2011年10月26日

華道部

コドモの学校の文化祭を見学目

各クラスの出し物は、劇、パフォーマンス、ゲーム、ビデオ上映などバラエティに富んでいた。各学年で発表しているもの、文化部の展示、劇、演奏などがあり、PTAからは大鍋で炊き出しもあった。

コドモのクラスは、劇&お笑いだった。一番恥ずかしがるお年頃なので、動きや声が、ちょっと小さかったが、テレビ番組やアイドルをパロディ化し、ストーリーやギャグも自分達で考え、どうしても作れない小道具(カツラとか)は担任の先生に買ってもらったとか…先生、自腹で大丈夫かexclamation&question 一番、役になりきっていたのは、コドモと同じグループで出演した担任の先生わーい(嬉しい顔) 若い先生で、ノリも良いし、誰よりも張り切っているように見えた。面白い内容だった手(チョキ)

文化祭といえば文化部の出番パンチ コドモは華道部にも所属しているので、数日前から忙しくしていた。

展示室へ行ったら、華道部を指導している外部から来られている池坊の先生がいらっしゃった。今年、1年生の入部が多いのは嬉しいが、一人一人の指導が行き届かないことが残念だとか。
最近、あまり形式にとらわれずに行う活け花が多いとかで、生徒にも基本と手直し程度の指導を行っているとのこと。
コドモやコドモの友達の作品など撮影しておいた。学校なので、背景が良くない…ストーブとかパイプ椅子とかバッド(下向き矢印)

20111026.jpg

上級生から好きな花を選ぶので、下級生には、あまり良い花が残らないとか。そのせいか、コドモは菊だけの渋い作品になっていた。ワタクシも活け花を習いたいんだよねぇ…フラワーアレンジメントも良いよねぇ。

盛りだくさんの文化祭だった。後片付けで真っ暗になってから下校したコドモはクタクタだったけどがく〜(落胆した顔)
posted by ワタクシ at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2011年10月28日

漢字検定


少し前にコドモが通っている学習塾の先生から、コドモに漢字検定を受けさせないか…と声がかかった。小学生から受けている子供もいるが、コドモは受けたことがない。しかし、「漢字検定」「英語検定」の級を内申書に書けるのは、多少メリットがあるらしい…ということで中学生で、ある程度の級を取得する子供が多いという。

コドモが受けられそうな級は2つあったが、検定自体、初めて受けるし、今後のモチベーションをあげるために、確実に合格できる級を受けることにした。

受けることを決めてからは、毎日30分づつ、漢字練習をし、過去問題集に取り組んでいた。過去問題集で、最初から合格点を取れていたので、コドモも飽きずに凹まずに続けられたようだ。検定間近では、満点近い点数が取れるようになったので、あとは本番で字を綺麗に書いて、解答欄を間違えないことだけを注意した。

本日、学習塾で漢字検定を受検した。試験時間1時間だったが、30分ほどで終了し、早めに帰宅してきた。合格ラインは超えていると思うとのことだった。結果は約40日後に出るそうだが、気をよくしたコドモは、来年早々、ひとつ上の級を受験すると決めていた。

ワタクシは玉砕しても前に進んでしまうタイプだが、コドモは要領が悪く慎重なので、一歩踏み出すのに時間がかかる。小さな成功体験を積み重ねることで、少しでも自信を持ち、チャレンジできるようになってくれれば良いなぁと思う。
posted by ワタクシ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2011年10月31日

血液型が判明


昔から、お世話になっている小児科医から紹介してもらった大きな総合病院へコドモを連れて行ったのは9月下旬。1回目は診察のみ、2回目に精密検査を行った。
1週間後、検査結果を聞きに行ったら、やはり、服用を続け、経過観察することになった。この時、コドモは連れて行かなかった。先生はコドモがいないことを少し気にしていたようだったが、親の言葉で、コドモが間違えた理解をしないよう説明してあげたかったから…と伝えると納得していただけた。

約2週間服用を続けたところで、薬の副作用、血中濃度、薬が合うか否かを調べるために、今日は血液の精密検査を行った。

コドモは、まだ一度も血液検査を受けたことがなく、いまだに血液型が分からない。以前、コドモの希望もあり、小児科医に「血液型調べてほしいんですけど。」と言ったら、「今は、何かあれば必ず血液型を調べるし、たかが血液型を知るためだけに痛い思いすることないって。」と一蹴された。先生、血液型占いはお嫌いexclamation&question

