2013年01月10日

日本脳炎1期2回目接種

部活の休止日だったので、日本脳炎1期2回目の予防接種の予約を入れていた。
次回の接種は、第1期追加で、約1年後に接種予定。また失念してしまいそうだ…。

8日から学校が始まったが、冬休みに体調を崩したと思われるクラスメイトが数人欠席しているそうだ。全校では、インフルエンザによる欠席者が数人いるそうなので、流行り始めているらしい。気をつけないと。
posted by ワタクシ at 18:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2013年01月26日

初入賞

コドモは部活動の大会があり、早朝に出かけた。
昨年の秋、個人競技(1人)の選手に選ばれて、今回は2回目の大会出場である。最近は大会に向けて、朝錬もあり、練習も厳しくなっていたが、休むことなく、がんばっていた。

厳しい練習で手具の傷みも早く、新年早々、出費が多かったもうやだ〜(悲しい顔)

午前中は団体競技、午後一から個人競技とのことだったので、昼頃、会場に到着したら、予定より早く始まったようで、ちょうどコドモが出場する直前だった。
今回は2種目に出場。
ひとつは、昨年から練習しているものなので、まあまあの出来だった。
もうひとつは、夏から練習を始めたばかりなので、まだまだ不安定な感じである。
でも、小さい頃からお稽古で習っている精鋭の選手達に物怖じすることなく、堂々と演技をしていた。

閉会式を待たずに会場を出たが、大会が終わったコドモから電話があり「入賞したよグッド(上向き矢印)」と、大喜びで報告してくれた。閉会式で表彰され、賞状を頂いたそうだ。また、入賞した生徒は学校でも表彰される。
小さい大会だったので、運良く入賞したようだが、今後の大きな励みになることだろう。
晴れの舞台に立てるチャンスを頂いただけで十分なのに、本当に良かった。

大会から帰る途中駅で、コドモは仲の良いクラスメイトと待ち合わせをし、2人で帰宅。一緒にテスト勉強をするとのことだったが、笑い声が聞こえている時間が多かった…あまり勉強になっていないようなもうやだ〜(悲しい顔)夕飯を食べた後、友達はお父さんのお迎え車で帰った。

朝5時半に起きて、お弁当と朝食を作り、午前中は家事、午後一は大会、夕方は用事&ネイルサロン、帰宅してから友達のおもてなしと、慌しかった。それと、早起きすると1日が長いのね…
posted by ワタクシ at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2013年01月27日

コンタクトレンズ

コドモは昨年からメガネを使い始めていて、起きている間はほとんどメガネをかけている。
最近、メガネをかけても見えにくくなったとのこと。また視力が下がった可能性があるので、近々、メガネを作り直すつもりだった。

しかし、コドモは、「至急」コンタクトレンズにしたい…する必要があるとのこと。

理由は…

1.部活動の時もメガネをかけているが、大会の時は、メガネが落ちた時に演技が中断する可能性があり、踏んで怪我をする等の理由で、顧問から外すように指導されている。しかし、メガネをかけないと手元を離れた手具が見えにくいとのこと。

2.メガネをかけない方がカワイイと友達に言われた。

3.バレンタインにチョコを渡す時にメガネをかけたくない。

2と3は思春期にありがちな理由だが、「至急」の理由は3らしい…
「くれるものは何でももらう。」と言うような男子にあげる必要ないのに…と恋愛とは程遠いオバサンは思うのだが。

1に関しては、試合を見て思っていたので、コンタクトを許可することにした。ただし、目に直接入れるものなので、お得意の無頓着ではいけない、最初の頃は装用のルールを守ることを約束させた。

午後、予約を入れていたコンタクトレンズ屋へコドモと一緒に行った。受付を済ませ、提携している眼科で検眼&コンタクトレンズの説明、商品説明を受けた。

コドモは検眼の時に
「上です」「下です」「右です」…と、ご丁寧に「です」をつけるので、大ウケしていたワタクシ。

検眼の結果、右0.5、左0.08。
左の視力が予想以上に悪くなっていたので驚いた。確か、前回は0.3くらいだったような。利き目である左の視力が悪いので、見えにくさを、より強く感じているのだろうと言われた。

そして、ワタクシ同様、眼球のカーブがきついので、使えるレンズが限られてくるとのこと。

初心者且つ子供なので、まずは慣れることを最優先にした方が良いとのことで、お手入れ不要の使い捨て(ワンデー)で眼球のカーブに合うレンズをオススメされた。

コンタクトレンズの知識が全くなかったので、コドモと一緒に話を伺えて、とても参考になった。

その後、コドモだけ眼科に残り、スタッフさんからコンタクトレンズの取り扱いの説明&実践をマンツーマンで教えてもらった。子供自身で取り扱い出来るまでは、処方箋は出せないそうだ。
40分くらいで眼科へ戻ったら、コドモは、付け外しが出来るようになっていて、コンタクトレンズをつけていた。
視力は1.0になり、色々なものがよく見えると喜んでいた。

処方箋を持って、コンタクトレンズ屋に戻り、処方箋に記載されたコンタクトレンズを1か月分、レンズ装用時に潤いを与える液体を購入した。

眼科&コンタクトレンズ、本日かかったのは約8000円。

コンタクトレンズは、少しづつ慣れてくるそうで、最初の数日間は3〜4時間で外してくださいと言われた。装用して4時間くらいで、目が疲れたと外してしまったので、それなりに負担になるのだろう。

