その後、海岸通りにあるパンケーキが人気のハワイアンファミレスのような店に入り、食事をすることにした。パンケーキにのっているクリームが好きではないので、コドモはロコモコ、ワタクシは新作のアボカド&シュリンプのエッグベネティクトを注文。

20160401-1.jpg

味云々の前に、テイクアウトした料理みたいに冷めていて、温かいお料理を食べたかった…コンビニみたいに「温めお願いしますっ。」って言いたくなった。
コドモは「グレービーソースの味のバランスが悪いし、甘すぎて飽きる…。○○のロコモコの方が美味しい。」と、なかなかの辛口意見…。一口もらったら、確かに飽きる味。

味は好みがあるので仕方ないとして、店員さんは、もう少し目配りするよう教育した方がいいような…料理運びと水のおかわりなら小学生でも出来る。
料理もサービスも客が支払った分は満足させ、値段に見合う提供はしないとね。
サービス業は慢性的な人材不足で、バイト教育が行き届かないらしいが、若い人を中心にスキルや知識の低い人が多い。
でも、一般的なファミレスは、教育の行き届いたミセスの店員さんが、熱々の料理を手際よく出してくれて、関心することが多い。これは働く人の年齢層の違いなのかな。

流行のお店なので、店の外で若い女の子が並んでいたが、リピすることも並ぶこともないかな。

帰りは山下公園に寄り、名物のしだれ桜と氷川丸を眺めてきた。この時期ならではのいい景色である。

20160401-2.jpg

氷川丸は、2016年度に国の重要文化財に指定の見込み。そうなると保存や修復面で助かるので、よろしくお願いしますっ!

ついでに、日本大通りにある放送ライブラリーに初めて立ち寄った。視聴ホール、展示ホールともに立派な設備に充実したコレクションに驚いた。おまけに利用料は無料。毎日近くを通っていたのに、こういうところだとは知らなくて惜しいことをした。次回は、もっとゆっくりしたい。
posted by ワタクシ at 20:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2016年04月02日

横浜の大観覧車(コスモクロック)

先日、コドモの誕生日を祝うため、みなとみらいのホテルで夕飯を食べた。
レストランは薄暗かったため、外のコスモクロックが綺麗に見えた。

20160402.jpg

コスモクロックは、最近、ネオン管などからLEDに変えられ、コンピュータ制御が簡単になり、光の演出のバリエーションが増えたそうだ。消費電力は、5分の1にもなったそうなので、こういう大がかりなものにこそLEDを使う価値がある。

確かに、今までとは違うデザインだったな…。
posted by ワタクシ at 12:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜ガイド

2016年04月06日

黄金町の桜と横浜橋商店街

先日、弘明寺から大岡川プロムナードの桜見物をした時に、もっと横浜寄りの黄金町や日の出町あたりの桜も見たくなったので、今日は1人で行ってきた。気付けば10キロ近く歩いていたというワタクシに付き合える人は、そうそういないからね(笑)

黄金町、日の出町といえば、子供の頃、親から行くのを禁止されていた。この一帯、「飲む打つ買う」や違法の店が多く、ストリップや日活ポルノの裸の大きな看板があり、治安が悪かった。ワタクシは、裸の看板より、町が臭くて汚いのが嫌で、大人になっても、野毛山動物園へ行く以外に、これらの駅を利用したことがない。
しかし、少し前から、アートをいかしたまちづくりをスタートさせ、明るく健全になったという話を住んでいる人から聞いた。そうなってから、初めて黄金町に行った。
よく見ると昔の名残はあるが、駅、街並み、川沿いは綺麗になり、雰囲気は変わっていた。

