2012年04月21日

塾の模試2回目

コドモは模試のため、朝から塾だった。
前回は、本人が私学を志望していたし、入塾したばかりだったので、3教科のみだったが、今回は、本人が志望校を公立に変更したので、5教科受けた。

志望校は、とりあえず自宅から近い公立高校のみにしているが、先生のアドバイスで志望校の偏差値より高い公立校1校、低い公立校1校、合計3校を記入したそうだ。

基本的には前の学年で習ったことらしいが、案の定、すっかり忘れている内容も出たらしい。受験は3年分の勉強が出るから大変だ…私なんて一昨日の夕飯、何を食べたか忘れてることあるからねがく〜(落胆した顔)

最近、英語のリスニングテストだけは満点続きなので驚いている。リスニングは文法などと違って、勉強してもすぐに結果が出ないことが多く、オットもワタクシも苦労した。コドモは、小さい時に耳が養われたのか、オットが自宅で英語を話すからか、もともと耳が良いのか…理由は分からない。
しかし、文章問題は細々としたミスが多い。普段は出来るのに、テストのようにたくさんの問題が出されると、文法でやや混乱するらしい。身に付いていないということなのだろう。

不得意を得意にすること、点数を上げることは難しい。
posted by ワタクシ at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2012年04月22日

授業参観

今学年初の1日授業参観があったので、担任が教えている教科である「国語」を参観した。

前学年の国語は違う先生だったので、担任の授業を観るのは初めてだったが、学年集会や説明会などでお顔は拝見していたことを思い出した。

授業は、教科書の中のある物語の登場人物像や気持ちの変化についてだった。本を読み解いていくプロセス、国語の先生だけあり読書がお好きなのか博学で、関連する事柄についてのうんちく話も面白く、引き込まれた。

この先生は、子供の間で授業とは関係ない「うんちく話」が長いことで有名で、最長30分だったとかわーい(嬉しい顔) 授業の遅れが甚だしいのは困るが、色々な物事はつながり、世界が広がるので、良いとは思うが。

ワタクシは、先生の自虐的な話にウケて、「それ、知ってる手(パー)」と思わず挙手したくなるほどだったが…今の子供達にはピンと来ない内容だったのが、反応はあまりなかった。

もう一度、中学生くらいから勉強やり直したいなぁ…数学以外。今なら勉強の楽しさが少しは分かるんだけどなぁふらふら

コドモ曰く、普段の授業はもっと騒がしいらしいが、授業参観だったから、いつもより静かだったらしい。そんな中でも、積極的に発言をし、授業に参加してます手(グー)オーラが全開の生徒が数人いた。相変わらず、コドモは黙々とノートをとり、話を聞いているだけだった…。「参加しています」フリだけでもすればいいのにもうやだ〜(悲しい顔)
posted by ワタクシ at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2012年04月25日

明るい子に育てる親の対応10のポイント

1.明るく、冗談が飛び交う家庭
2.子供のユーモアに上手に付き合える親であること
3.本当のことを言ったとき、たとえ悪いことでも頭ごなしに叱らない
4.みんな健康で、それぞれが好きなことを思いっきりできている家庭
5.隣の芝生を気にしない。マイペースの我が家
6.挨拶や感謝、ねぎらいの言葉を自然にかけ合っている家庭
7.夫婦仲がよく、楽しい会話が行き交わっている
8.きょうだい、親子が助け合い、支えあう家庭
9.深刻にならず、家族みんなが真剣に、力を合わせてやるときにやる家庭
10.楽天的。開けっぴろげ、時には大笑い。温かい言葉のかけ合いがある家庭

山田中学生問題研究所代表の山田暁生氏が提案しているそうで、学校からのプリントに書いてあったこと。中学生は難しい年頃だし、コドモの学年でいくつか問題が発生したこともあり、学校が親に渡したかったのだろう。

