2007年02月06日

イケメンの転入生

「来週、クラスに転校生が来るんだ。でも男子だからサイアク〜爆弾」と、先週、コドモから聞いた。

コドモ情報によると、転校生は、イタリアからやってくる男の子で、あまり日本語が出来ない、おまけに名前が外人名(イギリス系ではあったが)。となると、帰国子女ではなく、生粋のイタリア人かexclamation&question

イタリアといえば、元祖チョイワルオヤジのパンツェッタ・ジローラモ、イタリアの伊達男等、「イイ男の産地・イタリア黒ハート」がワタクシの頭を駆け巡った。

「いや、サイアクではなく、ぴかぴか(新しい)サイコーぴかぴか(新しい)の男子かもしれん。仲良くなって、うちに遊びに来てもらいなさい。」と、コドモに指令を出した。

が、

「ママ〜、何だか嬉しそうだね。私の親友が引っ越して、1人減ったから転校生が来るんだよバッド(下向き矢印)」と、コドモはポツンとつぶやいた。

「最近、ママは枯れちゃってるから、舞い上がってるんだ。許してあげなよバッド(下向き矢印)」と、オットはコドモを慰めていた。

イタリア男に舞い上がったワタクシは、家族から冷たい視線を向けられていた。

本日、イタリア男子がクラスにやってくるはずだったのだが…

やってきたのは、イタリア男子ではなく、南半球の大陸からで、聞いていた外人名のラストネームが日本名になっていて、日常会話の日本語には困らないという。また、クラスにご挨拶にやってきたお母様は日本人だったとのこと。

当初、聞いていた人物像とは随分異なるが、コドモ情報では、よくあることだ。舞い上がって損したよ…。

「J君(転校生の名前)、髪の毛と目が茶色で、外人っぽくて、なかなかのイケメンなんだよるんるんるんるん」と、コドモは嬉しそうだった。彼がイケメンだったので、親友が引っ越した後釜だということを忘れた模様…。

生粋のイタリア男子ではなかったが、ハーフかもしれん。早く日本の学校に慣れるといいね。
それにしても、次の日から、コドモはいつにも増して服装や髪形に気を使っているのがヒジョーに笑える。
posted by ワタクシ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2007年02月10日

偉人の伝記

コドモが通っている学○教室には、絵本や図鑑、偉人の伝記があり、コドモは、一緒に帰る友達を待っている時間によく読むそうだ。

そのおかげで、今まで興味を示さなかった「偉人の伝記」に強く興味を持つようになり、家でゆっくり読みたいとのこと。

最初に買って欲しいと言ったのが「プリンセス・ダイアナ」だった。プリンセスというと、シンデレラや白雪姫といった架空の人物というのが常識だったコドモにとって、現実世界のプリンセスという地位や人物に興味を持ったらしい。

数日前、学○教室から戻ると「キリスト、ジョイ・アダムソン、レオナルド・ダ・ビンチ、ファーブルの伝記が欲しい。」とのこと。

特に、キリストに強く興味を持ったようで、キリストの歴史について細々と聞かれたが、何も答えられなかった。また、ジョイ・アダムソンは、名前すら知らなかった。

きっと、コドモは「お母さんって、何にも知らないんだ〜」と思ったに違いないバッド(下向き矢印)

20070210.jpg
一緒に本屋へ行く時間がなかったので、人海戦術のAmazonで頼んだら、翌々日に到着した。

このシリーズは、漫画なので読みやすいし、国や地域、難しい言葉には注釈がついているので理解を深めることが出来る。

「何も知らない母」を返上するために、コドモと一緒に一通り読んだが、うろ覚えだった偉人の生涯を新たに認識することが出来て、非常に面白かった。驚いたのは、ファーブルが91歳まで生きたということ。91歳といえば、当時としては、かなりの長寿だったのではないだろうか。

残念ながら、キリストの本は数ページ読んだところで断念眠い(睡眠)ワタクシは、つくづく神や仏に興味がないらしい。でも、コドモはキリストの伝記を何度も読み返していたので、もうワタクシにキリストのことを聞くこともないだろう。

次に、コドモが欲しい伝記は「ナイチン・ゲール、クララ・シューマン」とのこと。新たなジャンルの本に興味を持ったことは喜ばしいことである。

伝記の漫画を読んでいて、ワタクシが小学生だった時に、学研の「ひみつシリーズ」を読み漁っていたことを思い出し、懐かしかった。

普通の漫画は買ってくれない親だったが、ひみつシリーズだけは、役に立つ漫画ということで、欲しい分だけ親が買ってくれた。当時、発売されていた「ひみつシリーズ」を全巻揃えて、表紙がぼろぼろになるまで何度も読み返した。
小学校の先生から「物知り」と褒められることが多かったが、物知りの源は「ひみつシリーズ」だった。きっと、今読んでも面白いと思う。
posted by ワタクシ at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2007年02月15日

