2006年08月20日

夏休み終盤

早いもので、コドモの夏休みも残すところ10日ほどになった。

コドモは、日記以外の宿題を7月中に終えたので、8月に入ってからは、遊んでばかりいる。(宿題を早く終わらせるのも良し悪し)就寝と起床時間は1時間近く遅くなっている。

しかし、そうなることは予想の範囲で、頭と生活の軌道修正にもなるようにと、夏休み最後の週は、みっちり習い事を入れてある。

スイミング夏季クラス、ヒップホップダンス、英語、通常の学○、スイミングスクール最後のレク、朝7時からのラジオ体操もある。

それに付き合う親も忙しくなるので、少し遠い大型スーパーに新学期の準備品と食料の買出しに出かけた。

心なしか道が空いていて、駅前を歩いている人も少ないし、スーパーのレジも、いつもの大行列がなかった。夏休みも終わりが近づいてきたので、皆さん、どこかへ遊びに行っているのかな、それとも、お盆直後で出控えているのかな。

夏休み開始直後の活気が、街中から消えつつあるのを感じた。
posted by ワタクシ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2006年08月25日

ラジオ体操

昔、夏休みのラジオ体操は、お盆時期以外、夏休み全ての日に行われ、NHKのラジオ体操が始まる6時半に開始、第一、第二体操共に行っていた。ラジオ体操が行われる公園はもちろん、近所中響き渡るフルボリュームでラジオから音楽が流れた。子供はもちろんだが、近隣に住む自治会や子供会関係者、早起きが日課の高齢の方々、スポーツ好きな出勤前のお父さん、子供達と一緒に来た父母、毎年必ずラジオ体操のお手本になる近所のおじさん達(消防士さんと消防団の方々)を中心に、朝から地域が一丸となり、活気があったものだ。

昔話はさておき…
今週、平日5日間だけ、朝7時から夏休みのラジオ体操が行われていた。今日、ラジオ体操の当番だったので、6時半前に起きた。絶対にスッピンでは外に出ないので、ギリギリまで寝てられないのがツライところ。(笑)

当番は、日替わりで、役員を含む数人のお母さんが集まり、ラジオ体操が行われる公園までの道路に立ち、車や不審者から子供を守り、一緒に体操をするというのがお役目である。

初めてラジオ体操に参加したが、予想以上に子供の集まりが悪い。ラジオ体操の音楽は録音。近隣の迷惑になるとかで、体操をする子供に聞こえるか聞こえないかの小さい音だった。あんな小さな音じゃ、目も覚めないよ…。おまけに第一しか行わない。昔と色々な違いがあることに驚いた。

今の時代、子供も大人も夜更かしの傾向になり、夏休みといっても、仕事等で忙しい親が多いし、子供は習い事で忙しい。よって、ラジオ体操自体が疎んじられているという。ワタクシは「苦手=早起き」なので、分からなくもないが、子供時代の思い出のひとつが、また廃れようとしていることに寂しさを感じる。

***

今週のコドモは、スイミングを中心に、午前、午後一、夕方と日に3つの習い事が入っていた。無駄のない完璧なスケジューリングに自画自賛のワタクシ。昔取った杵柄とでもいいましょうか…。

「ちょっと詰め込みすぎだよ…。」と、オットは苦笑いをしているが、コドモときたら、暇を持て余しても、外に遊びに行くことはほとんどなく、友達を遊びに誘うこともなく、エアコンのきいた部屋で図鑑か本を読んでばかり。

子供の成長には、偏りのない食事はもちろんだが、体を動かすことも、必須だと思っている。しかし、ワタクシ達はアウトドアが苦手なオタク系なので、コドモと一緒に外で遊ぶ機会はあまりない。

今日のコドモは、午前と夕方にスイミングが入っていて、トータルで250メートルくらいは泳いでいるので、体力的にキツイとは思うが、子供は回復力が早いし、動いてナンボのもんなので、たまには、こういう日があっても良い。
posted by ワタクシ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2006年08月26日

目標達成/荒崎海岸

コドモが通っている夏季集中スイミングクラスの最終日。タイムや距離を計るテストがあり、クロール25メートル泳げるようになっていた。7月末に参加した前半の夏季クラスでは、まだ息継ぎを教わっていなかったので、クロールは7メートルだったが、後半の夏季クラスでは、息継ぎを教わったので、一気に泳げる距離が伸びたようだ。

クロールも背泳も、まだ手の動きがぎこちなく、完成にはあと一歩だが、25メートル泳げることを目標にしていたので、スクール閉鎖と同時にスイミングは一旦辞めさせることにした。