なるほどねぇ、確かにそうだよねぇ…と思うコトが多い。

うちは…3と5は、コドモが小さい時から意識してそのようにしている。

悪事を白状したとき、怒り心頭して、怒鳴ったり、手をあげたくなるが、心の中で深呼吸をしてから「本当のことを言ってくれたおかげで、ママは恥をかかなくて済んだ。」と言ってから、何故、そうしたのか、これからどうすればいいのか、どうしたいのか…と話し合うようにしている。悪事を隠した時は、張り倒したこともあるパンチ
世間が言う難しい年頃になったが、コドモが自分自身の意志や感情をコントロール出来るようになったので、さすがに怒鳴ったり、手をあげるコトはなくなった。昨年、定期テストの勉強せずに、目が飛び出るほど悪い点数だった時は暴れまくったが…ワタクシがく〜(落胆した顔)

「○○ちゃんは積極的」「○○ちゃんは勉強が出来る」と、コドモの友達を内心羨ましく思うこともあるが、他人の前で積極的になれず人見知りするのはオット似、勉強があまり出来ないのはワタクシ似…親が親なので比較しても仕方ない。それでもワタクシ達は他人様には迷惑かけず、社会の一員としてやってるから、人として大事なところを間違えなければ、何とかなるのだろう。
もちろん、向上心や自分を変えたいという気持ちは大切なので、出来る範囲で努力するようにさせているが、無理強いしても仕方ない。例えば、「授業参観で手をあげて発言しなさい。」とかねたらーっ(汗)

ワタクシは「間違ってるのに手あげるな。」と言われたほどだった。テストの点数のわりに評価が良かったのは、積極的だったからかもしれない。
生徒会や委員長から班長まで推薦されることも多かったし、自ら引き受けた。人に指図し人を動かし思うように事を進める権限がある快感を子供の時から分かっていたのかexclamation&question独裁者の気があるのかexclamation&question通信簿には、「リーダーシップ、積極的、行動的、正義感が強い」とよく書かれていた。でも、理不尽な先生と授業中に対立して、授業中に家に帰っちゃったことも…ゲラゲラ。担任の先生が心配して電話をくれたなぁ。

だから、コドモの消極さには、イライラするし、理解できないが、子供って、夫婦それぞれのウィークポイントを集約するかのように、似て欲しくないところが似るんだよねぇ…。

話は戻り、10のポイントの中で、我が家はビミョーなコトもあるが、まあまあ…まあまあ、しているかも。

皆さんのご家庭はいかがですか?わーい(嬉しい顔)
posted by ワタクシ at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2012年06月09日

農村体験に出発

コドモは、今日から二泊三日で、学校行事の農村体験で長野県へ出発した。

5月中旬から、定期テスト、部活の大会、漢字検定と忙しかったコドモに、ようやく時間が出来た先週末、必要なものを買いに出かけた。この年になると好みがうるさくなり、親が勝手に選んだものは好まれないことが多いので、買い物をする時は本人を連れて行かないといけないのだ。

コドモは好みがうるさいわりに、無頓着なところもあるので、ピチピチになったパジャマ、パツパツのGパン、前のファスナーがしまらないほど小さくなったウインドブレーカー、クタクタになった下着や靴下をいつまでも着ている。

大勢の女の子が集まり、寝食共にすれば、私服や私物を見せ合い、良くも悪くも話題になるので、この機会にひと通り新調し、お風呂や洗面用品などもカワイイのを買い揃えた。1万円札に羽が生えているのが見えたよちっ(怒った顔)

旅行前日の昨日は、午前中授業だったので、午後は在宅していたオットとパッキングをしていた。

お小遣いは3000円までで、宿泊ホテルの土産物屋で自由に買い物できるとのこと。お小遣いをもらったワタクシの実家、部活の先輩や後輩、家にも自分にもお土産を買うと張り切っていたので、1000円多めに持たせた…ホントはいけないんだけど。

携帯は持参禁止だが、やはりコッソリ持ってくる子が多いとのこと。コドモの携帯の使い方は信用しているし、普段、学校の許可を得て、学校に持参させているので、持参したいならどうぞ…と許可をしたが、真面目なので「用があったら公衆電話からかける。」と持参しなかった。

デジカメは本人の責任で持参OKで、コドモが持参したいとのことだったので、少し前まで使っていたデジカメを持たせた。

夜は班ごとに余興を披露する会(酒が出ない宴会みたいなものだよね)があるそうで、コドモの班はダンスを披露するので、最近は休み時間などにダンスの練習をしたようだ…男子は女装するとかわーい(嬉しい顔)