だから、精密検査すれば血液型が分かるね手(チョキ)と親子で楽しみにしていた。採血の技師さんに「血液型分かるんですよねexclamation&question」と聞いたら、「検査の仕方が違うので血液型は分かりませんよ。」とのこと。

えぇ〜、そうなの〜exclamation&question失恋 親子でガッカリした。

「採血のついでに血液型を調べてもらえませんか?」と技師に尋ねると、担当医の了解を得るのに少し時間がかかる、保険外になるので自費になることはご了承くださいとのことだった。

少し待たされた後、担当医の了解が得られたので、精密検査と血液型検査を行った。

初めて採血されたコドモの感想は「鼻血より色が濃くて怖いんだけどがく〜(落胆した顔)」とのこと。

結果が出るまで少し時間がかかるというので、病院を抜け出し、夕飯の食材を買いに行った。病院に戻ったら、ちょうど呼ばれる直前だった。

診察室に入ったら、先生は開口一番「さて血液型は何でしょうかexclamation&question」と笑いながら聞いていた。

コドモが「友達みんなから、絶対B型exclamation間違いないっexclamation×2って言われてるんです…だからB。」と答えた。友達がコドモのことをどう思っているのか想像できるだけに笑える。そういうワタクシも、ある時期からB型でしょ?と言われることが多いが。

日本全体がそうだが、コドモの友達はAが一番多く、Oがボチボチ、AB、Bは稀らしい。意外に血液型を知っている子供が多い。産後すぐに検査しているのだろうか。

先生は、B型Rh+だと教えてくれた。自費といわれた血液型検査は、たったの数百円だった…参考までに。

オットB型、ワタクシO型なので、どちらかだとは思っていたが、何となくコドモとワタクシは血液型が違う気がしていた。自分の世界を持ちわが道を行くB型2人に振り回される哀れなお調子者のO型…という我が家の構図ふらふら
しかし、B型2人は「家で一番ワガママで堪え性がないのはO型の人だから。」と反逆に出た。な〜に言っちゃってんだかちっ(怒った顔)

肝心な血液検査の結果は問題なく、副作用も見られず、今後も服用を続けても問題ないだろうとのことだった。今日から、身長体重に見合った量まで薬を増やすことになり、11月に再び血液検査、診察を行うことになった。

コドモは、今のところ、日常生活には支障がなく、今までと同じ生活を続けている。
今週末は、やっと予約が取れたインフルエンザの予防接種だ。
posted by ワタクシ at 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2011年11月03日

みなとみらいへ冒険

コドモは、午前中は部活、午後は同じ部活の友達と2人でみなとみらいへ行くことになっていた。

中学生になり、すぐにパスモを作り、学校の行事で現地集合・解散、週末は部活であちこち出かけるようになった。友達と一緒に電車に乗るようになり、夏休みは1人で新幹線に乗り、少し自信がついたのか、以前から友達とみなとみらいに行きたいと言っていた。

みなとみらいは、よく行くので、土地勘があるから大丈夫かな…ということで許可した。考えてみれば、ワタクシは小学2年生から1人で横浜高島屋へ文房具を買いに行っていたので、何とかなるだろう。今は、不審者も多い(1日おきに警察から不審者情報メールが入る爆弾)し、他人に関心がない人が多いので、昔みたいにノンキな世の中ではないが。

ジャージ姿のコドモと友達が帰宅し、それぞれ用意したおにぎりで軽く腹ごしらえ。友達は持参した洋服に着替えた。少し離れたところにあるLoftにも行きたいというので、Lofの入っているモールへ一緒に出かけて、現地で別行動。その後は、家の最寄り駅まで戻り、2人は電車電車に乗って、みなとみらいへ行った。

2011103.jpg

家に戻り、1時間半を過ぎた頃、コドモから「ワーポー(ワールドポーターズ)とランドマーク見たから、みなとみらい出て2人で家に帰る電車」とメールが入った。

みなとみらいは、とても広い。ワーポーまで行ったのに、もう帰るのかexclamation&question往復歩いただけじゃないのかexclamation&question

