2006年12月25日

クリスマスの朝

20061225.jpg朝起きると、コドモはすでに起きていて、サンタからもらったゲーム「ロンポス」で遊んでいた。

去年までは、「サンタが来た。」「サンタからもらった物だ。」と、無邪気に喜び飛んでくるようにして報告してくれたのに、「これがロンポスだよ。遊んでいるんだ。楽しいよ。」と、言うと、静かにゲームを続けていた。

ん〜、いよいよお役目も終わりなのだろうか。

その後、休みモードの家族がいる温かい部屋から、まだ休みじゃないワタクシは北風に吹かれながら出社した。クリスマスが終わり、家族も冬休みだと、家から出たくないし、気が抜ける。そんな気持ちとは裏腹に年内に片付けなくてはいけない仕事が予想以上に多く、オットに夕飯の準備を任せ、残業をしていた。
posted by ワタクシ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2007年01月09日

後期の後半がスタート

長い冬休みが終わり、コドモの学校では後期の後半が始まった。
冬休みの間、学校の宿題はなく、学○のプリントだけ取り組んでいたので、コドモは、かなりボケボケしている様子。

先週の金曜日の夜に39℃近い高熱を出し、翌朝からは微熱になり、食欲はなく、日に1〜2回、一口嘔吐、ゆるい便をしていたので(嘔吐下痢がひどくないのでノロではなさそう)、冬休み最後は家に閉じこもっていたので、身体も鈍っている様子だった。

量は少ないが朝食をとり、気持ち悪くないというので、登校させた。オット曰く、帰宅した時は元気そうな顔だったらしいが、まだ食欲は復活していない。

そんな感じで体調が復活しないまま学校が始まった。
posted by ワタクシ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2007年01月11日

自家中毒症

一昨日、体調が良くなったように見えたコドモは、昨日、給食を食べた後、吐いてしまったとのこと。その後、授業は受けたが、顔色も良くないので、様子を見てくださいと先生から連絡があった。

昨晩も夕飯を食べなかったし、顔色も悪く、気持ち悪さが続いているとのことだったので、学校を休ませ、医者へ連れて行った。

時節柄、ワタクシはノロウィルスを疑ったが、先生によると、ノロの嘔吐と下痢はもっとひどく、別の病気の疑いがあるので、尿検査をした。

尿検査の結果、KET(ケトン)とSG(比重)が通常より多いので、自家中毒症と診断された。自家中毒症は、どちらかといえば心因性で、神経質な子供がかかりやすいと言われている。ストレスやプレッシャー、環境の変化、また疲れや風邪がきっかけで起こることが多く、原因が特定でき、それを排除すれば直るし、また自然治癒もする。
稀に、もっと深刻な病気の場合もあるそうだが、しっかりと意識もあり病院まで来ることが出来たので、現時点ではその心配はないようだ。

ワタクシも子供の頃は、遠足など疲れるイベントの後には自家中毒症になることが多く、ひどい時は、固形物が全く食べられなかったことを覚えている。いつの間にか誰にも負けないほど太い神経になってしまったが、子供の頃は神経が細く、神経質な子供と言われたものだ。

先生からは「お母さん、あんまり厳しいこと言わないで、ノンビリ休ませてあげてください。」とご指導された。ワタクシ、厳しいですかね!?たらーっ(汗)

それと、中耳炎の所見があるので、先週末の熱は中耳炎が原因らしい。抗生剤を出すが、先月も中耳炎になっているため、慢性にならないよう気をつけなさいとのことだった。

感染力の強いノロウィルスではなかったので、ひと安心だが、自家中毒の原因は気になる。帰省疲れか、通学が苦痛だったのか、親が口うるさいせいなのか…。

まだ食欲がなく、昼寝をした後も吐き戻したが、回復しつつあるのか学年誌の付録を作って遊んでいる。
posted by ワタクシ at 16:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2007年01月15日

