2006年03月20日

実力テストの結果

先日、コドモが某教室で受けた実力テスト(診断テスト)の結果が戻ってきた。

先生からは、「テストの結果が良くない。」というニュアンスで話を切り出された。

ワタクシなりにコドモが苦手とする箇所、問題形式は把握していたつもりだった。だから、学校以外のテストでは、高得点は難しいかなと考え、まずは経験として受けさせ、結果は問わないつもりだった。コドモには「一所懸命、テストに集中すればいい。結果は気にしなくてもいいよ。」と、話していた。

という話を先生にしたら「お優しいんですね。でも、ゆとり教育で学校の授業は手薄になってますし、勉強は積み重ねなんですよ。」と、ワタクシのノンキっぷりに面食らった様子だった。

ん〜、でもさ〜、コドモはさぼってたわけじゃないし、要領が悪いなりに一所懸命やってきた結果を責めても仕方がないし、その後、どうするかを考えればいいんじゃないかなぁと思っていたのよ。このテストは、結果=終わりではなく、何かをするきっかけ=始まり、現実を知る道具ぐらいに思っていたのよね。

話し終えた後、結果を見た。国語86点、算数73点 だった。

先生のお話からは、30点とか50点を想像していたが、不出来なワタクシの子供としては、良い点数だよ、がんばった。でも、この点数だと、ゆとり教育の手薄の結果とみなされるようだ。世の中、厳しいね…、それとも、ワタクシが甘いのかしら。

本人は、結果を気にすることなく、課題のプリントに取り組んでいた。学校とは違う内容のプリントは楽しいそうで、春休み以後も続けたいとのこと。
継続するか否かは本人次第なので、お任せである。
posted by ワタクシ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2006年03月24日

終了式/フロントガラスの交換

コドモは、無事に終了式を迎えた。といっても、昔のように、「終了式に出て、通信簿もらって、さよなら〜」ではなく、最後まで、しっかり4時間授業だった。これも、学校が週休二日になった影響なのか!?

コドモは、一時期、クラスの一部の友達から仲間はずれや絶交されていた。理由は、ワタクシが働き始め、預かりクラスに参加する日が多くなり、一緒に下校できなかったり、放課後、遊べなくなったから。くっだらねぇなぁ〜、女は小さい時から意地が悪いよ。

その時期、凹んだ顔して帰ってくる日も多かったので、状況によっては、ワタクシは、仕事を辞めることも考えていたが、それよりも先に、コドモは新しい友達を作り、「ママ、学校楽しくなった、大丈夫だよ。」と、少し元気が復活した。やがて、仲間はずれにもされなくなっていた。友達とのコミュニケーションの取り方を少しは学んだのかな。

以前、プールが一緒だった2学年上のお嬢さんのいるお母さんから「多少の事があっても学校へ通う強さ、毎年のクラス替えに耐えられる社交性があればOK。勉強は、二の次よ。」と言われたが、本当に、その通りだと思った。

心の強さは、大人になっても大事だぞ。次の学年も、その調子でがんばれ!あ、ついでに算数も…。

二度目の通信簿(あゆみ)をもらってきたが、一度目の通信簿とほとんど一緒で、○(目標に対しておおむね満足できる)のオンパレード。

今の通信簿って、絶対評価or相対評価、どちらなんだろう。◎(目標に対して十分満足できる)や△(目標に対して努力が望まれる)が入り混じっている子、◎か△ばかりの子っているのかしら。ナゾだ。

今回、コドモが唯一◎だったのは、生活の「身近な環境や自分についての気付き」という項目のみ。えっと…、コドモは、自分について何を気付いたのでしょうか!?抽象的というか、奥歯に物がはさまったような言い方で、サッパリ分からない。またしてもナゾだ。

所見には、良い事がツラツラと書かれていて、最後に「音読の際には表情豊かに読めました。」となっていた。

実は、コドモは、よく1人ミュージカルをやっている。こっそり部屋を覗くと、部屋全部を舞台に見立て、アクションもつけ、日常会話から笑い悲しみ、苦悩も表現し、アニメや絵本を上演している。あまりにも悦に入った様子に、覗き見しているワタクシは、笑いを堪えるのが大変。

見ようによっては、ちょっと危ない子供だが、劇団員になれば?とアドバイスしたい。ゲラゲラ

***

飛び石によってヒビの入った車のフロントガラスを修理するために、昨日、車をディーラーに預け、今日、戻ってきた。

フロントガラス代9万円、工賃4万円、消費税を入れると約15万円だった。ひぇ〜、高すぎっ!

車の保険で修理することも出来たが、うちの場合、等級が悪いので、今、保険を使うと、契約を継続することが出来なくなるそうだ。車って、お金かかるよね〜、ブツブツ。
posted by ワタクシ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2006年03月29日

誕生日

去年のコドモの誕生日は、大したことをしなかったので、今年はフンパツして、近所で評判の良いケーキ屋さんで、コドモが食べたいケーキを特注で作ってもらった。

20060329.jpgケーキを取りに行くまで、どのように仕上がっているか不安だったが、とても素敵だった。チョコ生クリームとベリー類はたっぷり、ジグゾーパズルを模ったチョコレートをトッピングしている。

お昼頃、ワタクシの両親が誕生日プレゼントを持参して来た。両親からコドモへの今年のプレゼントは、花束、図書カード、ラブ&ベリーの折り紙ケース。何れもコドモが好きな物ばかりなので、大喜びだった。

一緒にお昼やケーキを食べ、両親は夕方前に帰った。

夜、コドモは、○研の科学教室に初めて参加。学校には、理科という教科がないので、理科や実験が目新しいらしく、以前からコドモが希望していた。
実験終了後は、一応、レポート提出をしていた。