2人が家に帰ってきたので、話を聞いたら、
1.駅からみなとみらいが遠い
2.ランドマークとワーポーが遠い
3.どの店も大混雑
4.マクドナルドでポテト買うのにスゴイ並んだ

あまりお出かけしないという友達は、ワーポーに、たどり着いたところで「見たいお店がないなら帰らないexclamation&question」と、お疲れモードバッド(下向き矢印)になってしまったので、入り口でUターンしてきたそうだ。

「駅の行き先表示とか探しながら歩いたり、友達と出かけたの初めてだったから緊張してたし、駅から遠いし、疲れちゃって、店見る元気なかったよ。親と出かけると後をついて行くだけだから楽なんだね。」というのが、初めてのお友達とお出かけの感想ひらめき

「超ラッキーぴかぴか(新しい)だったのが、マックのポテトが今ならS,M,L、どれでも150円exclamation×2 もちろんLを食べたよるんるん

コドモの超ラッキーは、えらく安上がりだ…。確か現金は1000円くらいしか持って行かなかったから。お友達とのお出かけは楽しかった様子だし、良い社会勉強になったようだ。
posted by ワタクシ at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2011年11月07日

ものすごい偶然

母の友人は、長野県立科の代々続く大きな農家に嫁いでいる。農協や道の駅に多くの野菜を出荷していて、道の駅で売られているトマトは大人気で、リピーターが多いという。実際、このトマトを母経由で毎年頂くが、プチトマトよりひと回り大きく完熟で、アメーラにも負けない美味しさだ。その他にもカボチャ、アスパラなど、どれも美味しいぴかぴか(新しい)

大きな農家といえば聞こえは良いが、結婚した翌日から御主人の家族との同居と農家の仕事が始まり、苦労も多かったそうだ。春から秋の間は、日の出とともに起きて、毎日畑へ出るので、休みもないそうだ。広大な土地は大きな財産だが、土地を売れば農家は続けられない。天候に左右されるし、販売価格の下落、農協へのマージンなど、利益率は低いという。
日本の食糧自給率を支え、品質が良い美味しい野菜をつくる農家は、大変で尊い仕事だと思うけれど、国や自治体からの扱いは決して良いとはいえない…らしい。

コドモの学校では、2年生になると、「農家体験」をするために数泊の日程で長野県へ行く。コドモは小学校の時に、新潟で農家体験をしたが、最近、このようなことを行う学校が増えている。

夏になる前に、母が、その友人と電話で話していたら「先日、横浜の○○中学校の生徒さんが農家体験で、うちに来て、とっても楽しかったのよ…」と、横浜の中学生が来たことを、嬉しそうに詳しく話してくれたそうだ。

「その学校、私の孫(コドモ)が通っている学校だわexclamation×2」と、母は、ビックリしたそうだ。

母の友達も「来年も農家体験を引き受ければ、あなたのお孫さんに会えるのね…楽しみだわグッド(上向き矢印) 」と、話が盛り上がったそうだ。

秋になった頃、母の友達は、「来年も○○中学校の農家体験を引き受けたい。」と、農家体験の窓口へ申し込みをしたら
「○○中学校は、来年は、農家体験ではなく、登山になったそうです。」と言われたそうだ。

来年度の予定は、まだ学校側が説明する時期ではないので、ワタクシも知らないことだった。
コドモだけ、来年も農家体験させていただけないかしら。

神奈川と長野のオバサマ2人で、とても残念がったそうだバッド(下向き矢印)

しばらくして…ワタクシが、学校の文化祭へ行った時、農家体験をまとめた資料や写真が自由に閲覧できるようになっていた。1学年の人数が多く、グループによって、全く違う家、違う場所へ行っているので、探すのに苦労したが、母の友達の家へ行った資料をいくつか見つけることが出来た。広大な土地でお手伝いをした生徒達は少々疲労感漂っていたが、母の友達は、とてもいい笑顔をしていた。

デジカメで撮影し、母にメールで写真を送ったら、その日のうちに嬉しさと感動もうやだ〜(悲しい顔)を伝える長文メールが入った。

あいにく、母の友達はパソコンを持っていないそうなので、そちらには、印刷したものを郵送することにした。

生徒達が、母の友達の家から遠い畑まで運んだ肥料で育てたアスパラとトマトは、今年の夏、ワタクシ達が食べていたことになる。偶然ってあるのねぇ…。
posted by ワタクシ at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。