2009年02月05日

役員

朝一で、学校の地区の新旧役員会議に出席した。とうとう、来年度は役員ですのよあせあせ(飛び散る汗)

今まで逃げていたわけではなく、毎年の役員募集のアンケート用紙には、引き受けてもいいと書いていたのだが、ママ友同士固まって引き受けることが多い、ワタクシが仕事で不在がちという理由から、除外されていたと思われる。

が、来年度は、引き受ける人が、かなり少なかったようで、ワタクシに、お声がかかったのだ。

来年度は、家庭の事情で年度末まで出来ない可能性がある、日中の役員会には、あまり出席出来ない、もちろん、出来ることは、人の分まで、がんばりますパンチ ということで、お引き受けした。
何となく、こうなりそうだったから、今年度に役員やっておきたかったのに、間が悪いなぁ…。

新旧役員の顔合わせ、その後、引継ぎの話し合いになった。
仕事は簡単なのだが、地区(マンション内)の児童の中には、不登校、学校嫌い、家庭不和、両親が音信不通、乱暴する子、登校途中に行方不明(ズル休み)、様々な事情がある子供への対応、クセのある親への対応、学校や親への報告の仕方などの話に時間がかかった。

小学生で不登校かぁ…。どういう理由なのかは分からないが、子供もツライだろうなぁもうやだ〜(悲しい顔)

予想以上に話し合いが長く、途中で抜け出し、会社へ向かった。向かう途中で、会社へ連絡を入れ、会社到着は30分遅れふらふら
posted by ワタクシ at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

盛りだくさんの日

仕事中に、在宅していたオットからメールが入った。「早退はしなかったが、コドモが体調不良で保健室で休んでいたと学校の先生から電話をもらった。」と。

症状は、喉の痛み、微熱なので大したことないらしいが、先生からは「喉が少しでも痛かったら、明日は休ませてください。」と釘をさされたらしいがく〜(落胆した顔)

喉の痛みくらいなら、登校させるつもりだったのにふらふら

コドモのクラスでも、今週は2〜3人休み、ボツボツと早退もいるので、先生としては、感染拡大を防ぐためにも、疑わしい子供には登校してほしくないのだろう。

会社から戻り、コドモの様子を見たら、元気そうに見えたので、「大したことないんじゃないのぉモバQ」と思ったが、本人は、明日、欠席できるつもりでいる。

そして、喉が痛かったにも関わらず、「明日の席替えで、私の席は好きなY君の隣にしてください。」と、先生にこっそりお願いしてきたそうだちっ(怒った顔) 

「えっexclamation×2先生に、そんなコト頼んじゃったのぉあせあせ(飛び散る汗)」思わず大声になったほど、かなりビックリした爆弾 公務員だし、先生だし、トラブルの元になりそうだし、そういう願いは聞き入れないと思うよ…。

席替えは、名簿順やクジ引きではなく、1人でも多くのクラスメートと話が出来るよう、交流が持てるようにと、先生が偏りのない班編成を毎回考えるのだ。
それなのに、好きなY君とは席も近くなったことがないし、同じ班にもなったことがないので、逆に不公平exclamation一度くらい隣の席に座りたいexclamationというのがコドモの言い分である。

先生は、笑っただけで、YesともNoとも返事はしなかったそうだが、内心、大爆笑していただろうふらふら

下校後、ずっとグラグラしていた乳歯が抜けて、その歯が虫歯になっていたそうだ。

今日のコドモは、話が盛りだくさんだった…

「明日は、席替えの結果を見届けに登校した方がいいよ。」と、登校を勧めているが、「だって先生が喉痛かったら休みなさいって。席替えの結果は月曜日のお楽しみにするからいいよ。」だってさ。
posted by ワタクシ at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2009年02月06日

風邪で休み

今朝、コドモは元気そうだったが、喉の痛み、微熱が続いていたので、結局、欠席させることにした。何年かぶりの病欠である。

登校班の役員さんによると、喉の痛み&熱の風邪も流行っていて、また、高熱を出さないインフルエンザの児童がいたので、平熱より少し体温が高いだけで早退、欠席を促されるそうだ。
受験シーズンでもあるし、低学年は学級閉鎖目前なので、疑わしき者は…ということなのだろう。

幸い、オットが在宅する日だったので、ワタクシは、いつも通りに出社電車 
同僚から一足早い「友チョコ」をもらい、お昼休みに頂いた。バレンタインで売られる高級チョコは、ひと味違うねぴかぴか(新しい)
久しぶりに安定した晴れの天気で、昼間、外を歩いたら、日差しと冷たい空気が心地よかった。

帰宅後もコドモは元気そうで、横になりながら、DSで遊んでいた。子供の場合、37℃前後の体温は平熱扱いすることも多いから、ホントに大したことないのよね。
posted by ワタクシ at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2009年02月10日

違う風邪?