部屋でテレビを見てもいいし、私服だし、お小遣い持参だし、朝食と夕食はバッフェで、お風呂は温泉…いまどきの中学生の旅は恵まれてる。

今朝は5時に起きてお弁当を作り、雨だったので学校まで車で送ることになり、コドモと友達を乗せた車が家を出たのは6時半。確か、先々週も部活の大会があり5時起きでお弁当を作ったような…。学校の行事は、朝が早くて嫌いだよっパンチ

やっと時間を気にせずに過ごせる日が出来たので、たまりにたまっていた自分の用事を足しに昼前から出かけていた。オットは、アメリカから来ている元ボスと都内へ遊びに行ってしまった。

夜はお犬様と2人だけ。静かに夜は更けていく…こんなにノンビリできるのは久しぶりでパラダイスのようだわるんるん
posted by ワタクシ at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2012年06月12日

無事に帰宅

昨日、コドモは、農村体験から無事に戻った。

初日は雨で予定変更になったそうだが、後は予定通りにイベントが行われたそうだ。

農家のお宅では、主に野菜の収穫などを行い、日常の暮らしについて伺いながら、収穫した野菜で料理をして一緒に頂いたそうだ。しかし、収穫&料理した野菜が、コドモが嫌いなフキとアスパラガスで、フキが嫌いな生徒が多く、残してしまったそうだ。

その話を聞いて、農家の方に大変申し訳ない気持ちになった。親として恥ずかしい…。うちだけではなく、都会ではフキなどを料理する親も少なくなり、食べる機会も少ないだろう。嫌いな食べ物を無理強いすることもしないし、収穫した食物にどれだけの苦労がつまっているのか知らない人も多い。

ワタクシ、子供の頃に母の実家へ行った時、嫌いなものオンパレードで、おかずに手をつけず、文句を言ったら、「他所様で好き嫌いをするのは行儀が悪いことだ。我慢して少しは食べなさい。」と、母にとても叱られた。好き嫌いは親(母)の責任でもあると思うのだが…。
中学校を卒業する頃には、好き嫌いはほとんどなくなり、ある程度の年齢になり、この時、母が叱った意味が分かるようにもなった。にも関わらず、自分のコドモは好き嫌いがあるが…。

酪農体験でも、乳搾り、蒔き割り、トラクターに乗せて頂いたり、乳製品の手作り、ソフトクリームを食べたり、子牛や牧場にいる犬にも会えたと喜んでいた。お昼は手作りの乳製品やソーセージ、捕まえたニジマスを塩焼きにして食べたそうだ。

フキとアスパラ、ニジマスにソーセージ、ワタクシが食べたいよ〜わーい(嬉しい顔)

20120612.jpg

宿泊したホテルは、部屋も温泉も狭く、食事も美味しくなかったと…。団体向けだから仕方ない…。

夜はガールズトークが盛り上がり、消灯を過ぎても騒いでいたら、見回りの先生に注意されたとか…。
「自由時間以外はテレビの電源が入らない。」と言われていたが、見ることが出来たとかで、みんなで三毛猫ホームズを見ていたら、先生にバレて消されたとか…。

先生には申し訳ないが、、同室ということで旅行前から仲良しになった友達、小学校からの仲良しの友達もいて、消灯と同時に寝る、私語を慎む等の品行方正さは、コミュニケーションスキルの欠如を疑い、随分とつまらなぬ人間に育てたものだと親としてガッカリしてしまう。それくらい注意されるのは、子供として当然だと思うが。

修学旅行の時、消灯時間を過ぎても大騒ぎして器物破損一歩手前で、京都の旅館の板張り廊下で1時間正座させられたワタクシは、そう思う。

夜は先生に叱られるので、起床時間よりずっと早い5時半に起きて、ガールズトーク再開したそうだ。
主に恋バナ…らしい。ワタクシも参加したかったなぁ黒ハート

寝不足がたたり、家に帰った時は、ろれつが回らないほどだった。
しかし、お風呂に入ったら元気が復活したようで、旅行中に本が読めなかった分、夜遅くまで漫画や歴史の本を読んでいた。

翌日から代休のため連休。5月から、ずっと忙しい日が続いていたので、好きなように過ごすことになっている。
posted by ワタクシ at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。