2016年06月01日

ビストロクイックビスク風ソース

少し前に、キューピーから販売されているビストロクイックシリーズのビスク風、きのこクリーム、赤ワインのソース缶が美味しいという評判を見た。

甲殻類好きとしては、ビスク風ソースを食べたくて、近くにあるいくつかの店を探した。ビスク風だけは、どこにも売っていなかったので、もしかしたら一番人気なのだろうか?

探し始めて1ケ月くらい経った頃、普段行かない店で、ようやく買うことが出来た。

20160601.jpg

缶のレシピによると、カレールーみたいにごはんに合わせるらしいが、ピンとこなかったので、エビとアスパラなどの野菜も加えて、フィットチーネのパスタで食べた。

家で作るのは大変そうなビスクソースが、これだけ手軽に美味しく食べられるのは嬉しい。
しょちゅう食べるには、ソースが少々重いかな…多分、これは年齢的なもの。
posted by ワタクシ at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2016年06月06日

星乃珈琲店のスフレパンケーキ

先日、外出先で星乃珈琲店を見かけた。
ワタクシの住まいは、流行のお店ができるほど都会でも郊外でもない中途半端で、コメダも星乃も近くにない冴えない町なので、これらの看板を見ると反応してしまう。

「そういえば、渋谷の星乃珈琲店で食べたパンケーキ美味しかったなぁ…。」と、数年前のことを思い出した。
それほどお腹は空いていなかったが、次に星乃珈琲店の前を通るのは、いつになるか分からないので、とりあえず入った。

以前、食べた時は2枚だったが、今回は1枚にして、メープルシロップをチョイス。
「焼き上がりまで20分ほど頂きますがよろしいですか?」と、店員さんから確認されたが、OKですっ!
先に出して頂いたアイスコーヒーが、パンケーキが来た時に、半分残っているように、チビチビ飲みながら、焼き上がりを待った。

20160606.jpg

普段、バターやマーガリンは使用しないが、こちらのホイップバターは軽くて、溶けるような感触も美味しい。パンケーキは、表面はカリッとしていて、中はふんわりしていて、やはり美味しい。2枚で頼まなかったことを後悔した。あっという間に完食。

洋菓子は、それほど好きではないので、バイキング等の食べ放題でもスイーツとやらを食べることは稀。外でコーヒーを飲むことはあっても、ケーキセットにすることもなく、スイーツとやらを、わざわざ食べに行くこともない。でも、ここのパンケーキは食べたくなるんだよ。
posted by ワタクシ at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2016年06月08日

長谷寺のアジサイ

鎌倉のアジサイが見頃になってきているらしいので、先日、アジサイの季節には行ったことがない長谷寺に行くことにした。

藤沢駅から江ノ電で出発。
「鎌倉」という行先表示の両脇にアジサイのイラストがあるのは、この季節ならでは。

20160607-1.jpg

平日にもかかわらず小さな長谷駅は、観光客以外にも修学旅行や遠足の集団がいくつもいて、予想以上に人が多かったので、早めにランチすることにした。
あいにく長谷駅周辺には、良い食事処があまりないので、お目当ての生シラスの看板が出ている店に入った。
生シラスは、鮮度の良し悪しが分かりやすいので、いかに新鮮なシラスを仕入れて使っているかが決め手。
こちらの店は、この界隈にあるわりに、シラスの新鮮さは普通で、白米が美味しくなかった。
立地、料理、店や店員の雰囲気を考えると、今後厳しいことになりそうな…。

20160607-2.jpg

長谷寺に着いた頃、雨が降り始めた。狭いあじさい路(眺望散策路)は、撮影する人と傘のせいで渋滞していた。シーズン中の週末は、入場制限になるので、それでも空いていた方かもしれない。この季節に初めて来たが、斜面に咲くアジサイは見ごたえがあり、熱心に撮影している人も多かった。

ワタクシは、スマホなので、こんなもん…。実際は、もっと迫力があり綺麗。

20160607-4.jpg

綺麗な苔に囲まれた良縁地蔵が可愛かった。

20160607-3.jpg
posted by ワタクシ at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&お出かけ

2016年06月11日

オアシスリングのアレンジメント

今回使用したのは、ドーナッツの形をしたオアシスリング。こちらは壁掛けにもできるらしいが、今回はテーブルフラワーに使用。

初めてオアシスリングを使ったが、アレンジしやすく、グリーンなども多用しやすいので、今後、個人的に取り入れたい。

テーブル置きにする場合、正面を作らず、全方向から見ることを考えてアレンジをする。

使用した花材は、バラ、トルコキキョウ、ひまわり、ピンポンマム(丸い菊)、アジサイ、モナルダ、ポリシャス、ベビーハンズ。

季節の花として使用したアジサイは、長持ちせず、2日ほどで真っ先に枯れてしまった(笑)

201606011.jpg

グリーンが多いので、華やかながらも爽やかな感じ。
大きなオアシスリングを入れる花器があるはずもなく、ド派手なクリスマスのパーティプレートが不釣り合いなのが残念。

2016年06月12日

午前十時の映画祭7「マイ・フェア・レディ」

マイ・フェア・レディ
制作国:アメリカ
公開年:1964年
主演:オードリー・ヘプバーン

201606012.jpg

制作はアメリカだが、舞台はイギリス。
下町生まれの下品な言葉遣いをする貧しい花売り娘イライザを言語学の教授が社交場にも出られるようなレディに育てるという話で、ロマンチックコメディ。マイ・フェア・レディは、舞台でも有名だが、映画もミュージカル。

でたらめな発音で下品な英語を使う貧しい姿のイライザが、オードリー・ヘプバーン本人だと最初は分からなかったほど、しゃべり方や雰囲気が別人のようだったことに驚いた。

階級社会が色濃く残る時代なので、仕方がないが、階級差別、とりわけ男尊女卑のセリフが多く、現代の価値観で見ると、ちょっと嫌な気分に…。また、どちらかといえばミュージカルは苦手なので、3時間は長かった。初見だったが、一度見ればいいかなと…。

この時のヘプバーンは、ローマの休日の約10年後、30代半ばだった。ローマの休日のような若々しさや初々しさはなかったが、女優としての成長が感じられた。そして、チャーミングさは相変わらずだった。それが見られたことは良かった。



posted by ワタクシ at 12:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。