2004年10月02日

やっと秋の大運動会

雨のために延期になった運動会が催された。1週間待たされた甲斐があり、朝から秋晴れで、強い日差しだった。

20041002.JPGプラカードガールとやらに選ばれたコドモは、プラカードを持って入場行進してきた。プラカードは、小柄な女の子に割り振られることが多いそうだ。

年長にとっては幼稚園最後の運動会。よって、出し物が多いので、そのたびに撮影場所を変えなくてはならないので、コドモに負けず、親も借りた小学校の校庭を走り回っていた。

親子鈴割り、鼓笛隊、組み立て体操、お遊戯、親子ダンス、かけっこ、これだけのものを1学期から練習していて、2学期になってからは、厳しい残暑の中、毎日、汗だくになって練習していた。身体の弱い子の中には、練習の疲れから体調を崩し、園をお休みしたこともあったという。

鼓笛隊では、中太鼓だった。先日、幼稚園へ行った時、中太鼓を教えている他のクラスの先生が「とっても練習がんばっているので、是非、是非、運動会で見てやってください。」と、話に来てくれた。楽器が苦手で、皆と同じことが出来るまでに時間がかかるコドモなので、最初は、トンチンカンだったのだろう。それでも、先生の辛抱強い指導の結果、ようやく出来るようになったので、他のクラスの親を呼び止めてまで、声をかけてくれたのかなぁと推測している。

また、お遊戯を少し間違えてしまったコドモは、同じ円にいた男の子にどやされていたが、へこむことなく、最後まで踊っていた。

かけっこは、見たことのないほど真剣な顔で、顔つきが変わっていたので、ゴールするまで自分のコドモだと気がつかなかった。だって、あんな真剣な顔、家じゃしないよ。でも、順位は、ビリでした…、ハハハ。

親にとっても初めての運動会だったが、家では見ない、気が付かなかったコドモの一面を知り、大変だった練習の成果を楽しく見ることができたので、あっという間に終わってしまった。

次の運動会は、小学校である。子供の成長は早いなぁ。
posted by ワタクシ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2004年10月06日

変身インナー

某玩具メーカーから変身インナーという下着が発売されている。女の子用は、プリキュアとセーラームーンで、コスチュームを思わせるプリントがされている。春に発売された時は、吉祥寺の店で購入した。その後、近隣のスーパーでを探しても見つからず、ネットショップでも売り切れ続出になり、某オークションでも人気の品だった。

子供というものは、大人には理解し難い執着心を物へ向けることがあり、「これじゃないと嫌だ。」と、大人の都合など考えずに一歩も引かないときがある。このシャツが、まさにそうだった。

20041006.JPG春に買ったインナーは、夏の間、フル回転だった。洗濯をさぼると「今日はお洗濯したの?」と矢のような催促をされ、洗濯リングにぶら下がっているシャツを、自ら取り込むほどだった。毎日のように着ていたシャツは、ひと夏で、プリントがボロボロのガビガビになった。

他の下着を買っても着てもらえないし、そこまで気に入っているなら、ということで、新発売になった半袖のインナーを3セット注文し、本日、届けられた。これで、「早く洗濯して〜」から解放されることだろう。
posted by ワタクシ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2004年10月28日

インフルエンザの予防接種

またまた今年もインフルエンザの予防接種の時期になった。2週間くらい前に、予約を入れ、1回目を接種してきた。

今年の冬は、幼稚園関係で忙しく、インフルエンザにでもかかったらヒンシュク者になりかねないので、ワタクシも予防接種を受けることにした。大人になってから初めてである。

ワクチン不足の騒ぎがあった昨年に比べると、今年はワクチンが潤沢にあるのか、まだ親もノンキに構えている時期なのか、まだ予約可となっていた。

久しぶりの注射に顔をしかめたワタクシに「ママ、注射は痛いもんなんだよ。」と諭すコドモ。これには、先生も看護婦さんも大笑いだった。

朝一の予約だったので、医院を出た時、まだ9時前だった。朝食抜きだったコドモに、1年ぶりくらいに朝マックを食べさせ、帰宅した。

午後は、幼稚園のお友達が遊びに来た。入園して1年になるというのに、自宅に招いたのは初めて。長い間、親しい人も出来なかったし、オットが在宅勤務している時、幼稚園の人は呼びたくないからである。

子供は、子供部屋で大騒ぎで、様子を見に行ったら、コドモが真っ裸で部屋を走り回っているではないか!!ヲイヲイ…、はしゃぎすぎだよ。

真っ暗になった頃、お開きとなった。
posted by ワタクシ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2004年11月03日

コドモの発熱

昨晩、寝る前に、寝ているコドモの様子を見に行った。一目で、いつもと違うことに気付き、額に手を当てたら、とても熱い。熱を計ったら39℃。38.5℃を越えると熱性けいれんを起こしやすくなる体質なので、高熱は要注意なのだ。

最後に熱を出したのは、3学期が始まって間もない1月上旬だった。その間、医者要らずだったので、あいにく、処方されたけいれん止めの座薬を切らしていた。解熱作用のあるタイレノールを飲ませ、アイスノンを頭にあて、深夜まで様子を見ていた。

今朝、元気いっぱいに起きたコドモだったが、熱はあまり下がっていなかった。一日中、38〜39℃の間を行ったり来たりで、熱が下がる気配はない。

幸い、他の症状は全くなく、食欲も普通にあるので、医者に連れて行かずに、数日間、様子を見ようと思う。以前、発熱だけの症状で医者へ行った時に、熱以外に風邪の諸症状がない場合、解熱剤くらいしか出す薬がないと言われたからである。

毎月のように高熱を出していた1才の頃は、高熱、中耳炎、喉、熱性けいれんを伴うことが多く、しょっちゅう医者にかかっていたが、成長とともに、ずいぶん丈夫になった。また、食べたい物、他に具合悪いところがないのかも本人から聞けるので、看病も楽である。

夏休みもよく遊んでいたし、2学期が始まってからは、連日、運動会の練習、遠足もあり、のんびりする期間がなく、忙しい日が続いていた。新入園児受付等で、今週は、登園日が木曜日しかないので、明日は園を休ませ、そのまま週末までノンビリ休ませようと思う。

しかし、残念なのは、ず〜っと前から、明日、友人と遊ぶ約束をしていたのに、キャンセルしなくてはならなかったこと。10ヶ月ぶりの熱が、こんな日にぶつかるなんて、タイミング悪いなぁ。近いうちに、予定を立て直しましょう。
posted by ワタクシ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2004年11月29日

お遊戯会リハーサル

などのお手伝いのため、朝一、コドモと一緒に登園した。

演目は知っていたが、衣装をつけた姿を見るのは初めてである。それなりに見えるものだ。

当日は、慌しいため、事前の記念撮影も行われた。子供達は、先生に言われるがままに決めのポーズをするが、なかなか綺麗に揃わない。担任の先生は皆優しいが、約一名そうでない先生がいて、コドモは腕の上げ方が足らないと怒られていた。まるで、ワタクシ自身が怒られているような、身がすくむ思いがした。もちろん、他の子供達も同じようなことで怒られていた。

「そんなに色々やらせなくても…。」「厳しすぎるよねぇ…。」「子供には難しすぎるんじゃ…。」と、小声でささやく母達の声が聞こえた。

他の幼稚園に入ったことがないので分からないが、お遊戯や運動会の練習って、こんなものなのだろうか?

自宅に戻ったのは、昼もとうに過ぎていて、腹ペコ状態だった。明日も同じスケジュールでお手伝いに行くので、親も大変である。ましてや若くないんだし…。
posted by ワタクシ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。