2011年04月08日

変化

中学生になり、コドモの通塾の時間が遅くなった。

今日は時間にゆとりがあったので、行く前に夕飯を食べさせたが、今後は帰宅してから食べるようになるかもしれない。サラリーマン並みに夕飯の時間が遅くて可哀相な気もするが…。

終るのは大体9時頃。さすがに1人で帰らせるわけには行かないので、お迎えも必須。今日は友達と別れるところまでお迎えに行った。

今までは、なるべく早い時間に帰宅させて、早く就寝するために早目の夕飯を心がけていたが、そういう生活スタイルを変える時に来たようだ。

変化といえば、夜遅くに昔ならお赤飯を炊くような事態が突然起こり、内心、少々動揺してしまったが、平静を装って、時々、笑い話にしながら説明をした。学校でも教わっているはずだが、全く興味がなかったそうで、テストの点も悪く、教わったこともあまり覚えていないというもうやだ〜(悲しい顔) またひとつ健康であることが証明されたわけで喜ばしいことだが、本音を言えば長い付き合いになるものなので面倒だよねぇ…。
posted by ワタクシ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2011年04月17日

授業参観

中学に入って初めての授業参観。せめて土曜日に行ってくれれば、日・月と連休だったのに、飛び石の週末はペースが崩れる。

1日中開放しているので好きな時に見学をできる。ワタクシが放課後の学校説明会や学級説明会などに参加したかったので、午後の授業を参観したが、オットは「英語」に興味を持ち、午前中参観しに行った。

ワタクシ達の時代、英語の先生の発音は、ドリフターズの荒井注の「ディス イズ ア ペン」と変わらなかったような…。たぶん、英会話の実践、ネイティブの発音を目の前で聞く経験がほとんどなかったのではと思う。時代が時代だったので仕方がないことだが…。

最近の英語の授業は、話すと聞くにも力を入れていて、個人個人がきちんと理解できるよう、各クラスをグループに分けて、通常クラス少ない少人数グループで行われている。今日は、英語で自己紹介を行う授業で、前に出て、英語で名前と好きな物を言うという内容だったそうだ。オットがiPhoneで動画を取ってきたが、先生の発音も綺麗で、「オールライト」ではなく、「All right」だった。今の英語の先生は留学の経験、ネイティブとの会話、帰国子女など、発音のスキルをあげる機会も多いのだろう。

30代で初めて外国に住み、話せることによって、得たものは多い。今さら自分が不勉強だったことを悔やむことはないが、若いうちに留学しておけば良かったと、それだけは後悔している。いずれ機会があれば、コドモと一緒でもいいが、短期留学をしたいと今でも思っている。だから、お若い先生が羨ましいわーい(嬉しい顔)

また、オットも同様に考えていて「社会人になって、コレを勉強してよかった。」と思えたのは、英語だったという。だから、子供達の自己紹介が終わり、口がムズムズして自分も自己紹介したくなったそうだふらふら

ワタクシが参観した時の話。授業中だというのに、壁際に座っている我が子に張り付きの両親。子供が数学の問題が分からないと、小声で説明を始める父親。手をあげている我が子が当てられないとグチる母親。先生は「○○さんは、今週の○曜日にあてているので、今日は他の子に答えさせたいんです。」とご丁寧に説明をしたら、「あら、そうなの…」と、まあまあ納得した様子。新しくもらった教材に名前を書く名前ペンや教材を確認したり、帰りの支度の時も横にはりつきだった。さぞ、先生も目障りだったことでしょう。どんだけ、過保護、過干渉なのだ。こういう親子には近寄ってはいけない…ダッシュ(走り出すさま) あ〜、稀に見る親バカだったよふらふら

学級面談の時の自己紹介では、一人娘で、習い事の道に進ませるので、そちらを重視したい…ご家庭だということを知った。は〜、それは家で勝手にやってくれ。とんだKY親子だなパンチ

コドモに名前を聞いたら「話したことないから知らな〜い。」と言っていた。その子には、1年間近寄らなくてもいいから。何かあったら怒鳴り込まれそうでイヤだわ…と、小学校の時に、トラブルを起こした子供達の親、祖母から、それぞれ電話で怒鳴り込まれた経験があるワタクシは、内心思った。

