2012年03月04日

部活の発表会

親と間もなく卒業する3年生を招待した部活の発表会&懇親会が行われた。
テスト休みの後は体調不良で部活を休んでいて、チームの中にインフルエンザによる長期欠席者がいて、フォーメーションチェンジもあるとかで、土曜日は早朝から特訓に行っていた。

目新しい曲を使った創作ダンス、通常の手具以外も使った内容と盛りだくさんだった。コドモは病み上がりなのに、長期欠席者のかわりにフル出場していたので、最後の方は息があがって苦しそうだった。やっぱり日々の積み重ねなんだね…ゲラゲラ

昼からは、昼食&懇親会が行われたが、卒業生の親でもないしコドモの友達の親も居なかったので、とっとと退散。

すぐに辞めると思っていたが、よく1年続けたなぁと思う。来年度は、どうするんだろexclamation&question
posted by ワタクシ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2012年03月06日

塾の個人面談

以前から通っている学習塾と並行して通い始めた進学塾。
2月上旬に初めて模試を受けて、その結果についての報告、進路指導、来年度の授業選択などについて親への個人面談があった。最近、週末は時間がないので、平日休みの午後に面談のアポを取った。

模試の結果には、模試の点数、それぞれの教科や全体の偏差値や順位、模試の偏差値を基準にした受験可能な高校、県内の高校の偏差値などが記載されていた。勉強もせず初めて受けたわりには、平均的な結果だった。

受験可能な高校については、模試の偏差値のみで選んでいるので、実際は、内申書や学校の定期テストの結果が加算されるため、実際の偏差値は模試の結果より少し上だと考えてほしいとのことだった。

今まで、コドモの偏差値は検討もつかず、塾へ志望校を提出していなかったが、コドモが漠然と行きたい高校を絞ってきているし、模試の偏差値をもとに、現時点での志望校をいくつかお伝えした。

すると室長は「コドモさんは、こちらに通塾している中学生の中で…いえ、中学生では珍しいくらいの集中力です。課題もきちんとこなすし、礼儀正しいし…。僕としては、もっと偏差値の高い学校に行ってほしい…行かれると思っています。」とメガネの奥の目がキラリと光った。

家で集中しているのは漫画とゲームくらいなのに…

塾は偏差値の高い学校へ入学させてナンボのもんだからね。
学校からは、子供に合う高校へ行ってくださいと言われている。
まあ、立場の違いだから仕方がない。

以前、学校の面談へ行った時に、数学担当でもある担任はコドモに「数学、がんばれないか?何とかならないか?」と言われたので、とりあえず数学だけ進学塾で集中的に勉強するようになった結果、今回の定期テストは驚くほど点数が上がり、得意な歴史と肩を並べるまでになった。

進学塾にありがちな偏差値にガツガツしている感はあるが、授業のやり方はコドモに合っているようだし、若い先生と少し雑談したり大学の話なども聞いて、塾自体も楽しいそうだ。

当初、3月末まで様子見するつもりだったが、コドモが続けたいと言うので、4月から教科を増やして通い続けることになった。

塾は必死だが、本人は定期テストが終わり、呆けまくっているがく〜(落胆した顔)
posted by ワタクシ at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2012年03月16日

2つのお別れ会その2

2つ目のお別れ会は、コドモが通う学習塾のもの。コドモは友達に誘われて、小学校1年生が終わる頃から通っているので、かれこれ6年も通っていたことになる。

コドモを誘ってくれた友達は、中学受験のため、その翌年には進学塾へ移ってしまい、小学校高学年で仲良くなった友達は、戦意喪失?で半年前に辞めてしまった。友達が居なくなっても最後まで通い続けたことは関心している。

その学習塾に通うのも、いよいよ最後となり、塾での勉強が終わった後に先生と生徒達で食事会を行うとのこと。時々メールのやりとりをしていた先生から「お母さんも是非exclamation」と誘って頂いたので、お言葉に甘えることにした。

