2009年04月24日

開国博Y150の前売券

4月28日(火)から、いよいよ横浜開港150周年を記念した開国博Y150が始まる。

色々な媒体で、開国博が紹介されているが、内容によって、エリアや時期が異なるので、未だに全容を掴みきれない。

漫画の20世紀少年で、「万博」に興味を示したコドモは、「博」がつく催し物に行かれるので、かなり盛り上がっている…でも、太陽の塔はないよバッド(下向き矢印)

これだけ大きなイベントが近くで開催されることは滅多にないので、今年のレジャーは開国博に集中させるべく、ベイサイド全期間入場券(大人10,000円、子供3300円)を購入した。普通入場券(一回分)が2,400円なので、4回は行かないとパンチ

普通入場券の前売りは、あちこちで売っているが、全期間入場券の主な販売は、市内の旅行代理店になる。

直近で気になるのは、フィギュアで有名な海洋堂が、開国博の記念商品として、横浜にちなんだカプセルフィギュアを販売するということ。フィギュアは、馬車道のガス灯、黒船、崎陽軒のシウマイ、みなとみらいなど何れも欲しいが、発売日当日に完売になりそうな予感もうやだ〜(悲しい顔)
それだけ人気なんだよねぇ、海洋堂ぴかぴか(新しい)

まずは、連休中に一度、行きたいなぁ。
開国博を記念して、新しいカテを作ったのでNEW 行ったら、ご報告しま〜す手(チョキ)

そういえば、市内の小学校は、一度は遠足足で行くことになっているらしい。
posted by ワタクシ at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 開国博Y150

2009年04月28日

開国博のカプセルフィギュア

「開国博Y150」が、とうとう開幕したぴかぴか(新しい)

開会式で電車が混むことを覚悟したが、空いていたので不思議に思っていたら、開会式は昨晩行われたそうだ。それにしても、電車の中は、「開国博へ行くぞパンチ」という意気込みを感じる人もいなくて、いつもの通勤風景だった。

ワタクシは、今日から発売されるフィギュア制作で一番有名な「海洋堂」が作った開国博のフィギュアカプセルを買うために、昼休みに、赤レンガ倉庫前にある「たねまるの公式記念品ショップ」へ出かけた足

海洋堂は、旭山動物園、鳥羽水族館、美ら海水族館、博覧会、最近話題になったのは、国立博物館で開催された阿修羅展の阿修羅像のフィギュアなども手掛けている。とても精巧に作られていて、かなり人気がある。

うちにもコレクションがあり、開国博のフィギュアが発売されることを知って以来、狙っていた。

会場は、大混雑を予想していたが空いていた。いくら平日でも、初日とは思えない人の数ふらふら 
神奈川以外の人にとっては、愛・地球博のような全国区のイベントではなく、地元民が横浜をお祝いしているローカル色強いイベントというイメージらしい…。もしかして他県からの来場者は、あまり見込めないのexclamation&question

赤レンガ倉庫前では、マスコットキャラクターの「たねまる」が信号待ちわーい(嬉しい顔)これから仕事ですかグッド(上向き矢印) たねまるは、開港資料館にあるタマクスの木の精で、体は船になっている。

20090428-1.jpg

広いショップに入り、フィギュアを探していたら、レジの横にあった。ガチャではなく、ワゴンに入っていて、好きな物を選べるようになっていた。だぶらないように、カプセルの直径数ミリの穴から、中を覗き込んだが、さっぱり見えない。とりあえず、大人買い。

20090428-2.jpg

大桟橋では、消防艇が放水をしていた。珍しいので、とりあえず撮影カメラ

20090428-3.jpg

家に帰り、大人買いしたカプセルを開けたら、カプセル全7種類のうち、6種類揃った手(チョキ) でも、揃わなかったのは、一番欲しい崎陽軒のシウマイとひょうちゃんのフィギュアだったので、次回、またチャレンジ。

海洋堂の開国博のフィギュアのサイト

快晴で空も綺麗だったし、気温もちょうど良かったので、良い気分転換&散歩になった。
posted by ワタクシ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 開国博Y150

2009年05月03日

Y150はじまりの森

オットは、青春時代に戻ったかのように、同級生と朝まで銀座で遊び、コドモが、起きた時(ワタクシは寝てた)に、帰宅したとのこと。昼頃まで寝ていたので、ついでにワタクシもグータラしていたが、午後、開国博へ出かけた。

道はガラガラだったが、赤レンガ倉庫付近は、歩道いっぱいに人が歩いていて、やはり、いつもの連休以上に混雑していた。ダメ元で、赤レンガ倉庫の駐車場へ行ったら、珍しく「空」だったので、ラッキーるんるんと車を停めた。驚いたことに、あれだけの人が歩いているのに、駐車場はガラガラだった。皆さん、公共機関を利用しているのかなぁ。

