2008年10月10日

前期終了

コドモの学校は終業式で、前期が終了した。昭和なワタクシは、いまだに2学期制度には慣れず、学期の間に長い夏休みが入ることに違和感があり、年に2回の通信簿にも物足らなさを感じている。

学期終了ということで今学年初の通信簿を持ち帰ってきた。
前回は、授業中やる気も参加するふりもしなかったと思われる体育と音楽が「△」だったので、「小学生で△とはもうやだ〜(悲しい顔)」と、ガッカリしたが、今回は△がなくなっていた。

各教科と活動の様子が詳細に書かれた所見でも、積極的に取り組み、参加していたようだ。(各学年で注意され続けてきた)友達にキツイ事を言うのも減ったようで、友達と仲良く遊ぶ姿が見られたとのことだった。

今のクラスは、仲良くできるお友達が数人いる。コドモには、お友達との協調性とコミュニケーションが必要だと思っていて、ようやくそれらを培う環境ができたようなので、それが一番嬉しい。だから、今は、宿題や塾よりも友達と遊ぶことを優先している。
本音を言えば勉強も出来ると嬉しいが、まずは「人として…」である。

三連休+αという束の間の秋休みに入ったが、オットの仕事が繁忙かつ東海岸飛行機への出張が控えているので、ノンビリするつもりモバQ コドモは友達と遊びたいらしい…、で、早速、今日の午後は子供部屋が賑やかである演劇
posted by ワタクシ at 15:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2008年10月12日

写真撮影会

デパートで催される「モデルになりきり撮影会カメラ」というものに参加することになっていたので、お気に入りの服を着たコドモを連れていった。

お気に入りといっても、よそいきや流行服などあるはずもなく、今年の2月にGAPのバーゲンで買った、上下あわせて3000円にも満たない服がく〜(落胆した顔)

ヘアとメイク、それぞれ担当の女性がいて、どういう風にしたいのかコドモに希望を聞いていた。その結果、ポイントメイクと巻き髪をして頂くことになった。不慣れなコドモは、その間、ニコリともしないし、ケープをつけていのたで、地蔵のようだったふらふら

20081012-1.jpg

メイクさんは、ブルジョア、ジバンシー、NARS、MAC、ケサパサ、RMKなどを使っていた…アイテムに興味津々だったワタクシキスマーク

撮影場所へ移動すると、カメラマン、レフ板、指示するディレクター、メイクさんが付いてくれた。
「背筋を伸ばして立ってねぇ」と指示されると、コドモは直立不動になった。
朝会じゃないんだよ…モバQ
「手を腰にあてて〜」と指示されると、微妙に手の位置が変だった。
そりゃ、天津木村だよ…モバQ

20081012-2.jpg

笑顔もポーズもぎこちないコドモに、カメラマンの方は、和むような言葉をかけてくれ、何枚か撮影してもらい、無事に終了した。

後日、写真はCDで送られてくるそうだ。こんなに本格的に撮影して頂いたのに、タダとは申し訳ないあせあせ(飛び散る汗) 機会があれば、また買い物させて頂きます。
posted by ワタクシ at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2008年10月13日

急遽1人でお泊り

久しぶりに夕飯を食べに家族で実家へ行った。
先週、両親は旅行をしていたので、土産話を聞き、貴重な銘柄の新米を土産として頂いたプレゼント

コドモが「今日は泊まって行くから、明日、お迎えにきて。」と、言い出した。「着替えも持っていないし無理だよ。」と、ワタクシが言うより早く「うちは、いつでもウェルカムだよ。秋休みだし、明日は仕事も休みだし、一緒に買い物しよう。」と、父が即答していたふらふら

親があまりにも嬉しそうな顔をしているし、断る理由もないので、近所のスーパーへ行き、お泊りセットを調達した。

父が作った中華料理を夕飯に頂き、コドモを残して帰宅した。
明日は、実家まで迎えに行かれないので、夕方に、母が最寄り駅までコドモを連れてきてくれる予定。
posted by ワタクシ at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2008年10月16日

ピーガルくん

突然ですが、ピーガルくんってご存知ですかexclamation&question
平成4年に誕生した神奈川県警察のシンボル・マスコットの名前で、POLICEのPとSEAGULL(カモメ)のGULLを合わせた名前がつけられたのです…

話は本題に入り、県警では10月1日から、「ピーガルくん子ども安全メール」という、子供を事件や犯罪から守るために、不審者、ちかん等の情報が、メール配信されることになった。

最近、コドモは交友関係と行動範囲が広くなり、以前のように、同じマンションの「○号室へ遊びに行ってくる。」ではないので、色々と気をつけている。「子供一人で行動させる範囲」というのは、ご家庭のお考えがあり、様々だが、ウチは、まだ狭い方なんだけど…。

学校配信のメールでも、不審者情報は配信されるが、学区内中心で、諸事情によりタイムリーではないので、やや不満だったため、この警察のメール配信に登録をした。

登録後、不審者情報のメールが警察と学校の両方から配信されたが、警察からのメールは、発生からわずかな時間で配信された。そういう情報を早く共有することは、未然に防ぐ手段のひとつなので、ありがたい。

でも、こういうシステムがある世の中が怖くもあり、嘆かわしい、昔は良かったと思う昔人間である。
posted by ワタクシ at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2008年10月17日

マカロン

昨今のスィーツブームは子供の世界にも広がっていて、食玩、ガチャガチャ、制作系(ホイップる、こなぷん)など幅広い商品が売られている。

コドモもスィーツグッズが大好きで、自分のお小遣いでチマチマ買ったり、友達と交換したりしてコレクションを増やしている。特に、マカロングッズには目がない。

ワタクシは、初めてマカロンを食べた時、口の中から出したほどマカロンの甘さと食感が嫌だった。その後、1〜2回、他店のマカロンを試したが、やはり、口に合わなかった。コドモも「見かけは可愛いけど、味はイマイチ…」と言っていた。

しかし、先日、パティシエとして有名な青木定治氏の「pâtisserie Sadaharu AOKI paris」で、あまりにもマカロンが美しいので、とりあえず2つだけ買ってみたのだが、こちらは、今までとは違った食感で、普通に美味しかった…というのが親子の感想。(それほど甘党ではないので、評価は辛口です)

味はイマイチでも、マカロングッズは集め続けているコドモが、最近、探しているのが、リプトン・リモーネ(紅茶のペットボトル)のおまけ、ピエールエルメとコラボしたスィーツストラップである。

今年の3月頃、マカロンを中心とした計8種類のスィーツストラップがついていて、ネット上では高値で売買されるほど、大人気だったようだ。こちらは、到底、手に入れられそうもないがく〜(落胆した顔)

そして、数週間前に、リモーネに違う種類のコラボストラップがつくようになったことを今週になって知ったコドモ。

「おまけ付きは売り切れているよ…」という母の言葉など耳も貸さず、「探しに行く足」というので、下校後、コドモと一緒に近隣のスーパー、コンビニを探し回った。

ぶっ通しで歩き続けて3時間、距離にして約6キロも探し回ったのに、見つけたのは本命以外のストラップひとつ。さすがに、帰りはバスバスで帰った。

やはり、マカロンは人気なので、なくなったのだろう…、そう考えるのは大人だけだったようで、「ママ、今日は早寝して、体力復活させてね。明日もリモーネのマカロンストラップを探すからね。」と、言い残して、さっさと寝てしまった眠い(睡眠)

明日は、違う方面を探しに行くつもり。適当にバスを使わせてもらおう…
posted by ワタクシ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。