年度末で仕事は山積していたが、キリの良いところで終わらせて、会社帰り、お礼として先生に差し上げるフラワーアレンジを買って、現地へ向かった。

同じ小学校だった子供のお母さんも来られていて、久しぶりに小学校の思い出話をした。

先生にもお子さんがいらっしゃるのに、夜遅くまで子供達の勉強を見てくれて、時には厳しく時には優しく、メリハリをつけて接して下さった。頭が下がる思いだ。コドモにとっても、親以外に頼れる大人が身近にいたというのは良かったと思う。先生が大好きで、メル友の1人らしいし…忙しい大人に、くだらないメールなんか送ってんじゃないっパンチと、ワタクシはよく叱るのだが…

並行して通っている進学塾では、「課題(宿題)をきちんとこなすという基本が出来ている。」と褒められたが、それも学習塾のおかげだと思う。

予想以上に長い期間お世話になり、終わることなく続くようにすら感じていたが、とうとう卒業の時になってしまった。コドモが、通い始めた頃は、ランドセルの方が大きいくらいの小さな女の子だったが、今では、あと7cmでワタクシと同じ背になるほど成長した。
一緒に成長を見守って下さってありがとうございました…
posted by ワタクシ at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2012年03月17日

お弁当

昨日の金曜日で、今学年の弁当持参デーが終わったかわいい

長い人生の中で、お弁当作りをしたのは出産直前の1ヶ月間くらいしかないワタクシが、毎日お弁当を作るなんて、夢物語のような気がしていたくらいなので、よく1年も作り続けたと我ながら感心する。

コドモは、女子高希望だったので、学食が充実している私立に行ってくれダッシュ(走り出すさま)と願っていたが、最近になり、同じ中学校出身が誰もいない可能性が高い私立は行きたくない、共学でもいいから友達と一緒に公立へ行く…と方向転換した。

現時点で志望校としている公立高校に、つい最近まで通っていた若者と話す機会があり、学校の雰囲気や昼食のことを聞いたら、売店がありお弁当を持参しなくても大丈夫るんるんとのことだった。

それは助かるぞっexclamation×2と思ったが、少なくとも、あと2年はお弁当作りをしなくてはいけない…。
posted by ワタクシ at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2012年03月23日

終了式

入学式を済ませたと思ったら、もう終了式。小学校の6年間に比べると、中学校の3年間は、あっという間になりそうだ。

年に2回の通信簿を持ち帰ってきた。
ワタクシが遅い帰宅をしたとき、家族は外出して不在だったので、オットが作ってくれた夕飯を温めなおし1人で食べようとしたら、テーブルの上に置かれた通信簿を見つけた。

大半は予想の範囲だったが、評価が上がっていないことに驚いた教科もあった。期末テストの点数が良かったので、評価が上がることを期待していたが、前回と同じ評価だった。詳細項目の評価を見ると、どうやら「授業中の発言の少なさ、積極性」が、かなり欠けていると判断されていて、そこが足を引っ張っているようだ。

以前、担任の先生にも指摘されたバッド(下向き矢印)

ワタクシは、その場に居合わせなかったが、それをオットに指摘され、評価が上がることを期待していたコドモは悔し涙を流したそうだ。

授業態度の評価のウェイトは意外と大きく、おとなしく聞いているだけではダメなのだ。
コドモは、ハキハキとしている面もあるが、挙手してまで発言する勇気はない。集合写真でも友達と一緒に隅っこに写っているタイプ。

言葉にしなくても色々と考える人もいるし、ワタクシなんて、口ばっかりで頭空っぽだし。ワタクシみたいのばっかり集まったクラスだと崩壊&争いが絶えないね。世の中、押す人、引く人がいて、バランスが取れると思うが、成績の評価基準だけを考えれば、損して可哀相だなぁ、悔しいだろうと思う。

帰ってきたコドモに「ママは、今回の通信簿は先生より高い評価をつけている…授業中の発言だけがんばれexclamation×2」と声をかけたら、「うん、分かってるよ。」と、目を潤ませていた。

春休みは、相変わらず部活と塾で終わる。どこかへ行く予定もなく、ちょっと寂しい…のは親だけかexclamation&question
posted by ワタクシ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 子供・学校
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。