まずは、赤レンガ会場にある「たねまる公式記念ショップ」へ行った。前回、買えなかった海洋堂のカプセルフィギュアを、オタクチームのオットとコドモが吟味して3つ購入。嬉しいことに、2つも崎陽軒&ひょうちゃんのカプセルだったぴかぴか(新しい) これでコンプ(リート)したひらめき
周囲の子供も大人も、同様に「シウマイのカプセル」を探していて、一番人気だった。

コドモは、たねまるのぬいぐるみ、大人は全期間入場券を入れる、たねまるのパスケース、Y150のベアブリックを購入。ベアブリックは若い女性に人気なので、狂喜乱舞している人もいた。

その後は、赤レンガ倉庫の前にある「はじまりの森」へ。ここは有料なので、チケット売り場に行列が出来ていた。混雑が予想される週末に行く場合は、事前にチケットを購入してから来た方がいいかも。

「はじまりの森」には、たびたびメディアで紹介されている巨大スペクタクルアート劇団「ラ・マシン」の巨大クモのロボットが置いてあり、1日5回(各回約20〜30分)、動くのを見ることが出来る。

全体
20090503-1.jpg
顔が怖い
20090503-2.jpg
後ろはフォークリフトっぽい
20090503-3.jpg

あと1時間ほどで、最後の回(午後7時)が見られるので、中にある黒船レストランで夕飯レストランを食べた。洋食と中華があり、ファーストフードっぽいわりに、温かいものは温かく美味しかった。

20090503-4.jpg

店の奥ではなく、外に近い席に座っていたら、ラ・マシンを見るには、ナイススポットだということを知り、食後もコーヒーで粘り続けた。その結果、座ったまま、目の前で、見物することが出来た。
近くで見ると、とても複雑な動きをしていることが分かり驚いた。でも、一番感動していたのはオットであるわーい(嬉しい顔)

横浜ものがたり、ENEOSエネルギー館を見学し、本日の見学は終わり。
夜8時くらいに駐車場から車を出した時には、入庫は行列だった。夜はデート黒ハートの人が多いからexclamation&question
posted by ワタクシ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 開国博Y150

2009年05月04日

Y150 大さん橋会場

大さん橋の入り口には、大きな「たねまる」と段ボール船の作品がお出迎え。記念撮影カメラポイントになっていた。

20090504-5.jpg

ロイヤルウィングでランチクルーズをした後、大さん橋会場で行われている「横浜FUNEプロジェクト」を見学。

20090504-4.jpg

横浜港の歴史を彩る実在の船をモチーフに150艇を段ボールで制作したものが展示されていた。制作したのは、市内の学校、団体、企業等。
それぞれ個性や工夫があり、また、知っている船名を見かけると嬉しかったりもする。

それらを使った会場内でのスタンプラリー(無料)は、単純だけれど、会場の隅々まで探し回る足ので、楽しくもあり、なかなか疲れる。子供も大人も結構必死ダッシュ(走り出すさま)になっていた。次回は、コドモを連れて来よう。
posted by ワタクシ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 開国博Y150

2009年06月26日

海のエジプト展の内覧会

明日から、パシフィコ横浜で一般公開されるY150イベントのひとつ「海のエジプト展」の内覧会へコドモと一緒に行った。家庭内社会科見学ということで、学校は休ませたたらーっ(汗)

20090626-1.jpg

平日のせいか、圧倒的にご年配の方が多かったが、なかなか盛況で、予想以上に会場内は混雑していた。

巨大シアター、大きな展示物は難なく見ることが出来たが、細々とした展示物は人が途切れず、なかなか見られなかった。

海好きなコドモは、海中発掘の再現塩ラマや記録影像に興味を持っていた。親子で興味を持ったのは、展示会場のセンターサークルにあった「古代エジプトの香り」の匂いが嗅げるコーナー。苦手な香りもあったが、「クレオパトラをイメージした香り」は、いかにもクレオパトラで、コドモは「高貴な匂いだねぴかぴか(新しい)」とのこと。

展示ルートの最後の方にあった「エジプトなりきりフォトスタジオ」で写真撮影をし、向かいにある海洋堂による海のエジプト展の公式カプセルフィギュアのガチャを何回か行った。その間、海洋堂フィギュアを知らない人に色々聞かれたり、ダブリの交換をお願いされたり、忙しかったダッシュ(走り出すさま) 海洋堂フィギュアのカプセルは、展示会場の後半とミュージアムショップを出たところの2ヶ所にある。

20090626-2.jpg

ミュージアムショップを見て、最後はトゥーランドットYクレオパトラというファーストフード風のレストランでオリジナルエジプト料理を食べた。レンズ豆やモロヘイヤのスープ、羊や牛肉の料理もあったが、トマト炒麺を頂いた。

細々とした展示物を見られなかったので、もう一度来ることにしよう。

パシフィコ横浜を出た後は、ぷかり桟橋船へ向かった。
posted by ワタクシ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 開国博Y150
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。