2013年04月21日

授業参観など

コドモの学校で、日曜参観&懇談会があった。オットが授業参観へ行ったので、ワタクシは懇談会に参加。

学年最初の懇談会は、役員決めになるのが分かっていたので、仕事をしている時は申し訳ないと思いつつ、参加しなかった。先日、役員を引き受けられるか否かについてのアンケートが配られたので、今年度は「誰も引き受けなければ引き受ける。」と記入しておいた。

いざ懇談会へ行ったら、参加者は10名少々。クラス全体のアンケートの結果、大半が役員は引き受けられないという結果。ワタクシと同じ条件を付けた人が、たった4〜5名とのこと。おのずと、その人たちが引き受けなくてはいけない状況に。

懇談会参加者の中に役員に立候補する人がおらず、先生と見つめあう時間が延々と続いた。

最近、同学年のお子さんがいるご近所さんと買い物へ出かけたときに、それぞれの役員の仕事内容等を聞いていて、「その仕事ならやってもいいかなぁ。」というのがあったので、一番に立候補をした。先生は、ちょっとだけ安堵の表情に。

他の役員もぼちぼち決まり、最後のひとつとなった時、ワタクシが立候補していた役員ならやってもいいという人が挙手をし、それ以外の役員はやりたくないと。

先生は、ワタクシの顔色を見ながら困った顔をしていた。

このお母さん、ワタクシが立候補したの聞いてなかったのかしら。50前にしてお耳が遠いのか、KYなのか…。
面倒くさそうなお母さんだったので、立候補した役員をお譲りして、皆さんが嫌がった学年学級委員を引き受けることにした。お世話になった学校へ最初で最後のご奉公だな。

小学校の時もそうだったが、たまに役員引き受けると貧乏クジ引くんだよなぁ…。
posted by ワタクシ at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2013年05月09日

役員会&虎ノ門

第一回目の役員会に参加。すべての役員が顔合わせをし、それぞれの役員のトップを決めるのが目的。
今年度は、学年最初の懇談会で役員が決まらないクラスが多く、その後、先生が個別に電話をして懇願していたにも関わらず、全クラスの役員が決まったのが、昨晩遅くだったという。よって、今朝、役員名簿の作成、印刷。急に役員になった方は都合がつかず欠席が多かった。

中学生になると働いている母親が多くなり、子供の成長に比例するかのように学校や行事との距離もできる。モチベーションも興味も低くなるのかなぁ。

すでに前年度に決まった会長さんから「仕方なく引き受けた方もいらっしゃると思いますが、子供達に負けないようお友達と思い出をたくさん作って、楽しい1年にしましょう。」というような挨拶があった。
会長さんになるような人は人間の出来が違う…そういう観点で物事をとらえているのか…と、仕事と割り切り、学校の役員に感情移入も深入りもせず、副産物も期待せずいるワタクシには目からウロコだった。約2時間で終了。

午後は、友達と待ち合わせをしていた虎ノ門へ出かけた。自宅から1時間くらいで行かれる場所だが、通り過ぎるだけで、あまり行ったことがない。地下鉄の駅から地上に出たら、大きな通りに面していて、高層ビルが立ち並び、大都会だった。場所柄、歩いているサラリーマンの身なりや着こなしが良く、さすがだなぁという感じ。

内視鏡検査の前日で食事制限があったので、今回はお茶だけ。
億劫がらず、たまには都会に出るのもいいもんだね…と、ちょっと都会を楽しめた。
通勤の帰宅ラッシュの直前にメトロに乗り帰宅。すでにコドモが部活から帰っていて犬と一緒に留守番をしてくれていた。
posted by ワタクシ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2013年05月18日

PTA総会&大会

土曜日だというのに…区のPTA総会があり、区内のホールへ出かけた。
初めて参加したが、区内の公立小中学校のPTAの代表者数百名、区役所、教育委員会のお偉いさんなども集まっていたので驚いた。

コドモが小学校へ通っている時にお知り合いになった方に久しぶりに再会できた。別の学校のPTA会長さんをされていた。以前から関心するほど役員活動に熱心だったので会長さんになったのも納得である。ワタクシのような下っ端とは大違いである。

約1時間半で無事に終了。

その間、コドモは部活動で市の大会に出場していたので、オットが応援に行っていた。
今回は先生も気合が入っていて、外部のクラブチームのコーチを何回か招聘し、選手を指導してもらったり、公共の大きな体育館を貸し切って練習したり…。
それでも、テスト前なので塾を優先していたら「大会直前は部活動を優先してください。」という旨を、コドモ経由ですご〜くすご〜く遠まわしに言われた。よって、直前はスケジュールがタイトで、コドモも疲労の色が隠せなかったが、ワタクシもずいぶんと振り回された。
こういうコトに対応できるためにも仕事を辞めたから、いいんだけどね。

