2006年04月16日

エルビースタイルスクエア

コドモの誕生日プレゼントを買いに、横浜駅へ出かけた。コドモが希望するプレゼントは、エルビースタイルスクエアというラブandベリーのshopで売っているスニーカー。

幸か不幸か、横浜は、そごうと高島屋にあるので、両方のデパートをはしごした。残念ながら、お目当てのスニーカーは生産が追いつかず、入荷予定は全く分からないとのこと。

コドモにスニーカーの入荷を待つか、スニーカーを諦めて、店頭にあった第二候補の洋服、どちらにするかを選ばせたら、案の定、洋服にするとのことだった。いつ手に入るか分からない物よりも、目の前にある物が欲しくなるのは、子供だから仕方がない。

えらく安っぽい黄色のドレスが欲しいとのことだったが、外に着て行かれるような代物ではないので、学校にも着て行かれる半袖のヨットパーカー(約5千円)にしてもらった。迷彩もどきの柄は、ドレスアップカードのカモフラキャッツという洋服の柄だと興奮して話すコドモ。

「は〜、カモフラね〜、そうですか…。」
(全く興味のない話なので、いつも気のない返事しかしないワタクシ)

外にも着て行かれないドレスよりはマシだが、これも十分ヘンテコリンで、スーパーの子供服売り場なら1980円、特売ワゴンなら980円で買えそうだ。

親としては不本意だが、これが今年の誕生日プレゼントである。

ちびまるこちゃんが始まる頃、実家からオットが戻ってきた。来週末あたり、また行くことになりそうだ。
posted by ワタクシ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2006年04月17日

リンゴ病

学校のお昼休みの時間、担任の先生から自宅に電話があったそうだ。
「コドモちゃんの頬が赤いのですが、リンゴ病(伝染性紅斑)ではないでしょうか?」とのこと。

2〜3日前から頬が赤いのは気になっていた。ネットで調べたところ、頬が赤くなるのはリンゴ病が原因の場合が多いとのことだったが、頬が赤い以外にリンゴ病の症状がなかったので、素人の推測に過ぎないのかなと思っていたのだ。でも、多くの子供と接している先生がそう思うなら、間違いないのかも。

潜伏期4日〜14日、発熱を伴うことがあるが、高い熱が長いあいだ続くことはまれ。顔に紅斑が出る時期には、体に抗体が産生されていて、この紅斑時期になるとウイルスも力を失い、人にうつさない、つまり、もう感染力がないこともあるそうで、出席停止にはならないそうだ。

「本人が元気で熱がなければ登校させて構いませんが、気をつけてあげて下さい。」とのことだった。

コドモは、発熱はしなかったと思うが、確かに、ちょっと元気がなかったかも。

今週、オットは、実家に滞在する予定だったので、ほとんど仕事を入れておらず、今日は自宅で休んでいた。オットもいたし、リンゴ病は終息に近いので、ワタクシは、お空が真っ暗けっけになるまで労働していた。
posted by ワタクシ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2006年04月20日

学年最初の授業参観

学年最初の授業参観へ行った。

初めて担任の先生のお顔を見たが、以前、学校で何回か見かけていた。校庭で大きな6年生を従えている姿が印象に残っていたが、やはり、あっけらかんとしたパワフルな先生だった。

授業中、積極的に発言提案する子供もいれば、窓の外を眺めている子供、心ここにあらずのお顔の子供、鉛筆をぼんやり眺めている子供(これはウチの子だ)と色々だ。

教科書Xページ開いて、黒板の問題を書き写して、問題解いて、といった先生からの指示に対して、授業に集中していない子供はアクションが遅れる。

ボンヤリしているコドモを後方から見ながら、「おい、教科書開けって。」「問題書き写せって。」と、イライラするワタクシ。あ〜、どうして、さっさとやらないんだろ、さっさと!!

参観後の懇談会では、自己紹介、役員決め、年間予定の発表が行われた。
今年から、家庭訪問と電話連絡網が廃止になったことには驚いた。

先日、同年代の方と学校名簿の話題で盛り上がったが、昔の学校名簿は、全学年の生徒の父母名、世帯主の職業、住所、電話番号、在校の兄弟姉妹が書かれていた。個人情報保護法など想像もしていなかった時代である。
でもね〜、何かあった時に連絡が取れるよう、せめてクラス内だけの名簿は欲しい。

それに、先生とゆっくり話せて、先生が子供の家庭環境を把握する家庭訪問は廃止にしちゃあいかんよ。
posted by ワタクシ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2006年05月12日

スイミング見物

久しぶりにコドモのスイミングクラスを見物しに行った。

最後の壁が乗り越えられないのか、約1年同じレベルのクラスにいる。後から来た子供達は、どんどん次のレベルに行ってしまうので、コドモは古株である。(笑)

20060512.jpg後から入会した幼稚園時代のお友達は、半年毎にレベルがあがっているが、コドモは1年毎という超スローペース。
いつまでも上のレベルにあがれない、後から来た子供に追い抜かされたりすると、挫折する子供も多いらしいが、コドモはノンキなのか、競争心がないのか、気にすることなく通い続けている。

ワタクシは、そこそこ器用で、物事を習得するのは早かったが、飽きっぽく継続する力がなかった。正確に言うと、ピアノだけは15年間続けたけが、全くモノにならなかった。だから、結果はどうあれ、卑屈にならずマイペースで続けているコドモはエライなぁと思うので、何も言わずに長い目で見ている。

最近、コドモのクラスがある時間帯の生徒は、20数名が男の子、女の子は2〜3人で、クラスの女の子は、コドモ1人だという。身体が大きく、コーチの目を盗んでビート板でチャンバラごっこをやる元気(乱暴)な男の子集団の後ろで、1人ポツンと所在無げに、女の子然として立っているのがコドモ。

でも、泳ぎはそこそこ早く、男の子と1〜2位を争っていた。かけっこは万年ビリでも、水泳なら対等に競争できるようだ。がんばって続けてくれよ。
posted by ワタクシ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2006年05月16日

学校のボランティア募集

コドモが学校に通うようになり、昔の学校とは随分違うなぁと思う事が多い。親からボランティアを募るのも、そのひとつである。

ボランティアの種類は20以上あり、授業のサポート、読み聞かせ、校庭、校舎、備品の整備、掃除、メンテ、美化運動など。

「頭悪いので授業は無理。」「力仕事は長続きしない。」「外は日焼けと埃が嫌。」「土いじりはネイルが傷む。」と、か弱きワガママなワタクシには不向きな仕事ばかり。

と思ったら、あったよ。

HP作成支援!

おお、ワタクシがやらずに誰がやる!?支援じゃなくてメインでよろしくてよ…ということで二重丸にした。同じく屋内の図書室の整理にも立候補しておいた。

HP作成支援になったら、学校のサイトを改革するぞ。だって、今のサイト、全然イケてないし、更新頻度が低い。だから、アクセスが少ないのよ。
posted by ワタクシ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。