2007年07月01日

自転車の練習

何もない休日は自転車の練習パンチということで、近所の大きな公園へ行った。

20070701.jpg前回の練習で補助輪は外した後、スタンドをつけられてしまったので、後戻りは出来ないコドモたらーっ(汗)。今日は最初から補助輪ナシで練習開始。

かけっこで万年ビリの運動神経なのに、ほんの僅かな練習で補助輪を外せるようになっただけでGood job手(チョキ)で、あとはノンビリ練習すれば…とワタクシは思っているのだが、オットは容赦なく叱るので、コドモは半べそになっていた。それでも、コドモは練習を止めないので、成長したなぁとも思うし、早く自転車に乗れるようになりたいのだろう。

練習を始めてから1時間半くらいしたら、比較的安定した様子で、公園内のグラウンドをスイスイ走ることが出来た。
コドモ曰く「何か分かった気がするひらめき」と、興奮した様子。

まだ100%確実ではないし、ハンドルで方向転換が出来ないが、長い距離を走れるようになった。あと1〜2回の練習で体得しそうである。
posted by ワタクシ at 23:26 | Comment(2) | 子供・学校

2007年07月08日

怪談レストラン

最近、コドモのクラスでは、怪談レストランモバQという本が流行っている。

全シリーズで47巻も発売されていて、今後も続く予定だ。それぞれの巻のテーマにちなんだ短い怪談話が1冊にまとめられている。1話が短く、内容が富んでいるため、読みやすいのも、人気のヒミツかもしれない。

クラスには、全巻揃えている子供もいるそうだが、ほとんどの子供は数冊しか所持しておらず、図書室で借りたり、友達と貸し借りをするのがブームになっている。

そのようなわけで、コドモも図書室やお友達が持っていない本が欲しいとのことなので、実家へ遊びに行った時、地元の本屋で2冊購入した。

夫婦2人で居ると煮詰まるのか、「お父さんも話したいだろうし、遊びに来てくれると嬉しいなぁ。」というようなことを母に言われたので、遊びに行ったが、特別な話もなく、いつも通り世間話をして帰って来た。
それでも、コドモと話したり、一緒に食事をし、気分転換になったようだ。思いがけないところで、孫パワーを感じ、コドモに感謝する。

でも、学校の宿題の算数プリントをせずに寝てしまったことには怒ってむかっ(怒り)いる。明朝、早起きして、やらせないと…。あ〜、ワタクシも早起きかよふらふら
posted by ワタクシ at 23:06 | Comment(0) | 子供・学校

2007年07月09日

縦に成長中

5月に学校の先生と面談した時に
「コドモちゃん、少しふっくらしたので、今年の夏は背が伸びますよグッド(上向き矢印)」と言われた。

大勢の育ち盛りを見てきた先生によると、幼稚園〜小学生の子供の成長は、背が伸びる→太る→背が伸びる→太る…、つまり縦横縦横の成長を繰り返す子が多いらしい。

デブチビと男子にからかわれているコドモを不憫に思ってたらーっ(汗)慰めているのかしらexclamation&questionと思っていた。

余談だが、ワタクシが小学生の時のあだ名のひとつがチビデブだった。だけど、背が小さくても全然、全く負けてなかったけどパンチ
だから、コドモのあだ名を聞いた時、「30年の時を経て同じあだ名がつけらえるとは親子じゃの〜るんるん」と、微笑ましかったのだが、コドモの学校は、体型、苗字、親、家庭環境などから、悪意あるあだ名をつけると厳しく注意される。

先生と面談する少し前は、2学年下のイトコよりも背が小さく、117cmだった。が、先日、イトコと同じ背になっていて、計ったら120の大台にのっていて本人も大喜びわーい(嬉しい顔)。どうやら、今年の春〜初夏にかけて3cmくらい背が伸びたらしい。

今学年に入ってから、外遊びが好きになり、日没近く三日月まで遊ぶ日も多く、育ち盛りに見られる「体が作られている」という感じがするのだ。

コドモは、夏休みに背が伸びる傾向があるので、全ての条件を満たしたこの時期を逃してはならぬexclamationということで、母はカルシウムを意識した食事で協力をしている。

今年の夏の目標:123cmになるぞパンチ

夏休み明けの成長を楽しみにしていてください。
posted by ワタクシ at 21:03 | Comment(0) | 子供・学校

2007年07月20日

夏休みに入る

学校のカレンダー上では明日から、コドモの中では「今日の午後から夏休み晴れ」に入った。

コドモの学校は、2学期制なので、今日は、道徳の時間に、夏休みの過ごし方や注意を先生から聞いた以外、特別なことは何もなかった。

計画性がないので、人一倍持ち帰りの荷物が多かったらしいコドモは、あちこちに荷物をぶら下げて帰宅してきた。

ゴミ箱と化したお道具箱バッド(下向き矢印)、何を拭いたのか分からないが強烈な臭いがする真っ黒な雑巾バッド(下向き矢印)、丸まった給食ナフキンやマスクの塊が何故か上履き袋に入っていてバッド(下向き矢印)、肝心な上履きは、お道具バッグの中の紙屑の中から出てきたバッド(下向き矢印)

毎度毎度のことではあるが、あんまりだったので怒る気力もなく、脱力してしまったもうやだ〜(悲しい顔)

先々週の個人面談でも「忘れ物が多い、だらしない、支度が遅い、授業中ボーとしている」と、相変わらず同じことを注意された。

このような注意を受けたことがないワタクシには、何故、きちんと出来ないのか理解し難く、情けない。オットに似たのか躾が悪かったのか…ふらふら

今さら怒ったところで直るはずもなく、少しでも直るように親が根気よく付き合ってやらなくてはいけないのだろう。夏休み最初のコドモの仕事は、持ち帰った荷物の片付けとなった。

今年の夏休みは、毎年恒例になっていた各種サマースクールには申し込まなかったが、その分、良い経験をさせてあげられそうだ。
また、学習面では、夏休みの宿題はもちろん、算数と漢字の復習、物事の伝え方、表現(主に文章で)を学ばせたいなぁと思う。
posted by ワタクシ at 21:04 | Comment(0) | 子供・学校

2007年07月23日

1人でお泊り

本日、オットもワタクシも仕事が入っていたので、コドモは、週末から1人でワタクシの実家で預かってもらっていた。記念すべき初ぴかぴか(新しい)1人でお泊りである。

両親は、コドモが1人で泊まりに来て賑やかになるのは嬉しい反面、夜中に「家へ帰りたい。」と泣かれるのではないかといった不安もあったようだ。

父は、自分と共通の趣味を持つコドモを連れ、横浜駅近くにある市内唯一といわれている切手屋や大きな書店へ出かけたり、フィギュアを売っているスーパーへ出かけたそうだ。
母は、日課のウォーキングにコドモを伴い、公園へ行き、昼風呂を楽しんだそうだ。
好きなメニュー、デザート三昧で、あちこち連れて行ってもらって、ワタクシの弟の漫画コレクションは読み放題、厳しい親の目がないコドモは、実にノビノビと過ごしていて「もう一泊したいるんるん」と口にしていたらしい。

夜、お迎えに行ったら、本、切手、フィギュアなど細々とした物を買ってもらい、父や弟から本を借りて、来た時よりも荷物が増えたホクホク顔わーい(嬉しい顔)のコドモ。

双方とも楽しかったようだ。しかし、コドモは遊びつかれたのか、早々に就寝、きっと両親も久しぶりに孫の子守をしたので、さぞお疲れのことでしょう。
posted by ワタクシ at 21:41 | Comment(0) | 子供・学校
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。