目下、仮入部期間で、ボチボチ試しているようだ。週末には何かに決めるんじゃないかな。またご報告。
posted by ワタクシ at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2011年04月28日

部活

コドモが行っている学校は、この辺では部活が盛んなことで有名で、○○大会に出場した!入賞した!とか垂れ幕がかかっていたり、その部活目的で近隣からも越境入学を希望するお子さんがいるそうだ。

そのような理由から、部活に入っている子供の比率が他校よりも高く、また内申書での評価も加点されるという副産物もあるとのこと。

入学する前から、コドモも仲良しグループと何に入ろうかと話をしていたようだ。
皆の意見が一致したのは月数回のみの華道部。活動日が少ないため、兼部も可で、プライベートで熱心にお稽古や勉強をしたいからハードな部活は困るという子供が入ることもあるという。このように文科系部活には軽いものもある。
華道部は、外部から講師をお招きし、○○流からフラワーアレンジまで幅広く習い、区内の公共機関へ生け花を飾りに行き、文化祭では大きなアレンジを飾るそうだ。

「お花も習うと高いし、決め事やお作法に従って何かをするというのは良いんじゃない?」と、男の子のお母さんには言われたが…。

色々と…本当に色々と思うところがあり、この年齢に、コドモには少しでも、たとえ1年でも2年でも、目的に向かって日々練習を積み重ね、体を動かし、時には自分を追い込み、同学年の仲間や先輩後輩の中で時間を過ごし、時間にも心身ともに厳しい…けれど、その結果、充実感や達成感というものを分かってほしい…。そのために、月数回ではなく、基本的には毎日活動がある部活に入ってほしいと思っていた。

仮入部期間は、友達グループの中の数人づつと、いくつか仮入部していた。最初は、皆が同じ部活に入るつもりだったが、やはり、入りたい部活がグループの中で、文科系と運動系の2つに別れた。運動系を選んだ子供達は仮入部の時から毎日部活に参加していた。

コドモは、どちらに入るか、兼部するか、ずっと悩んでいて、日によって気持ちが変わっていた。友達にも相談していたようだが、親子でも色々と話し合った。入部申し込み&部費の支払い期間が始まっても悩んでいた。

とりあえず、華道部は決定していたので、申込書と部費を顧問に渡し、第一回目の部活に参加してきた。先輩や先生が活けるのを横で見て、公共機関へも出向いたそうだ。来月からお花を活ける勉強を本格的に行うそうだ。

絶対にやりたくない…というのならまだしも、どちらかに決められず、両方取ることも可能なのに、片方を捨てるのはもったいない。よく分からない、どうなるか分からないものを3年続けろとは言わない。でも、先のことは考えずに、今は両方やってみたら…と最後に説得したら、入部申し込みの最終日の今日、申込書と部費を持って、仮入部もした運動部に入ってくると登校した。

「やってみたら。」とは言ったものの、今日一日、自分が後押しをしたことは良かったのかと胃が痛くなる思いだった。あたりが暗くなった頃、コドモが下校してきた。玄関先で出迎えて、何気なく様子を見たら、思いのほか明るい顔をしている。

頭も体もクタクタだと言いながら、今日教わった動きを見せてくれた。夕飯を食べ、お風呂に入った後は、「一歩も動きたくない…。」と、ベッドの上で本を読んでいた。明日は筋肉痛間違いなしだ。

来月の活動日程を見たら、月末に大会があるようで、毎週末、朝早くから遠征&練習が続いていて、連休もない。大会なんて、年に何回もないし、強化月間かも。最初から、かなりハードな内容で、体が運動することに慣れるまでは、ちょっと大変かもなぁ…。

親も週末に寝坊できないし、平日は部活から塾へ直行なので軽食を届けなくてはいけないし、終ったあとは塾へお迎えに行き、それから夕飯になる。ワタクシ自身、仕事と両立できるのかしら…こちらも厳しい状況かもしれない。
posted by ワタクシ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2011年05月06日

麻しん予防接種と美容院

少し前に、横浜市から、また予防接種のお知らせと無料接種券が届いていて、次は何かと思ったら、麻しん(はしか)の2回目の予防接種だった。ちなみに前回接種したのは二種混合(ジフテリア・破傷風)。麻しんの予防接種は2回で、中学1年生で2回目の接種が推奨されている。

