2002年10月07日

Dropしたい…

授業で、スピーチをした。スピーチ原稿を元に、数行話したところで、静かなんだけど、クラスの空気が変、先生の顔が怪訝である。「そんなに発音悪いかなぁ」と思いながら、何が変なのか分からないまま、スピーチを終えた。

先生が「トピックスを間違えている。」と一言。単語は、一緒でも、私は意味を取り違えて、トンチンカンな内容を話していたのだ。恥ずかしくて居たたまれなくなった。それでも、クラスメートは、内容に関する質問をしてくれ、少し救われた感じだった。先生から、授業の最後に渡された採点用紙には「Off Topic!」と書かれ、点数がつけられていなかった。トピックスを間違えるなんて、論外なんだろう。

帰りの車の中で、悲しくて、悔しくて、涙が出てきた。聞き取りが不得意なばっかりに、最近、勘違いや間違いで採点されないことが多い。何だかなぁ〜。
posted by ワタクシ at 09:00 | Comment(0) | アメリカ

2002年10月09日

今日からスタート

日記形式のサイトを始めようかどうしようかと、最近、悩んでいた。結構、日常の中で書き留めておきたいことが増えてきたからだ。

でも、新しいコンテンツを作るとなると、デザインを考えるのがメンドー、HTML書くのもメンドー、オーサリングツールの使い方を覚えるのもメンドーだった。

が、エンピツは、簡単だし、デザインもシンプル、バナーも入らないので、ちょっくらお借りして始めることにした。どこまで続くのやら…。
今日がスタートだけど、最近、色々あったので、さかのぼって書いておかないと。

いろいろと悩んだ結果、学校へ行った。やっぱり、休むというのは、レアケースなのか、クラスメートに「昨日、どうしたの?」と聞かれる。でも、先生は、連絡を入れずに休んだことも咎めず、いつも通りだった。
コンピュータラボで、授業が早く終わったので、日本人クラスメートに、グチをこぼしたら、結構、スッキリしたかも。

Dropして、ここで逃げたら、ずっと今のままなんだよなぁ。そうやってきたから、今、苦労しているわけだし。やっぱり、人間、どっかでがんばらないとダメなんだろうな。たくさん恥かいて、失敗して、経験積むつもりで、このクラスを続けることにした。たとえ、パスしなくてもね。

でも、来期からは、デイケアを利用しなくても受けられるクラスのあるカレッジへ移ることも考えている。自分も勉強したいが、娘も皆と同じ時間に帰れるようにしてやりたい。
posted by ワタクシ at 09:00 | Comment(0) | アメリカ

2002年10月11日

パンプキン・パッチ

ハロウィン10月末のハロウィンに備えて、9月上旬から関連グッズが販売され、10月になると、あちこちの空き地などで「パンプキン・パッチ」と呼ばれる青空カボチャ販売所のようなものが出来る。日本のカボチャは、深緑だけど、ハロウィンのカボチャは、大きいオレンジ色。昔は、食用だったらしいが、美味しくないと聞いたことがあり、食べたことはない。でも、去年、種を洗って、揚げて、塩をかけたら美味しかった。今では、ジャック・オー・ランタンという提灯を作るためにあり、玄関先や部屋に飾るのに使う。

娘のお友達のLちゃん、そのお母さん、Lちゃんの兄弟、娘と私、総勢5名で、この付近では、かなり充実しているパンプキン・パッチへ行った。農園の一部を利用しているんだけど、ワラのブロックで作った迷路やミニ電車、羊、ブタ、ロバ、ウサギ、何故かインコや孔雀まで居るミニ動物園もある。その隙間の地面に、パンプキンがゴロゴロしていて、遊びながら自分の好きなパンプキンを選び、買うというわけだ。

久しぶりにLちゃんのお母さんと会い、マシンガントークをする。詳細は避けるが、英語がネィティブではない子供故に起こる悩みを聞き、他人事には思えず、悲しくなった。

小学生集団のアメリカ人女の子のグループから、娘たちが自分達をパンプキンを触ったと、私がののしられた。日本だったら、子供が大人を罵倒するなんてことは考えられない。あまりの態度に、謝る気もしなくて、「うっさいガキだなぁ」と思いながら、娘たちをその場から連れ出した。

ヒステリックで、自己主張が強く、自分を正当化するアメリカ人女性を目の当たりにしたり、話も聞いたことあるけど、やっぱり小さい頃からなのねぇ。

話は戻り、埃だらけになったけど、久しぶりに一緒に遊べて楽しかった。
posted by ワタクシ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ

2002年10月15日

世界は広い

授業中、韓国人の女生徒がスピーチをした。スピーチを終えると、クラスメートからの質問タイムになる。

イラン人生徒から「韓国の北、南、どっちから来たんですか?」という質問が出た。

韓国人女性が、驚いた顔をした。私を含む数人のアジア系生徒は、「何を当たり前のことを聞いているの?」と思った様子だった。

「アメリカに居るKoreanは、全員が南(South)から来ています。北(North)からは、ほとんど来ていません。」と、韓国人生徒が答えた。
「何でなの?」と、さらに質問をするイラン人生徒。
さすがに、どう説明していいのか困った様子で「とても難しい問題なのですが…」と言葉を濁らせていた。

「北朝鮮は、アメリカとは国交がないからです。」という当り障りのない説明を先生がした。

たぶん、中近東の人にしてみれば、北朝鮮、韓国、中国の政治のあり方、国交云々までは、よく知らないのだろう。

私も、中近東の国の個々の政治云々については疎いし、地図を広げて「ココ」と指し示せるだけの知識もない。

そういう人が多く集まれば、ビックリしちゃうような質問も、時にはあるわけだ。でも、クラス内だから、何でもアリという感じで、ぶっちゃけた質問が出来るのはいい。

日本人にとって、最近、気になる国は、やはり北朝鮮だろう。本日(アメリカ時間)、拉致されたとされる人達が一時帰国をしたというニュースを読んだ。
色々と思うところはあるが、ご家族や本人が納得できる結論に至ることを願う、とだけ書くことにする。
posted by ワタクシ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ

2002年10月16日

日本が好きな台湾人のアン

水曜日の授業は、コンピュータラボ。コンピュータルームに入ると、よく話すクラスメートのアンが、自席の隣に私の席を取ってくれていた。いつものことである。

彼女は、台湾人で、アンというのは、ニックネーム。本名の台湾名は難しくて覚えてない。

秋のクラスが始まってから、2週間くらい経ったときのこと。「宿題を見てほしい」と、アンに初めて話し掛けられた。私に分かる宿題なんかあるのかと思い、彼女のノートを見た。そこには、ちょっと下手な字の日本語が書かれていて、ビックリした。

アンは、日本のファッションや芸能界が好きで、安室奈美恵の大ファンだという。台湾に居た頃から、安室奈美恵のCDを買って、日本語の歌詞の意味を知るために、独学で日本語を勉強していたそうだ。家族の都合で、渡米してからも、情報集めを欠かさず、最近、安室奈美恵が離婚したことまで知っていた。

アンは、元スピードの今井絵里子に似ている。そのことを言ったら「スピードも好きだから、絵里子に似ているって言われて嬉しい。」と喜んでいた。でも、本人も似ていることを意識しているのか、偶然なのか、今井絵里子と同じ髪形をしている。

「どうして日本語なの?私なら、英語の次は、スペイン語かイタリア語を習いたいなぁ」と私が聞くと「日本が好きだから。理由は、それだけ。」と、アンは答えた。

それが、きっかけで、宿題をチェックし、ちょっとしたニュアンスの違いを教えてあげるようになった。コンピュータラボの授業中は、待ち時間もあるし、私語も交わせるので、日本語の宿題をチェックすることが多い。だから、アンは、私の隣に座りたがるのだ。

宿題の内容は、日常会話の穴埋めをするレターサイズのプリント1枚である。
「○○さん、喫茶店へ行きませんか?」
「すみません、今日は、時間がありません。」
「○○さん、明日は、学校へ行きますか?」
「ええ、行きます。XXさんは、来れますか?」
「はい、私も行きます。じゃあ、さようなら。」
というような会話が延々と1枚に書いてあり、所々、空欄になっているので、平仮名や漢字を使って埋めていくのである。
外国人が日本語を勉強するときに、どんな内容で勉強を進めていくのか知らないので、宿題を見るのは楽しい。時には、「なるほど」と思うことすらある。

台湾や中国も漢字を使う国なので、難しい漢字でも、あまり苦ではないようだ。だから、アメリカなど漢字を使わない国の生徒よりも上達が早いらしい。
例えば、「邪魔」という言葉。画数が多くて、難しいけど、台湾でも、同じ意味で「邪魔」という漢字を用いるそうだ。

でも、文法と話すことは難しいと言っている。日本語は、話せるというレベルではなく、挨拶や単語を言うのがやっとらしい。だから、私たちの会話も英語である。英語で日本語を教えるというのは、何とも不思議な感じである。「ネィティブな日本語が聞きたい。」というリクエストもあり、一通り解答をチェックすると、最後に通し読みをする。

そんな感じで、宿題をチェックしていると、自分の英語が疎かになり、突然、先生に指されて、しどろもどろすることもある。そういう時は、アンが助けてくれるんだけど…。

私も、たまに中国語を教わるが、なんせ、英語だけで目一杯なので、3ヶ国語を話せるようになることはなさそうだ。
posted by ワタクシ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。