本番は、初めてのノーミスだったので、顧問もうれしそうにオットへ報告してくださったらしいが、難度の高い技への加点がなく、入賞には至らなかった。夏の大会の課題は、「難度の高い技」らしいが…
コドモ自身、夏の大会には出ず、早々に引退したい気持ちが強くなっている。周囲が受験を意識しはじめているので、勉強への焦りがあるのかもしれない。
といっても、定期テストの勉強すら、あまりしておらず、ノンキに漫画を読んでいるくらいなので、部活動を引退しても熱心に勉強するとは思えない。まあ、本人が決めればいいので、親は口出ししないが。
posted by ワタクシ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2013年05月23日

塾の面談

午前中は役員会。午後は塾の面談だった。
今回は志望校について具体的なお話だった。
本命の公立は大体決めているが、かけもちする私立については、まだ考えていない。

しかし、部活の先輩は半分近くが公立高校を落ちて、かけもち受験した私学へ進学した。だから、私学も真剣に考えないといけない。

共学か女子高か、エリア、設備、カリキュラム、学費や寄付金などのことを踏まえて選ばなければいけないので、公立より選ぶのが難しそうだ。先生から、いくつかオススメの私学の雰囲気などを教えて頂いた。

6月から学校説明会、見学会などが始まるので、スケジュールをチェックし、手配をしなくてはならない。
ワタクシが中学生の時は、親は行かず、自分だけだったが、最近は「親子」が多いそうなので、一緒に行くつもり。でも、自分が通う学校は自分が決めればいいと思うので、ただ付いて行くだけ。
posted by ワタクシ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校

2013年05月27日

修学旅行

コドモが関西方面からの修学旅行から戻ってきた。小中学校は、農村体験や臨海教室ばかりだったので、修学旅行と名のつくものは初めてである。
修学旅行先は家族で行ったところばかりだが、家族旅行の時には行かれなかった伏見稲荷と本能寺に行かれるのを楽しみにしていた。

出発日は、新幹線の駅に7時集合だったので、ワタクシは4時半に起きてお弁当づくり。そんなに早起きすることがないので、今の時期、4時半でも明るいことを初めて知った。

着替えなどが入ったスーツケースは、前日、ホテルに送ったので、いつもの通学リュックだけの身軽な旅立ちだった。帰りも、ホテルから自宅へ宅配で送ることになっている。

ワタクシの時はすべて学年行動だったが、学年、クラス、少人数グループでの行動がそれぞれあり、日によって異なる。
グループ行動は、行く場所、経路、ランチの場所まで自分たちで決められる。
よって、お小遣いとは別にグループ行動の時に使うお金を持参しなくてはならない。何かあった時のために、多めにお金を持参させた。グループの中で、勘違いして、必要なお金の半分も持参してこなかった生徒がいた。お金が足らないとグループ行動に支障が出るので、コドモが、お金を貸した。その生徒はグループ行動も無事にできて、ちょっとだけお土産も買うことが出来たそうだ。多めに持参させてよかった。
ホントは、お金を多めに持参することも、貸し借りも禁止だが…。

旅行前、学校からは、過去の事例などを挙げながら親や生徒に対しての注意や指導も多かった。
男子は、喧嘩を売られやすいチンピラやヤンキーみたいな服、女子は、盗撮や犯罪のターゲットになりやすい露出の高い服は避ける…というのをお上品に遠まわしに何度もお願いされた。以前、そのような服装で参加した生徒を着換えさせたそうだ。
有名な寺の前にある土産物屋の試食を数名の生徒が全部食べてしまい、店主が学校側へ、来年から来るなと激怒したとか、疲れた生徒達が集団で在来線の席に座っていたら態度が悪いと学校に通報されたとか、ホテルではしゃいでいた生徒が骨折し、親が車で京都まで迎えに行ったとか、夜中に体調不良になった生徒がいて医師を呼び点滴したとか…。
他人のワタクシにすれば、単なる修学旅行の思い出話だが、引率している先生は大変だ…。
コドモから修学旅行中、その前後の先生の仕事ぶりを聞いただけで、過労でぶっ倒れそうになった。先生は体力勝負でもあるんだね。

幸い、コドモは夕方6時半頃、自宅に到着した。夜遅くまで同室の生徒と話していたので寝不足とのことだったが、トラブルもなく元気で帰宅したので良かった。

多めに持参したお小遣いは使い果たしていた。自分の物も買っていたが、お小遣いをくれたジジババ、自宅には八つ橋やお茶など、オットとワタクシには西陣織のお財布とキーホルダーを買ってきてくれた。西陣織のお財布は持ち歩くにはビミョーなので、自宅で小銭入れとして使うことにした。

コドモが不在だった間、ワタクシは、超ヒマ人だったので、城南島公園と埼玉県の三郷へ出かけていた。
posted by ワタクシ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・学校
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。