1年以内に接種すればいいかなぁ…とノンキに考えていたが、最近、麻しん患者が増えていて、麻しんはツラく、大人になってから麻しんで入院した人がいたことも思い出し、いつもの小児科のホームページで予防接種の予約状況を見たら、キャンセルが出たのか、今日の夕方だけポツンと予約可になっていたので、即予約した手(グー)

コドモは部活を休ませて、1人で10連休満喫中のオットに、コドモを小児科まで連れて来てもらい、仕事帰りのワタクシと合流した。先生とコドモが喋っている間に、予防接種が終わり、お約束のアンパンマンティッシュをくれた。もうコドモも喜ばないし要らないですよ…と内心思ったが、ワタクシが使うことにしよう。

せっかく部活を休ませたのだから…ということで、コドモを美容院に連れて行った。髪の毛を長くすることに命をかけているが、クセ毛なのにブラッシングはしないし、シャンプーは嫌いだし、誰に似たのか困ったものだバッド(下向き矢印)「だらしないのに髪の毛なんか伸ばすんじゃないっちっ(怒った顔)」と、よく叱るのだが、彼氏が出来たら変わるのだろうか…。

家族でお世話になっている美容師さんなので「髪の毛、からまったままじゃダメだよ。シャンプー、ちゃんとしてるかexclamation&question」と、コドモに指導をしていた。ゲラゲラ

その帰り道、コドモの携帯に部活友達から電話が入り、明日の遠征は選手のみで選手以外は休みとのこと。「ワ〜イ、明日は遊べる〜(子)」「ワ〜イ、明日は弁当ナシ&寝坊できる〜(母)」バンザイ三唱しながら歩いていたワタクシ達。
posted by ワタクシ at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2011年05月14日

部活2

コドモは、活動日が月に数回の華道部への入部は即決したが、申し込み期限ギリギリになって申し込んだのは新体操部である。「あさくらみなみ38才かわいい」だよ…でも部活でそんなことをしている人は誰もいないらしい…ワタクシならやっちゃうよダッシュ(走り出すさま)

コドモは、運動が苦手なことで有名だと思われるので、新体操部への入部は同級生母に意外がられた。

筋トレ、新体操の基本動作、1日おきに1キロ近くのランニングなどを行っている。体が運動することに慣れていないので、きつそうである。入部してすぐに、専用シューズとリボン(あさくらみなみのリボンだよわーい(嬉しい顔))の購入申し込みをした。
専用シューズがくるまでは、基本動作の練習をする時、屋内外問わず靴下らしい。確かに新体操って屋内競技だからスニーカー履くのは変だよね…たらーっ(汗)
外で歩行やステップの練習してきた時は、1日で靴下に穴があくふらふら 先生は、穴のあいた靴下は、捨てないで使ってください…と言っていたそうだが、でも、穴があいていたら、足の裏痛くなるよね…。安い靴下を使い捨てさせている。

コドモは、ステップやポージングを家で見せてくれるが、それなりにサマになっている。それらは、2年生と強化選手以外の3年生の先輩が教えてくれるそうだ。1人キツイ先輩がいるらしいが、部長と副部長は優しく、強化選手でありながら、声をかけてくれるという。小学生の時は、気が強い子、えばっている子が上に立つことが多かったが、中学生以上になると人格者や優秀な者が上に立つのだ…とコドモに言っておいた。ちなみに、部活内でいじめを行った者は即刻退部らしい。

ある日、部活が終ったあと、先輩に「おつかれ〜るんるん」と言われて、何と返事をすればいいのか悩んだらしいが、とりあえず「ありがとうございました〜exclamation」と言ったそうだ。

「それで合ってる?」とコドモに聞かれたので
「それでもいいし、おつかれさまでした…も良いよ。でも、ごくろうさま、おつかれ…はNGだよ。」と教えた。

人から「おつかれ」などと言われたこともなかったもんね。家では相変わらずワガママで自己中だが、週末などは、先輩より早く部活に到着するよう早目に家を出たり、一応、空気を読んで行動しているようだし、人見知りながらも挨拶もしているようだ。

新体操部としての目標は、痩せて体育の成績(タイム)が良くなることらしい。
今のところ、疲れるけど、行けば楽しいそうだ。少しは体育の成績が上がるといいねふらふら
posted by ワタクシ at 20:13 | Comment(4) | TrackBack(0) | 子供・学校
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。