大岡川には、桜見物の船がいくつも浮かんでいた。

20160406-1.jpg

大きな木が揃って川にせり出しているので迫力がある。

20160406-2.jpg

このあたりからだと、わずかにランドマークが見える。最近、手前にマンションが建ったので、ランドマークが見えにくくなったそうだ。

20160406-3.jpg

黄金町から日の出町手前まで歩いた後、川沿いから離れて、市内で有名な商店街のひとつ、横浜橋商店街へ寄った。

20160406-4.jpg

伊勢佐木町〜黄金町あたりは、外国の住人が増えたせいもあり、お客さんは、外国人か出勤前の水商売っぽい女性が多く、アジアの食材を売る店もあった。昔ながらの八百屋や魚屋は、スーパーに比べて安いし、あまり見かけない食材もあり、とっても気になったが、すでに夕飯のメニューが決まっていたので買わなかった。帰りは、とりあえず阪東橋駅から市営地下鉄に乗った。

今年の桜は、これで見納めになりそうだ。
posted by ワタクシ at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜ガイド

2016年04月11日

箱根&御殿場一泊旅行

4月上旬に箱根へ一泊旅行に出かけた。
東名高速道路の御殿場ICに早めに到着し、家族がGパンやスニーカーを見たいというので、御殿場プレミアムアウトレットに立ち寄った。

観光バスの数がすごいので嫌な予感はしたが、この日はアジア系のお客さんがとても多かった。スニーカーを見ていたら、周囲に日本語を話している人が誰も居なくてウケた。

以前、箱根で働く方に伺ったら、外国人向けの国内バスツアーは、成田〜関西or関西〜成田の太平洋側を移動しながら観光するツアーが人気で、富士山観光のついでに、御殿場のアウトレットを入れているツアーが多くなり、以前より外国人の団体予約が多くなったとのこと。また、最近、外国人にも桜見物が人気で、この時期の外国人観光客が増加しているそうだ。

ウェッジウッドで、コロシアムのサラダソーサーが入荷していないかを見たら、やはりなかった。日常使いをしているうちに1〜2枚割ってしまったので、追加したくて、以前から国内外の店やネットを探しているが、廃番になって久しいので、さすがにアウトレットに出ることもなさそうだ。
同じ径で、国内未発売のソーラーのサラダソーサーがあったので、コロシアムのかわりに、そちらをまとめ買いした。
日本では、色柄が綺麗なカップ&ソーサーが人気で、シンプルな食器を日常使いする人が少ないため、国内プロパーショップでも品ぞろえが悪い。ルートが違うので、プロパーショップよりアウトレットの方が白い食器が多く、コレクションしている廃番品も入荷されるので、日常使いにはありがたい。

この日、混雑しすぎて、商品の補充も間に会っていないし、店員さんはつかまらないし、全体的に品ぞろえがイマイチだったので、家族は何も買わなかった。そのうち木更津でも行きますか。

ホテルでチェックインし、夕飯は、強羅の餃子センターで食べた。餃子も美味しいけれど、チャーシューサラダもお気に入り。

20160411-1.jpg

帰りは、早川沿いで夜桜見物。さくら祭りでライトアップされていたが、満開には早い時期だったせいか、空いていて、ゆっくり見ることが出来た。この桜並木を初めて知ったが、周辺の自然も含め、とてもいい景色だった。

20160411-2.jpg

翌日は、チェックアウトの12時までホテルでノンビリして、御殿場の東山旧岸邸へ。こちらは政治家、岸信介氏の住宅で、晩年の17年間を過ごした。古い建造物が好きなので、一度見たいと思っていた。

当たり前だが、敷地も邸宅もとても広くて、玄関ホールと玄関だけで一般家庭のリビングほどの広さだった。
居間や食堂は、押込戸にガラス戸や網戸まで全て引き込めるので、全て開けるとものすごい解放感。その分、補強をして建てられているようだったが、法律が改正された今は、木造建築で、この開口部は取れないと思う。華美ではないが、細かなところにまでこだわりが感じらた。

岸信介氏は、このチェアに座り、庭を眺めるのがお好きだったそうだ。孫の安倍首相がご幼少の時、このお庭を走り回っていたのかも。

20160411-4.jpg

帰りは、御殿場IC近くの金太郎で、お蕎麦を食べてから、東名にのった。

20160411-3.jpg
posted by ワタクシ at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&お出かけ

