2008年02月04日

お約束のスッテンコロリン

朝、コドモが登校してから5分も経たずに、エントランスからのインターフォンが鳴った。

登校班係のお母さんからで、コドモは、エントランスを出たところで、凍結した路面で転び、背中を痛がっているので、一旦、家へ送り届けます…とのことだった。

あ〜あ、やっぱりねぇふらふら
そういう時に真っ先に転ぶのがコドモなんだな…きっと大したことないんだろうなぁモバQ

係のお母さんに連れられて家に戻ったコドモは泣いてなくて、バツの悪そうな顔をしていた。

「それくらいのことで何で帰ってきたんだむかっ(怒り)」と、内心思ったが、よそのお母さんの手前、笑顔で迎え入れた。

コドモから転んだ時の様子を聞いたら、後ろにスッテンコロリンし、ランドセルで着地したそうだ。ランドセルが重くて、すぐには起き上がれず、手足ジタバタだったらしいダッシュ(走り出すさま)

ひっくり返ったカメかカブトムシ状態だったかと思うと笑いが止まらなかった。

ランドセルで着地した時に、ランドセルの角が背中にぶつかり、痛かったそうだ。コドモは、よく転ぶが、ランドセルに助けられていて、頭を強打、手の骨折など大怪我には至っていない。角がぶつかったくらいで良かったよ。

少し休んだ後、オットに付き添われて登校した。

その後、しばらくして登校班の担当のお母さん(朝の方ではない)から、「転ばせてしまって申し訳ありません。」とお詫びの電話が入った。

雪があってもなくても転ぶし、勝手に転んだわけだし、電話を頂いて面食らってしまったが、今時は、そういうものなのかなぁと思い、こちらもご迷惑をおかけしたことをお詫びした。

来年度は、班の役員を引き受けようと、来年度の役員に立候補したのだが、「応募多数」を理由に断られた。
仲良し&付き合いがある母親達が声をかけあい、役員を引き受けることが多く、不在がちで親しくないワタクシは除かれたらしいふらふら
同じマンション内は色々と面倒なので、このまま逃げ切ろうかと…
posted by ワタクシ at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2008年02月10日

1人でお泊り

今週末は、恒例になりつつある「コドモ、1人で実家にお泊りるんるん」なので、お昼前に実家へ送り届けた。一足早いが、父へバレンタインハートたち(複数ハート)のチョコ、母へ誕生日プレゼントプレゼントも持参した。

お昼を頂いた後、お茶を飲みながら雑談していたら、「ママ達が早く帰らないと、おじいちゃんと図書館に行かれないよぉちっ(怒った顔)」と、コドモがブツブツとうるさいので、到着してから1時間も経っていなかったが、帰ることにした。

帰りがけに、大きなモールの改装前セールに立ち寄った。目新しい専門店がいくつも入っていて、グルグル歩き回っていた。全品70%OFFの店では、早くも春物をゲットすることが出来た。毎年、春の洋服に頭を痛めていたが、今年から解消されそうだわーい(嬉しい顔)

モールを出た後も、下見がてら、あちこちウロウロしていたので、気付けば夜夜になっていた。急遽、夕飯は外で済ませることにした。
やはり、探し物や下見をする時は、コドモが居ない方が、時間を気にせずに出来るので良いなぁるんるん
posted by ワタクシ at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2008年02月15日

ミスドでバイト

ミスドでバイトしているのはワタクシではなく、コドモの友達のお母さん。学校の帰り道、その事実を友人から聞き知ったコドモは、興奮した様子で、家に入ってくるなり話し始めた。

最近のコドモは、ガチャガチャに入っているキーホルダーのドーナッツのフィギュアにハマッているが、ドーナッツは滅多に買わないので、ポンデショコラを食べるのが憧れぴかぴか(新しい)なのだ。

「でね、しょっちゅうドーナッツを持って帰ってくるんだって。ポンデショコラもだよ。きっと、お仕事している間、ずっ〜とドーナッツのいい匂いがしているんだよ。いいなぁ〜るんるん

「ママは、お仕事中、どんな感じなのexclamation&question

「パソコンで仕事したり、お客さんと打ち合わせしたりしてるよ。」
(KY(空気読めない)な客の対応したり、納期のきつい仕事も断れないよむかっ(怒り)…心の声)

「ふぅ〜ん、あんまり面白そうじゃなくて可哀相だねバッド(下向き矢印)

がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

「そうだひらめきママもミスドで働けばいいよexclamation×2毎日、ドーナッツ買えるよるんるん

コドモにしてみれば、パソコンよりドーナッツの仕事の方がずっと魅力的なのだろう。子供らしい単純な発想には笑えた。
残念ながら、ミスドで働くことは出来ないが、たまには、ドーナッツを買ってあげよう手(チョキ)
posted by ワタクシ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 子供・学校

2008年03月04日

英語を勉強したい

コドモが、いつもより遅い時間に学習塾より帰宅した。遅くなった理由は「英語の体験してきたから遅くなったんだ、勝手にしてごめんね。」とのこと。

学習塾では、今までも英語を教えていたが、4月から本格的な体制に入るため、新たな生徒を募集するというお知らせを少し前に頂いていた。

理由は分からないが、コドモは、昨年から英語に興味を持ち始め、「トラベル英会話」という本まで購入し(何故、その本が良かったのかも分からない)、暇な時に読んでいる。

そこへ、英語クラスのお知らせを見てしまったものだから「ママ、英語勉強したいから早目にお申し込みしてね。」と、何度かお願いされていた。

英語に関して拘りがあるオットは「算数や国語とは違うんだから、英語を勉強させるなら、ネイティブもしくはスキルの高い専門の先生がいる教室に通わせたい。」という意見だった。
コドモは、以前、英語が嫌で離れたので、いつもの気まぐれだと思い、申し込みをしなかった。

今日は、他の子供が英語クラスを体験することになっていて、その場に居合わせたコドモは、それに便乗させてもらったようだ。

体験用に用意されたドリルを勉強し、採点もされていた。先生が答を導いてくれたらしく、全問正解していた。「名前を聞くときはWhat's your name?で、Cは、シーじゃなくて、スィーだよ。知ってた?」と、コドモは嬉しそうだった。

教科を増やしてしまうと、下校後、自由に遊べる日は、週に1日になってしまうので、本人のストレスになりそうだし、始めたのにすぐに辞めるようでは迷惑がかかるし…、オットが許可するのだろうかモバQ
posted by ワタクシ at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2008年03月18日

学習状況調査

2月中旬、横浜市内の小中学校の児童を対象に、学習状況を的確に把握し、教育施策に反映させる事を目的とした「横浜市学習状況調査」というテストが行われた。
学年によって科目が異なるが、コドモは国語、算数、社会、理科を受けた。

本日、小冊子になっているテスト、コドモの解答用紙、分析結果シート一式を学校から持ち帰ってきた。

即座に分析結果シートに目が行った…。あまりの結果にめまいがするほど脱力したモバQ
社会と算数の思考というカテゴリが「0」なのだたらーっ(汗)たらーっ(汗)

「ゼロって何だろexclamation&question」と、普通を装いコドモに尋ねた。

ワタクシは、ズルやサボリ以外で、テストの点が悪くても起こらないようにしている。だって、勉強出来ないことを怒ってもしょうがないし、怒ると悪い点数のテストを隠すからドコモ提供

「ゼロはゼロ。な〜んにも分からなかったるんるん

「ゼロのままは困るね。近々、一緒にやり直そう。」と、ゼロのショックを隠し、明るく声をかけた。

「でも、通信簿には関係ないって先生言ってたよ。」と、これまた明るく言い放つコドモ。

今まで習ったことを覚えてない、理解していないという結果なのに、それすらも気付いていないバッド(下向き矢印)

国語は並みで、意外だったのは理科がカンペキに近かったこと。
脳ミソが両極端なのかしら…。

ある時期まで、中学受験をさせようと塾探しもしたし、中学受験を経験したご家族からも話を聞いた。
その結果、少しピントがずれているコドモは受験体制に入ることすら難しいようだし、本人が受験したいと言い出さない限り、受験させるのは諦めた。

結果を見た後、コドモは、今、学校でもっともホットなお笑い芸人、「チャァミングゥ〜、グッグッグ」のエドはるみが出ているおネエMANSを観ながら、ワタクシと一緒にゲラゲラ笑っていた。
エドはるみの経歴とルックスとネタのギャップが面白く、珍しくワタクシも好きな芸人(と呼べないルックスだが)であるかわいい

ノンキにゲラゲラ笑っているコドモexclamation×2 いずれ、自分で自分の道を決めてくれよパンチ
posted by ワタクシ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。