コドモ復活

体調を崩していたコドモは、昨日から完全復活した様子だったので、今朝はいつも通りに起こしたが、体調が何となく優れないのか、昨日まで冬休みの延長のような生活で怠けグセがついたのか「今日も学校休みたい、行きたくない。」と言っていた。

コドモからこのような訴えがあった場合、自分の身体ではないので、コドモの具合悪さの程度が判断できないため、熱がなければ登校させている。

給食を吐いてしまった朝も今朝と同様のことを言っていたが、「具合が悪くて我慢出来なかったら先生に言って早退してもいいから、とりあえず学校に行きなさい。」と送り出したのだ。結局、気持ち悪くなっても、吐いた後も早退することなく、優れない顔色で授業を受け続けていた。

ある程度の年齢になると、学校や会社で具合が悪くなりそうだったら、ましてや吐きそうなほど気持ち悪くなったら、早退することを真っ先に考えるが、コドモは、高熱が出たり、先生に帰りなさいと言われない限り、早退という選択をしないことを知った。

コドモの訴えを軽んじ、コドモの体調を見極めることができず登校させた自分を責めましたよ…。もうやだ〜(悲しい顔)

そのような事があったので、今朝、コドモの話を聞きながら、「もう1日休ませようか…。」と悩んでいたが、一昨日から吐き戻していないので、とりあえず登校させることにし「気持ち悪くなったら帰って良い。」と、何度も念を押して学校に行かせた。

「コドモは下校途中に学○にも寄って、学○のお友達が遊びに来ている。」と、夕方、在宅しているオットからメールが入った。コドモが学校で具合悪くなっていないか、仕事中も心配だったので、ホッとした。ようやく完全復活したようだ。
posted by ワタクシ at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2007年01月24日

Wii Sports対決

昨日今日と子供の友達(同一人物)が遊びに来た。お目当ては、我が家のWiiである。

コドモは、外に遊びに行くのも嫌いだし、友達と遊ぶよりDSがしたいと、下校後、友達と遊ぶ事をほとんどせず、ここ1〜2ヶ月は家で1人で遊ぶことが多かった。だから、目的は何であれ友達が遊びに来てくれるのは喜ばしいことである。

DSのような携帯型ゲーム機は、1人が1台に没頭してしまうが、テレビにつなぐゲーム機で対戦型ゲームソフトだと、負けて悔しい気持ちを抑え、負けた友達をなぐさめ、順番を譲り合ったりとコミュニケーションを取りながら遊んでいるので、普段親としかゲームをしないコドモにとっては良い経験になっているようだ。少し前に比べると、お友達に対するコドモの態度が少し柔和になっていることに驚いた。

遊びに来たコドモの友達は、運動神経が良いことで有名で、コドモとは対照的である。最近、コドモは運動への苦手意識が強くなり、「下手でも楽しむ。」ことすら出来なくなっていたが、Wii Sportでは、運動神経バツグンの友達と互角に戦っているので、少し気持ちが復活した様子。わーい(嬉しい顔)

コドモの友達から「コドモちゃんのお母さんとも戦いたい。」と言われたので、挑戦を受けて立つことにした。パンチ

コドモの友達は、運動神経が良いだけあり、自然に身体が動かすことが出来るし、上達が早い。手加減せず、真剣勝負をしたので、何とかワタクシが勝ったが抜かされる日は近いかも。

実際、ワタクシのボーリングの最高スコア(家庭内最高スコアでもある)は、15ゲームもして、やっと208になったというのに、コドモの友達は、たった4ゲームで最高スコアが191なのだ。恐ろしい運動神経だ。

本日は、3時間以上も若い2人を相手にWii Sportに興じていたので、クタクタである。ワタクシ、気持ちに身体がついていかない難しいお年頃になったようだ。バッド(下向き矢印)
posted by ワタクシ at 23:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 子供・学校
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。