2016年04月17日

熊本への支援や寄付の注意

熊本県を中心に地震の被害にあわれた方々には心よりお見舞い申し上げるとともに、まずは救助、支援が行き渡ること、救済、復旧活動をしている方々の安全を願っております。

震源地に隣接する市に伯父夫婦が住んでいる。14日夜の地震の直後、ワタクシは実家と連絡をとり、すぐに伯父へ安否確認の電話をしようとしたが、輻輳になっているかもしれないし、何よりも緊急の電話の妨げになってはいけない。翌朝、母が伯父に電話をしたら、つながった。家の中は家財道具が散乱していて、地震が多すぎて眠れないが、大丈夫とのことだった。
伯父は高齢で持病もある。この時点で、私は水と食料を背負って、伯父の家へ行くことを考えていた。

16日未明の地震では、伯父が住む市は、震度6弱だった。関東に住んでいる親戚から実家へ「伯父さんの家は大丈夫か。」と問い合わせがあり、16日の朝、東京神奈川在住の親戚を代表して、再び母が電話をした。電話はつながり、とりあえず家にいられるけど、未明の地震で一部のライフラインが断たれて、支援を待っているとのことだった。
その地震で陸路、空路、海路も断たれてしまったので、物資を送ることを考えたが、熊本県内への宅配と郵便は受け付けを中止しているとのことだった。

やはり、現時点では、ボランティアや物資の受け入れ態勢も整っていないし、遠く離れた個人が動くことは出来ないので、まずは国、自治体、自衛隊、企業などに託すしかないようだ。

個人で物資を送ろうとした人が、宅配業者に荷受けを中止していると断られ、「善意を無駄にしやがって。」と、逆ギレしたそうだが、業者とて物理的にどうしようもない。その善意と熱い気持ちは、いずれ役立つ時まで、温存しておいてほしい。

昨年、親戚へ父の報告や挨拶をかねて、鹿児島本線に乗り、博多、瀬高、みやま、玉名、熊本を旅した。一度は見たいと思っていた加藤清正の熊本城は噂通り威風堂々としてた。ここ数年で3度九州へ旅をしたが、みなさん、素朴で温かくて、食べ物も美味しく、豊かな海や山から力強ささえ感じた。子供の頃から何度も来た土地だが、再発見が多く、また来ようと思っていた。今回の報道で歩いた街や道路の変わり果てた姿を見て、心配で悲しく残念にも思う。

まずは義援金という形で協力しようと思う。
それと、いつも買っている八代市の美味しいトマトが店頭に並んでいた。多分、地震の前に出荷されたものだろう。いつもより多めに買った。被害があった県で生産、製造されたものを買うことも小さな支援になる。

昨日は、銀座の熊本県のアンテナショップが、買い物と募金を目的にしたお客さんが殺到したそうだ。すぐに、そのように動ける日本人が多いことをちょっと誇りに思う。

あちこちで寄付の動きがあるが、消費者庁によると、詐欺が疑われる寄付を促す輩が出てきているそうで注意を呼び掛けている。自分の支援を届けるためには、寄付先が確かなのか、確実に届けてくれるか実態を確認してほしい。信じられないが、人の善意や弱みにつけこむヤツって多いから。

数年前から、街頭で寄付はあまりせず、寄付したいところに直接振り込むようにしている。街頭募金の場合、それを行っている団体や活動について、スマホで調べてから募金をする。純粋な子供や若者に募金箱を持たせて、使途不明金を集めるのもいるから、くれぐれもお気をつけください。

ところで、報道の内容、取材の仕方に、テレビの前でムカムカしている私。阪神淡路、東日本の批判や苦情が活かされていないようで…。
朝から日向灘が分からない勉強不足の出演者、学者と険悪になったり…すぐにテレビ消した。こっちが気分悪いわっ。その後、KKT(くまもと県民テレビ)の番組だったので見たら、的確で、落ち着いて、進行もスムーズだったので関心した。
国営放送は、最初の市内からのレポートは、本業以外の人だったらしく、ピンボケだったが、あとは、民放にはない災害報道の訓練の成果が感じられ、さすがという感じだった。久しぶりの井上さんが福岡へ移動になっていたことを知り、熊本出身の武田さんの心からのメッセージが伝わった。
posted by ワタクシ at 13:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。