2007年09月26日

子供のぜんそくの経過

先週、小児科でもらったぜんそくの薬を5日ほど使用していたが、咳もゼロゼロもなくなっていた。「薬が終わる前に来てください。」と言われていたので、再び小児科へ行った。

聴診器をあててもゼロゼロした音が聞こえないので、「大丈夫そうだね?」と、先生がコドモに尋ねると、今まで何ともなかったのに、咳払いなんぞするコドモ。

「まだ喉に違和感あるのかなぁ…」と、先生は疑う口ぶりになり「経過観察をしたいから2週間後に、また来てもらえる?」という話になってしまった。

「あ〜、そうですかバッド(下向き矢印)

コドモの学校と習い事、ワタクシの仕事と、平日は予定が詰まってくるから通院も大変なんだけどなぁ…、しょうがないもうやだ〜(悲しい顔)

先生は、小児科とアレルギー科が専門で、小児アレルギーのお子さんが遠方から通ってくるという。また、夜間や休日などは、小児の急患に対応するため大きな病院で詰めているので、本当に関心する。

昨今のニュースで、都会でも産婦人科医や小児科医の減少が報じられている。出産は時間を選ばないし、自分の症状を説明出来ない赤ちゃんや子供相手では、診察に時間もかかるし、診断も難しいだろう。減少するのも頷ける。
医者といっても人間、そんな激務でも他の科よりもメリットがあり、優遇すれば、少しは減少を食い止められるのではないだろうか。国の予算や大学に併設の病院などで何とかならないものだろうか。

行けばいつでもいる小児科医が徒歩圏内にいることは心強く思う。
posted by ワタクシ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 子供・学校

2007年09月29日

子供を眼科に連れて行く

コドモは、数週間前から、時々、目を痒がるようになった。特に学校で痒くなることが多いので、「汚い手で目を触らないでね。」と注意していた。

が、担任の先生が、伸びかけていた前髪をゴムで結んで下さったり(もちろん、その直後に前髪を切りました)、「目のお医者さんへ連れて行ってもらったら?」と、気にしてくださっているそうなので、面倒くさがってもいられなくなり、眼科へ連れて行った。

ここに住んでから親もコドモも眼科に行ったことがないので、ネットで探して、一番良さそうな開業医へ行った。

穏やかな雰囲気の女性の先生だったので、コドモも臆することなく接することが出来た。

目を機械で見てもらったら、少しアレルギーっぽくなっていたようだ。
何に対するアレルギーかを知りたければ、ついでの時に小児科で検査してくださいとのこと。

まあ、そのうち…ということでわーい(嬉しい顔)。痒み止めの目薬だけ処方してもらった。
posted by ワタクシ at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2007年10月02日

ただの人

コドモによると、担任の先生は、お子さんの喘息がひどくて、遅れて学校に来たとのこと。
コドモの学校は、教科によって専門の先生が授業を行うので、担任の先生が不在でも授業に支障はなかったそうだ。

コドモ「先生は、学校で働いている時は先生って呼ばれているけど、家に帰ればお母さんって呼ばれているんだね、家だとお母さんになるんだね。
でも、ママは、家にいると私のお母さんだけど、外で働いている時はただの人だね。」

図星で脱力しちゃったよちっ(怒った顔)そんなことに気付くことが出来るのに、何故、勉強に活かせないのだ…爆弾

ワタクシ「ママも、一所懸命に勉強していたらただの人じゃなかったかもなぁ。だ〜か〜らぁ、勉強は大事なんだよ。来期は、手抜きしないで、がんばってよexclamation×2

ただの人も、それなりに、がんばるよもうやだ〜(悲しい顔)
posted by ワタクシ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2007年10月05日

秋休み

コドモの学校は、前期の終業式だった。明日から、3連休+2日間だけの秋休み。

夏休み晴れは暑い夏の長期休暇、冬休み雪は年末年始、春休みかわいいは前学年と新学年の切り替え…と、それぞれ意味がある。が、秋休みは期間も時期も中途半端で、夏休みが終わり、ようやく学校生活のペースに慣れた頃、また休みなので、慌しいというか中弛みになりそうな…。いまだに2期制が良いのか悪いのか分らない。

終業式といえば成績表。日頃の様子や態度、テストの結果を見て、予想はしていたが成績が下がっていたバッド(下向き矢印)
出た結果を怒っても仕方がないので、褒められていた部分は褒めて、後期は気を抜くな…とだけ励ました。

また、一所懸命やっている様子だが結果が伴わない、友達とペースが合わず(コドモが遅い)ぶつかるとのこと。
これは、以前、面談でも言われたことで、どうやら、直っていないらしい。こちらも引き続き、家庭内での指導が必要なようだ。

ワタクシが真剣な顔で通信簿を見ていても、本人は気にしていないので困ったものだふらふら
posted by ワタクシ at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2007年10月26日

オープンスクール

コドモの学校では、年に一度、親などに対してオープンスクールというものが行われる。
授業参観と違うのは、朝のホームルームから始まり、休み時間、給食や掃除の時間など、いつでも自由に参観できるのだ。

今年もオープンスクールが始まったので、仕事が休みだった今日、授業を見学に出かけた。

授業中だというのに、コドモは、相変わらず「心ここにあらず」の様子で、与えられた課題に個々に取り組む時間でも、ボーモバQとしている。周囲の子供達は、下を向いて、鉛筆を動かしているというのに爆弾
隣の男の子に、ちょっかいを出されるのが気になるみたいで、先生の指示も聞いていない。
「開いているページが違う。」と、見回りしている先生に注意されていた。

「オマエの脳みそと目はどこへ行ったんだパンチただ座ってるだけなのかexclamation&question」と、静かに怒りの鉄拳を振り回していたワタクシちっ(怒った顔)

授業終了後、コドモが「ママ、来てくれたんだexclamation&question」と嬉しそうに話しかけてきた。他の子供や先生もいるので、叱りたい気持ちを抑え、その場を静かに立ち去った。

下校してきたコドモに、何故、あのような授業態度なのか理由を尋ねた。

最近は、いきなり叱り飛ばすのは止めている。コドモは、理由や説明を相手に分かるように述べるのが苦手で、先生や友達に説明するのが怖かったり、誤解をされたり、分かってもらえなかったり、損をすることがあるようなので、叱られて萎縮する前に、まず理由や説明を述べさせている。

「隣の男の子がうるさくて授業に集中できなかった。」とのことだったが、集中以前に、授業に参加すらしていなかったように見えたがむかっ(怒り)。理由は分かったけれど、厳しく注意しておいた。

今学年になってから、ほとんど宿題が出ないので、せめて授業くらいは集中してほしいものだ。
個人的には、私立中学の受験を視野に入れているが、本人を見ていると到底無理…という感じ。
参ったなぁもうやだ〜(悲しい顔)
posted by ワタクシ at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。