それなのに、「明日、学校にコンタクトして行く。時間になったら、メガネにするから大丈夫。」と、言っている。まだ学校へ付けて行くのは早いと思うが、目が疲れてショボショボするまで入れておくことは出来ないだろうし、まあ、いいっか。
posted by ワタクシ at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2013年02月03日

中坊

ワタクシのコドモが、先生に「ハゲ」とか「死ね」としつこく言っていることを知ったら、ワタクシがコドモを平手打ちしちゃうよ…実際、コドモが人として外れたことをした時、平手打ちをしたことがある…何回かがく〜(落胆した顔)

もし、先生がコドモを何度も注意しても聞かず、先生から平手打ちされても、ワタクシは「当然」と思うし、体罰だとは思わない。先生にはコドモの非礼を詫びる。

コドモの担任は、間もなく定年になる男性で、てっぺんハゲである。口の悪い調子に乗った男子生徒数名が、しつこく、何度も「ハゲ、ハゲ」と、からかっていたら、ある日、先生は、それら男子生徒を廊下に並ばせ、烈火のごとく怒ったそうだ。

ワタクシなら一列に並んだ男子にケリ入れてるかもしれない…。

その他にも色々とあり、何度も烈火のごとく先生を怒らせたり、生徒指導室に呼ばれたり、親を交えての面談になっているらしい、男子生徒はふらふら

今のところ、口頭注意だけで、まあまあ問題解決したそうだが。

自分が学生時代、何人もハゲの先生がいた。ストレートにハゲと呼ぶのは憚られたので、「ザビエル」とか「ザビエルちゃん」というニックネームをつけ、先生をそう呼ぶことが多かった。そこに悪意はないことを先生も分かっていたようで、「ザビエルちゃ〜ん」と呼ぶと「止めろよ、名前で呼べよ。」と笑っていた。

話は戻り、先生だって人間だ。感情も人格もある。ハゲや死ねと言われてヘラヘラしてられる方が人として怖いよ。口頭注意だけではどうしようもない、付け上がり、調子に乗った中坊は、どうすればいいんだろうね。

ワタクシが、悪態ついた生徒の親なら、「家庭のしつけが行き届かず申し訳ありません。」と謝罪会見開いちゃうよ。
中学生にもなって、叩かれないと悪い事が分からないような子供を育てたことは、親として恥ずかしい…。
うちの柴犬くんだって「いけない」と言えば分かるのに。

そもそも、これを体罰扱いしたのは、誰なんだろう…
最近、部活動での体罰が問題になっているので、過剰反応というか便乗?

悪いのは、生徒だよねぇ…ニュースを読む限りでは。
posted by ワタクシ at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2013年02月15日

懇談会

今学年最後の授業参観と懇談会が行われた。
ワタクシは、所用で授業参観に行かれなかったので、こちらはオットに行ってもらった。参観した親は、たったの4名だったそうだ。

その後の進路説明会はオットと一緒に参加。偶然だが、本日は公立高校の受験日。生徒達は最後の教科を受験している頃でしょう…とのことだった。そして、来週早々には面談が順次行われるという。ワタクシの時代、公立高校に面接なんぞなかったが、最近はあるんだよ…困ったことに。

最後はクラス単位の懇談会。仕事をしていた時は、ほとんど出席できなかったし、個人的にもお世話になった担任の先生が、一旦、定年という形になるので、最後に、改めてご挨拶がしたかったので、今学年では初めて懇談会に参加した。参加者約10名というこじんまりとしたものだったが、それぞれのお子さんの近況報告などで、一同感動したり、笑ったり、同調したり…先生からのお話も楽しかったし、束の間だが、良い時間だった。

また、他の小学校出身で仲良くさせて頂いているお友達のお母さんと初対面し、個人的にお話が出来たので良かった。

最後に、先生へ個人的にお礼を述べて退散。

このクラスは、クラス内で問題が起きた時、行事の時などは、優等生もそうでない生徒も団結していて、明るいクラスだった。少々賑やか過ぎるところもあったようだが、それでも授業の進行も速やかで、他のクラスに比べると、ペースが早かったそうだ。

今までのコドモは、クラスの2〜3人の生徒とだけ、深く付き合うことが多かったが、このクラスの女子の大半と交流があり、年賀状や友チョコもほぼ全員と交換していた。また、男子ともメルアド交換して、交流しているらしい。色々なタイプの友達と広く付き合えるようになったのが、今年度の進歩かな。

部活も学校もない週末は「あ〜、学校行ってる方が面白いよ〜、家、つまんない。」と言うくらいなので、楽しいクラスだったようだ。

夜、ご近所に住んでいる公立高校を受験したお子さんのお母さんにバッタリお会いしたが、お母さんも気が抜けてグッタリしたご様子だった。お子さんは、入試から戻ると、倒れるように寝てしまい、夕飯も食べずに爆睡しているという。長かった受験勉強、極限まで緊張したであろう入試の1日が終わり、本当に疲れたのだろう。親子ともどもお疲れ様でした。来週の面接もがんばってほしい。

って他人事じゃないんだけど…。

まずは、間もなく始まる定期テストをがんばってもらわないと。
posted by ワタクシ at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。