学年最後の授業参観

今学年最後の授業参観に行った。最後のせいか、いつもより参観する親が多かった。

1年間の一番の思い出について各自書いた作文を1人づつ前に出て読み上げるという授業だった。「もっと大きな声で。」と先生に言われても、恥ずかしいのか、小さな声で読む子供が多く、昨晩の疲れが残っている老母の眠気眠い(睡眠)を誘った。コドモが読み終わったらすぐに帰ろうと思っていたが、コドモの番になったのは授業終了10分前…。世の中、そんなもんだよふらふら

が、肝心なコドモはニヤニヤモジモジして、いつまでも作文を読み始めない。家で悪態ついている時の大声はどうした?友達と話す時の強い口調はどこへ行った?

せっかちなワタクシは、コドモの様子にイライラしたが、ワタクシが怖い顔をすると、コドモが萎縮するので、平静を装いながら見ていたら、コドモと目が合った。すると、コドモは気分を取り直し、ボツボツを作文を読み始めた。

ワタクシに似て物怖じしない性格だと思っていたが、意外にそうでもないようだ。

子供達は、この1年で、より小学生らしい顔つきになり、背も伸び、成長したなぁというのが今回の感想。
posted by ワタクシ at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2007年02月20日

インフルエンザ流行情報

気候のせいか、昨年末のノロウィルスの流行で予防意識が高まったせいなのか理由は分からないが、今のところ、学校や仕事関係でインフルエンザにかかったという人は皆無である。

そうはいっても、友人のお子様の幼稚園ではインフルエンザにかかった子供がいる(早実の王子も揺れるハート)というので、誰もかかっていないわけではない。コドモが寝込むと仕事を休まなくてはいけない働く母としては、今後の流行の拡大が気になるので、「国立感染症研究所の感染症情報センター」というサイト内にある「インフルエンザ流行レベルマップ」というのを定期的にチェックしている。

最新の2月20日現在の情報によると、神奈川県は注意報だが、東国原知事の宮崎県は警報バッド(下向き矢印)になっている。

神奈川県を市町村別に、さらに詳しく見ると、友人が住む区はインフルエンザ患者がいるという黄色になっている。ワタクシの住む区では、0人だが、周囲の区には患者がいるので、ウィルスが区内に入ってくる日も近いだろう。がく〜(落胆した顔)

インフルエンザが流行し始めたのが少し遅かった一昨年、コドモは3月にかかったので、まだまだ油断は出来ない。

このような情報が得られるサイトは多くないので、参考になるし、なかなか興味深いひらめき。皆様がお住まいになっている地域はいかがですか?わーい(嬉しい顔)
posted by ワタクシ at 19:45 | Comment(4) | TrackBack(0) | 子供・学校

2007年02月28日

コドモの早退

「天気もいいし散歩がてらお出かけしようかなぁ揺れるハート」と、平日休みの至福を味わっていたら、電話が鳴った。かけてきたのは、コドモの学校の保健室の先生で、嫌な予感が的中した。

「熱もなく吐き気もないのですが、気持ち悪くて休んでいて、早退を希望しているので、お迎えにきてください。」とのこと。

朝から親子丼2杯食べたから気持ち悪いんじゃないでしょうか…
給食の時間に牛乳を飲まされるのが嫌だからじゃないでしょうか…
早退には値しないので、そのまま学校に居させてもらえないでしょうか…

母の心のつぶやきは誰にも聞かれないようにしまいこみ、学校へ迎えに行った。

保健室でコドモが寝ているベッドを覗き込んだ目ら、具合悪そうな表情のお面をかぶっているが、その下は「早退できるるんるん」という嬉しそうな気持ちが隠れていたし、体調も至って普通なことが一目で分かったふらふら

あ〜、母親の千里眼目は恐ろしい。ワタクシも数々の仮病にかかったが、親は全部分かっていたんじゃないだろうか。

案の定、コドモは校門を出た途端に、お面を捨てて「今日のオヤツな〜に?」だとちっ(怒った顔)

教室に戻らせたかったが、早退した生徒が戻ってきても学校側は困るだろうから、止めておいた。

家に着いたら、すっかり具合が良くなったそうで、お昼もおやつもしっかり食べて、ドラえもんを読んでゲラゲラ笑い、ラブベリのDVDを見ながら、歌って踊っている。至って普通、普通なのだよ。

「貴重な平日休みの昼間、何故オマエがいるのだexclamation&questionむかっ(怒り)

早退しても楽しい事ばかりではないという戒めのために、ゲーム禁止、○研と学校の宿題はやらせた。

明日は学校へ行くそうだ…(当たり前だっ爆弾
posted by ワタクシ at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。