今後、機会があれば、他のスクールの短期レッスンを受けさせ、また本人がやる気になったら、再開させようと思う。

今年の夏、クロールで25メートル泳げるようになるとは思っていなかったので、テストを見学していて驚いた。

ハードスケジュールだった夏季クラスで筋肉痛になっても、雪が降る寒い日、遠足で疲れた日、行きたくなかった日も、がんばって通った甲斐があった。スクール閉鎖前に目標達成できて本当に良かった。

***

比較的涼しい日で、この時期の海はそれほど混雑しないだろうと、以前からコドモが行きたがっていた貝拾いをするために、三浦半島一の美しい海岸線といわれている荒崎海岸へ行った。

バーベキューや釣り人で賑やかな場所には、ヤドカリや1cmにも満たない小さな巻き貝がわさわさいて、カニや魚もいた。生きている貝を見学した後、歩き進めると、2ヶ所ほど貝がたまっている場所がり、小さなタカラガイ、タカセガイなど巻き貝がたくさんあった。

ところで、海岸に打ち寄せられたものを拾い集めることをビーチコーミング(漂着物収集)と言って、専門書も出ている。ワタクシが、貝を拾うようになったのは、収集したシーグラスや貝でランプやインテリアを作り紹介している人のサイトを見たのがきっかけ。しかし、手作りのセンスとアイデアが皆無なので、貝はたくさん拾ったが、何ひとつ作っていない。はぁ〜

貝拾いに飽きたところで、海岸の上にある荒崎公園へ虫捕りに行った。子供の頃に体得したことは忘れないようで、野生児だったワタクシは、飛んでいるトンボを虫網で捕まえ、コドモに見せてあげたら、尊敬の眼差しだった。トンボは、昆虫の中で最も飛ぶ速度が早いと言われていて、飛んでいるトンボを捕まえるのは、結構、難しいのだ。

「オマエに掴まるようなトンボは弱っているんだと、子供の頃、おじさんによく言われたよ。」と、オットは負け惜しみを言っていた。
「もし小学校の時に、ワタクシ達が同じクラスだったら"男のくせに、虫も捕まえられないなんて、だっせぇ〜なぁ"って、ワタクシにいじめられてたよ。」と言ったら
「コドモちゃんは、こんな乱暴者にならないでね。」だと。悔しかったら、捕まえてみろってんだっ。(笑)

話は戻り、荒崎公園は自然を生かした公園なので原っぱや木が多く、クロアゲハ、ベニシジミ、バッタ、無数のトンボがいた。また、ここからは、夕日と富士山が綺麗に見えるので、ハイキングやピクニックに人気らしい。

今日、初めて荒崎海岸に行ったが、貝拾いと虫取りの両方が楽しめる、ウチにとっては、「一粒で二度美味しい」なので、もう少し涼しくなったら、また行こうと思う。
posted by ワタクシ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2006年08月27日

スイミング最後のイベント

コドモが通っているスイミングスクールの最後のイベント「さよなら会」が開かれた。すでに退会した人、会員の家族など関係者は誰でも参加できた。慣れたプールだし、コーチもいるので、親の出る幕ではないだろうと、コドモだけ参加させて、ワタクシは観覧席から見物していた。

レクやクイズ、景品が当たるクジ引き大会など盛りだくさんの内容で盛り上がっていた。最後は、各コーチからの挨拶(観覧席には聞こえなかった)があり、約3時間のイベントが終了した。

皆言っていたが、閉鎖するには惜しいスクールだ。買い取り価格のン億円をポ〜ンと出せれば、ワタクシが買い取り、存続させたい。世の中、お金だよね…。(涙)

*プライバシー保護のため写真を暗くしております
posted by ワタクシ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2006年08月28日

夏休み終了

コドモの夏休みは今日が最後。明日から、新学期でも2学期でもなく1学期後半とやらが始まる。

残業だったので自宅に着いた頃は真っ暗で、慌てて夕飯を食べ、明日の時間割を一緒に揃えた。夏休み明けは、学校へ持参する物も多いし、1ヶ月ぶりに時間割をするコドモは「ポケラ〜ン」として、学校にいつも持って行くものすら忘れていた。

今年の夏休みは、スイミング目標達成、毎日欠かさず宿題の日記を書けたし、昆虫や海の生き物の名前もずいぶん覚えた。有効に過ごせたのではないだろうか。

そして、何よりの収穫は、夏休み中に身長が3cm(自宅にて計測)も伸びたこと。単純計算で、夏休みは、毎日1mm、背が高くなっていたことになる。毎日背が伸びるって、どんな感じなんだろう!?それでも相変わらず、おチビちゃんだけど。

次の長期休みは、運動会の練習に明け暮れた後の秋休みである。
posted by ワタクシ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。