春休みが終わっても教室を続けたいらしい。親としては、○研を継続させるよりも、英語を再開させたい。でも、週2の教室とスイミングに、英語を追加したら、コドモはハードスケジュールになるし、ワタクシが対応しきれない。
○研を継続したいと言われるのは予想外だった。あ〜あ…
posted by ワタクシ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2006年04月05日

新学期/interview

新学期が始まりヤレヤレと思ったが、今日は入学式があるため、朝9時に下校してきた。最高気温20度の昨日とはうってかわって、朝から冷たい雨が降っていたので、一張羅を着た新一年生と親御さんは、ちょっと残念だったかな。

朝っぱらからコドモの友達が来たので、せっかくの仕事休みも休んだ気がしない。おまけに2度もコドモに大目玉を食らわせたので疲れた。仕事に行っている方が心身ともに平静でいられる。

クラス替えがあり、念願の1組になったと喜んでいた。クラスが多い(生徒数が多い)ので、前学年の時に同じクラスだった子供は4人しかいなかったそうだが、他のクラスにも友達が多かったので、同じクラスの子には拘っておらず、楽しいクラスになりそうだと期待している様子だった。

親としては、コドモを仲間はずれにしていたクソ生意気な女の子と違うクラスになったのでホッとしている。

担任は、女性で、ずっと高学年を受け持っていたとのこと。低学年は、身体も小さいし素直だけど、小猿の調教は大変だろうなぁ…。(笑)

***

先日、高校入学祝いに音楽ギフト券を贈った親戚の男の子から、「ipodを持っているので、早速CDを買って云々」というお礼のメールが入った。ほ〜、今時の子供はipodを持っているんだ〜。現役高校生の母からのアドバイス、ありがとうございました。

この男の子の下には、3人の弟妹がいて、今春、全員が入園・入学式で、お母さん(従姉妹)は、4日連続で入学(園)式だという。それは知らなかった…、追加で下の子供達にもお祝いを送らないと。

ワタクシなんて、子供1人育てるのに、血圧と息が上がりそうなのに、4人も育てている従姉妹を尊敬するよ。

***

学○の春休み特別クラスが最終日だった。何とな〜く公○の方がいいなぁと思っているワタクシは知らん顔していたが、コドモから「春休みクラスの後も、学○、続けるからね。」と言われてしまった。

夕方、クラスが終わった後、学○の先生から電話が入った。
「今日でクラスは最後だったんですが、いかがでした?コドモちゃんは、人懐こくて元気にご挨拶してくれるので、昔から居るような気がして、居なくなるのは寂しいです〜。」とのこと。

はいはい、正式入会を勧めたいんですよね、コドモを褒めなくても入会は決めてますよ、コドモが。

この先生、30代半ばくらいだと思うんだけど、おニャンコクラブのような昔風のアイドルみたいな可愛い顔と声をしているが、商いは、きっちり出来るようね。(笑)

***

先日、オットのもとに「君に紹介したい良い会社があるんだ。」と、アメリカ人の友人から電話があった。オットは、今すぐ転職したいわけでもないし、突然の話に面食らっていて、遠まわしに断ったが、アメリカ人独自の強引さで、話がどんどん進んでしまい、とうとう、紹介したいという会社のAPAC(Asia Pacific)のトップとinterviewをすることになった。

すでに上場している会社で、市場でもまあまあの株価で、今の会社よりも、安定した大きな会社である。シリコンバレーにオフィスがあるので、米国企業だと思っていたが、英国企業だった。転職した暁には、当然、英国出張もあるそうだ。

本社がアメリカではなく、イギリスと分かり、オットは、ちょっとガッカリした様子だった。
同じ英語圏でも、太平洋に面しているカナダ、アメリカ、オーストラリアは敷居が低いし、地理や気候も良いが、イギリスはちょっと…という感じらしい。

イギリスに住んだり、旅行した人から、良いところだと聞いているし、行けば気に入るかもしれないし、良さを知らないだけかもしれない。でも、オットがネガティブになるのも分かる。

本社がイギリスという以外は、希望する雇用条件ではあったが、「すぐには転職出来ない。」と話したので、断られる可能性も高いかな。

次は、誰がどんな会社を紹介してくれるのやら。
posted by ワタクシ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2006年04月08日

子供のイボ

今年に入ってから、コドモの足の親指の外側に、直径5ミリほどのイボが出来ていて、ぶつけると痛い時もあるという。オットによると、ウオノメではないかとのことだった。

日常生活に支障がなかったし、自然に治るかと思い、放っておいたが、いつまで経っても治らないので、オットが皮膚科に連れて行った。

医師によると、ウィルス性のイボで、傷から感染して出来るとのこと。「プールに通っているでしょう!?」とすぐに言われたほど、プールで感染する場合が多いそうだ。

約6〜8週間、週に1回通院し、液体窒素で治療し、その間、スピール膏を貼り付けておくそうだ。幸い、日常生活には支障がなく、スイミングに通うのもOK。

プールは、プール熱、皮膚や目の病気等、感染しやすい場所ではあるが、それ以上に得るものもあるし、本人楽しく通っているので、止めさせるほどの事ではない。

親子が皮膚科へ行っている間、ワタクシは美容院でデジタルパーマをかけていた。デジタルパーマは4ヶ月おきくらいにかけるのが丁度良いらしいが、油断すると真っ直ぐになろうとするワタクシの髪の毛では、4ヶ月もパーマが持たないので、3ヶ月でかけ直すことにした。

桜が咲き始めてから2週間くらい経つが、美容院のそばにある桜並木は、まだ健在だった。今年は、開花が始まってから寒の戻りがあったため、例年より桜が長く咲いているそうだ。
posted by ワタクシ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。