仕事中、学校から携帯に電話phone toが入った。
「コドモちゃんが体調が悪いと休んでいるのでお迎えに来て頂けませんか?」と、保健室の先生だった。

先週の風邪は土曜日に熱が下がったので、月曜日は登校させた。夜、疲れた顔をしていたのは、久しぶりに学校に行ったせいだと思っていた。
今朝、コドモは「体調がイマイチ…」と言っていたが、熱がなかったので、登校させたのだ。

やっぱり、ダメでしたかぁ…バッド(下向き矢印)

用事が終わったオットが迎えに行かれるというので、オットに任せた。

保健室に行ったら、コドモは爆睡していて、保健室を出て廊下を歩いていたら、音楽室へ移動する途中だったクラスメートが手を振ってくれたそうだ。大好きなY君も手を振ってくれていて、体調不良ながらも嬉しかった揺れるハートらしい(コドモ談)

夕方、38.5℃まで熱が上がったとオットから連絡が入ったので、インフルエンザを覚悟したが、帰宅後、コドモを見たら、ほっぺが真っ赤だったが、思ったよりも元気そうな様子。その他の症状はなく、いつもより少ないが御飯も食べた。しばらくしたら、熱は38℃まで下がったし、インフルエンザではなさそうだ。
熱に強いコドモは、38℃くらいではダメージが少ないのか、ドリフを見てゲラゲラ笑っているわーい(嬉しい顔)

先週の風邪が治りきっていなかったのか、違う風邪なのか、ナゾである。
posted by ワタクシ at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2009年02月12日

ボヤ騒ぎ

仕事中、塾へ行っているはずのコドモから電話があった。
「塾のそばで火事になっちゃって、中止になった。公園で先生と解散したから、これから同じ塾の友達と遊ぶことにした。」とのこと。コドモが喋っている後ろでサイレンの音、人のどよめきが聞こえ、かなり騒々しい。コドモをはじめ、皆さんの無事を確認できたので、そのまま遊ぶことを許可した。

会社を出て、コドモにメールしたら、公園から友達の家へ移動中とのこと。

自宅に戻り、しばらくしたら塾の先生からご報告の電話を頂いた。

他のお部屋の人が火事を知らせに来てくれて、すぐに建物を出た方が良いとのことだった。
先生が子供達に「ビル内で火事になったので、ジャケットとカバンだけ持って、みんなと一緒に今すぐに外に出てください。」と、大声で叫んだにも関わらず
「あと少しで問題が解けるから、待って下さい。」
「宿題はどうすればいいんですか?」
「先生の採点が終わってないんですけど。」
などと、緊急事態だということを全く理解していない様子だったらしい。
あまりにノンキな様子なので、「避難訓練じゃないんだっ、ホントの火事なんだよちっ(怒った顔)」と、叫びまくり、皆と一緒に屋外の廊下に出たら、2つ隣の部屋から真っ黒な煙が出ていて、すごい臭いだったそうだ。さすがに、子供達も事態を把握し、整列したまま速やかに避難、全員揃っているのを確認し、近所の公園で現地解散をしたそうだ。
幸い、一部を延焼しただけで、怪我人も出なかったとのこと。

その後、先生は、ある生徒の親に事情説明のために電話したら、コドモが、その家で遊んでいると聞いたので、解散後のコドモの所在確認は出来たそうだが、最後まで連絡がつかなかった親がワタクシとのこと。
「大事なお子さんを危ない目に合わせて申し訳ありません。」と、何度も謝っていたが、慌てると真っ先に転ぶコドモが、怪我もしなかったことを感謝した。

張本人は、ノンキに遊び呆けているしふらふら
学校の避難訓練で何を学んでいるのか、災害に対する危機感を少し持たせた方がいいなと思いつつ、何もない日常の中では難しいことなのかな。

親へ最後の電話連絡ということで、先生も気が緩んだのか、色々と話をしたが、やはり、ショックで、どっと疲れが出ているとのこと。人の子供を預かる責任というのは重いなぁと、改めて痛感した。
posted by ワタクシ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 子供・学校
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。